TAG 東京23区

マンション投資

文京区で不動産投資をするメリット・デメリットは?特徴や利回り、注意点も

東京23区のほぼ中央に位置する文京区は、東京大学に象徴されるように文教地区としても知られています。学生のほか、良好な教育環境を求めるファミリー層の入居も期待できるため、不動産投資の候補になりやすいエリアです。今回のコラムでは、こうした特徴を踏まえ、文京区で不動産投資をするメリットとデメリットについて解説していきます。

マンション投資

A-MAX(エイマックス)の不動産投資の評判は?入居率・実績や注意点も

A-MAX(エイマックス)は、東京23区から厳選した中古収益物件の販売、管理まで行う不動産投資会社です。エイマックスでの投資を検討している方の中には、実際に投資している方の評判、過去の実績が気になる方も多いのではないでしょうか。本記事では、エイマックスの中古ワンルームマンションの評判や実績、投資前に確認しておきたい注意点について詳しく解説します。エイマックスでマンション購入を検討している方、中古ワンルームマンション投資について興味のある方はご参考ください。

マンション投資

不動産投資を長期運用するために身につけるべき知識は?投資家が解説

これから不動産投資によるインカムゲン(キャッシュフロー)の獲得を目論んでいる方で気になるのは、長期運用するために身につけるべき知識ではないでしょうか。当コラムでは不動産投資で長期投資を検討している方に向けて、不動産長期投資におけるメリットやデメリット、押さえておきたい運用前の基礎知識などを紹介していきます。

マンション投資

東京23区の中古マンション投資のメリット・デメリットは?初心者向け3つのポイント

2022年1月時点、日本において少子高齢化が社会問題となっています。全国には将来的な人口減少が懸念されていますが、東京23区は他府県からの転入超過によって人口上昇傾向にあり、賃貸需要の増加が見込まれているエリアです。そこで今回のコラムでは、東京23区で中古マンションを用いた不動産投資を行う場合のメリットとデメリットを解説していきます。また投資初心者の方が注意しておきたいポイントを紹介します。

投資・マネーコラム

葛飾区のマンション売却・査定はいくらになる?間取り、築年数から売却相場を検証

下町情緒のある東京都葛飾区は、外国人観光客からの人気も高い、東京23区の北東部に位置する特別区です。総面積は34.80㎢で、「東京都の人口(推計)」によると2022年12月1日時点の人口は453,098人となっています。東京23区内の人口は2022年11月1日から12月1日までの1カ月間で2,411人の減少となりましたが、葛飾区の人口は58人増えており、東京23区内で7番目の増加数となっています。このような特徴を持つ葛飾区では、どのような中古マンションの傾向があるのでしょうか。今回のコラムでは「三井のリハウス」が公開している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

江戸川区のマンション売却・査定はいくらになる?間取り、築年数から売却相場を検証

東京都江戸川区は、東京23区の東端に位置する特別区です。総面積は東京23区で4番目に広い49.09㎢で、「東京都の人口(推計)」によると2022年12月1日時点の人口は東京23区では5番目に多い689,718人となっています。葛西臨海公園や古川親水公園などがあり、公園総面積が東京23区内で最も広いこともでも知られる江戸川区では、どのような中古マンションの傾向があるのでしょうか。今回のコラムでは「三井のリハウス」が公開している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

足立区のマンション売却・査定はいくらになる?間取り、築年数から売却相場を検証

東京都足立区は、東京23区の北東部に位置する特別区です。総面積は53.25㎢で、東京23区のうちで3番目の広さを誇っています。「東京都の人口(推計)」によると2022年12月1日時点の人口は693,620人で東京23区では4番目に多い反面、面積が広いこともあり1㎢あたりの人口密度は13,026人と18番目の高さになっています。今回のコラムでは「三井のリハウス」が公開している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

練馬区のマンション売却・査定はいくらになる?間取り、築年数から売却相場を検証

東京都練馬区は、東京23区で最も西側に位置する特別区です。都心部へのアクセスが良好ながら、石神井公園をはじめ東京23区内で最も多い687の公園があるなどバランスの良い住環境が整っています。「東京都の人口(推計)」によると2022年11月1日時点の人口は751,171人となっており、東京23区では世田谷区に次いで2番目に多くなっています。また世帯数も東京23区では3番目に位置する379,355世帯となっています。大きな繁華街がないこともあり、治安の良さにも評価が集まる練馬区では、どのような中古マンションに関する売却・査定の傾向があるのでしょうか。今回のコラムでは三井のリハウスが公開している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

