TAG 注意点

投資・マネーコラム

アパート売却の注意点は?初めてでも失敗しない売却の手順・相場の調べ方も

部屋がいくつもある一棟アパートを売却する際は、通常の不動産を売却するときと注意する点が異なります。そこで今回のコラムでは、アパートを売却する際の注意点を紹介していきます。失敗しないための売却の手順と相場の調べ方も合わせて解説していくので、アパート売却を検討している方はご参考ください。

マンション投資

不動産を賃貸中にオーナーチェンジで売却する手順は?注意点も

賃貸物件を所有する際に考えておきたい出口戦略のひとつに、オーナーチェンジによる売却があります。しかしオーナーチェンジという言葉は主に賃貸物件の売買でしか使われないため、初めて聞いた人も多いでしょう。そこで今回のコラムでは、賃貸中の不動産をオーナーチェンジで売却する際の手順について紹介します。またその注意点も解説します。

株式投資コラム

信託型SO(ストックオプション)とは?メリットや税制における注意点を解説

信託型SO(ストックオプション)は、ストックオプションを発行する会社側、付与される役員や従業員側の双方にとってメリットのあるインセンティブ報酬の一種として活用されています。この記事では、信託型SO(ストックオプション)とはどのような仕組みなのか、その概要、メリット、税制における注意点について解説します。

投資・マネーコラム

COMMOSUS(コモサス)の評判・口コミは?メリット・デメリットや注意点も

COMMOSUS(コモサス)は、旧CAMPFIRE Ownersから名称変更した融資型クラウドファンディングサービスです。2022年8月にCAMPFIREグループからマネジメントバイアウト(MBO)し、事業用地ファンドや外貨両替事業など、様々な大規模ファンドを組成しています。本記事では、COMMOSUS(コモサス)の評判や口コミまた利用する際のメリット・デメリットと特徴について解説していきます。投資を検討されている方はご参考ください。

ESG投資コラム

これからの不動産経営で注目したい省エネ・創エネ・蓄エネのメリットは?導入の注意点も

今後の不動産経営では、省エネ・創エネ・蓄エネに着目して、保有する不動産を選択していくことも大切な視点になってきます。エネルギー効率に焦点を当てた不動産経営は、社会貢献や環境配慮につながるだけでなく、資産価値の保全や収入拡大の手段としても有効な手段の一つです。今回の記事では、省エネ・創エネ・蓄エネのメリットや注意点について紹介します。エネルギー産出や使用の観点からのESGやSDGsへの貢献方法を模索している人は、ぜひ参考にしてください。

マンション投資

再開発エリアでの不動産投資のポイントや注意点は?注目エリアの解説も

不動産投資において立地選びは重要な投資判断基準の一つです。再開発が期待されるエリアおよびその周辺における投資は、将来の賃貸需要の増加や地価の向上が期待できるため、立地選びにおける有効な選択肢となります。この記事では再開発エリアに着目した不動産投資のポイントや注意点をまとめました。後半では東京や大阪で今後注目の再開発エリアについても紹介しているので、自身の投資先を検討するうえでの参考にしてください。

投資・マネーコラム

30代から始めるアパート経営、気をつけるべきポイントは?今後の不動産動向も

30代になると20代に比べて収入や貯蓄が増え、一定のキャリアが積み上がってきたという方も多いのではないでしょうか。30代は金融機関からの融資も得やすく、アパート経営を始めるのに適した年代とも言えます。そこで今回のコラムでは、今後の不動産の動向も踏まえ、30代でアパート経営を始めるメリットや気をつけたいポイントについて解説していきます。

投資・マネーコラム

Funds(ファンズ)で優待・特典を受ける方法は?5つの事例や投資の注意点も

「Funds(ファンズ)」は、上場企業や有名企業など融資先を絞った投資型クラウドファンディングサービスです。1円単位の少額から投資をすることができ、2023年4月までに350億円以上の融資実績がありますが過去に損失を出したこともなく、債券投資に代わるサービスとして個人投資家の間で期待されています。そこで本記事ではFundsのこれまでの実績から優待や特典を受ける方法と、投資する際の注意点についてお伝えします。

マンション投資

50代向け不動産投資セミナーのおすすめは?選び方や注意点も

資金力とともに信用力のある50代の方の中には、老後資金確保を第一の目的に不動産投資を始める方も多いようです。しかし融資期間が短くなりやすいため、堅実な運営を目指したいものです。そこで今回は、50代の方が不動産投資セミナーを選ぶためのポイントや注意点を解説していきます。また厳選した3つのセミナーの特徴や評判も紹介します。

ESG投資コラム

太陽光発電のCO2排出削減量はどれくらい?投資のメリット・デメリットや注意点も

電気料金の高騰を受けて、太陽光発電投資に注目されている方もいるのではないでしょうか。オーナーとして利益を得つつ、地球環境に貢献することもできます。そこで今回のコラムでは、太陽光発電を用いた場合のCO2排出削減量について解説していきます。また太陽光発電投資について、メリット・デメリット、注意点についても紹介していきます。

マンション投資

地方不動産への投資で注目したい「コンパクトシティ」とは?関連する政府の支援施策も

「コンパクトシティ」とは、日本の国土交通省が推進している政策で、人口減少の社会において、地方の利便性を高めるべく都市機能を整備するための政策です。特に地方の不動産への投資を検討する場合には、その地域のコンパクトシティの推進や評価状況をみておく必要があります。今回はコンパクトシティの概要と不動産投資への影響、そして関連する政府の支援施策についてみていきましょう。

アパート経営

不動産投資で外国人入居者の受け入れのメリット・注意点は?不動産会社の対応事例も

日本で暮らす外国人は増加傾向にあり、そのうちのほぼ半数の世帯が賃貸住宅に住んでいます。しかし生活様式の異なる外国人を受け入れることは、オーナーにとって不安も多いでしょう。そこで今回のコラムでは、外国人の入居者を受け入れるメリットと注意点を解説していきます。また管理業務などを担う不動産会社の対応事例も紹介していきます。

マンション投資

トーシンパートナーズ「ZOOMマンション」の評判・口コミは?投資のメリット・デメリットや注意点も

トーシンパートナーズは、マンションブランド「ZOOM」を手掛ける不動産投資会社です。9年連続でグッドデザイン賞を受賞するなど、各方面から高評価を獲得しています。今回のコラムでは、このトーシンパートナーズの「ZOOM」シリーズについて評判・口コミを紹介し、メリットやデメリット、注意点についても解説していきます。

アパート経営

アパート経営を遠隔地で行う時の注意点は?物件の選び方や注意点も

アパート経営において、投資する物件の近くに住んでいた方が良いと考える人は少なくありません。しかし、実際には遠隔地の物件でアパート経営を行うことは可能です。遠隔地での投資が実現すれば、自分が住む地域以外の物件を選択肢に加えることができるので、より柔軟に投資戦略を組めるようになります。不動産での分散投資を実現するうえでも、遠隔地での物件を選択肢に加えるのが有効です。今回は、遠隔地で行うアパート経営のポイントや物件の選び方を紹介します。

アパート経営

一棟買いしたアパートに自分で住む方法は?ローンの組み方や売却の注意点も

一棟買いしたアパートに自分も住む方法は存在します。うまく資金管理ができれば、投資をしながら自分の住居費の圧縮にもなるなどのメリットがある一方で、ローンの組み方や売却時に注意すべき点があります。また、床面積で見て居住部分が50%を超えるかどうかで論点が変わってくるので、自分も住むアパートを検討する際にはこの点にも着目して物件を探しましょう。今回は一棟買いしたアパートに自分も住む場合の物件の選択肢やメリット・注意点などを紹介します。投資アパートに自分も住もうと考えている方は是非参考にしてください。

ソーシャルレンディングコラム

どれがおすすめ?不動産投資型クラウドファンディング7社の利回りや最低投資額を比較

不動産投資型クラウドファンディングは、新しい不動産投資の形として投資家にも認知され、上場企業などの大手企業も参入しています。少額から不動産投資可能であることや、投資家保護の仕組み、情報の透明性の高さなどから、多くの投資家の支持を得ている投資方法です。そこで本記事では、数ある不動産投資型クラウドファンディングの中から7社をピックアップして、各社の違いを比較してご紹介します。