板橋区のマンション売却・査定はいくらになる?間取り、築年数から売却相場を検証

東京都板橋区は、東京23区の北西部に位置する特別区です。区内には大小300の公園があり、都心への交通アクセスが良いことから、「東京都の人口(推計)」によると2022年11月1日時点の人口は582,606人となっており、東京23区では7番目の多さになっています。高島平などファミリー向けの住宅エリアが広がっていることでも注目される板橋区では、どのような中古マンションに関する売却・査定の傾向があるのでしょうか。今回のコラムでは三井のリハウスが公開している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

荒川区のマンション売却・査定はいくらになる?間取り、築年数から売却相場を検証

東京都荒川区は、東京23区の北東部に位置する特別区です。総面積は東京23区で2番目に狭い10.16㎡ですが、隅田川周辺に建てられた工場により、1930年代には東京都内で最も人口が多い町として栄えています。その工業跡地を活用したことで南千住地区などでは再開発が進み、現在では大規模マンションなども数多く建てられています。「東京都の人口(推計)」によると2022年11月1日時点の人口は217,934人で東京23区では3番目に少ないですが、人口密度は21,450人と4番目の高さになっています。下町の風情を残しつつ、都市機能を備えている荒川区では、どのような中古マンションに関する売却・査定の傾向があるのでしょうか。今回のコラムでは三井のリハウスが公開している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

豊島区のマンション売却・査定はいくらになる?間取り、築年数から売却相場を検証

東京都豊島区は、東京23区の西北部に位置する特別区です。面積は13.01㎢で、23区中18番目の広さとなっています。高いビルや繁華街、住宅街など多彩な表情を持っているのが特徴で、「東京都の人口(推計)」によると2022年11月1日時点の人口は303,272人、人口密度は23,311人で、日本で一番密度が高いエリアです。このような特徴を持つ豊島区では、どのような中古マンションに関する売却・査定の傾向があるのか、今回のコラムでは「三井のリハウス」が公開している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

北区のマンション売却・査定はいくらになる?間取り、築年数から売却相場を検証

東京都の北部に位置する北区は、桜の名所である「飛鳥山公園」や荒川の水辺空間など緑豊かな自然が点在する特別区です。「東京都の人口(推計)」によると2022年11月1日時点の人口は355,638人となっており、東京23区では10番目の多さになっています。田端駅や赤羽駅、王子駅などの拠点も多く、区内ほぼ全域が最寄り駅から徒歩10分以内となっているなど交通アクセスの良さも特徴です。交通アクセスの良さが注目され、地価の上昇傾向も見られます。このような特徴を持つ北区では、どのような中古マンションの傾向があるのでしょうか。今回のコラムでは「三井のリハウス」が公開している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

杉並区のマンション売却・査定はいくらになる?間取り、築年数から売却相場を検証

東京23区の西端に位置する杉並区は、阿佐ヶ谷や高円寺など賑わいのある商店街が複数あり、下町風情も漂っている特別区です。「東京都の人口(推計)」によると2022年10月1日時点の人口は、東京23区では6番目に多い588,102人となっています。神田川など3つの川が流れており、自然豊かな住宅地が広がる杉並区ではどのような中古マンションの傾向があるのか、今回のコラムでは三井のリハウスが公開している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

中野区のマンション売却・査定はいくらになる?間取り、築年数から売却相場を検証

東京都中野区は、新宿区や渋谷区に隣接していながらも住宅街や商店街などが多く、さまざまな世代の方が住んでいます。「東京都の人口(推計)」によると2022年10月1日時点の人口は344,050人となっており東京23区では13番目の多さ、人口密度は22,069人と東京23区内では2番目の高さになっています。賃貸物件の家賃が安いことでも知られる中野区ではどのような中古マンションの傾向があるのか、今回のコラムでは三井のリハウスが公開している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

渋谷区のマンション売却・査定はいくらになる?間取り、築年数から売却相場を検証

東京都渋谷区は、渋谷をはじめ、原宿や代官山、恵比寿、広尾など情報発信地にもなっている街を多く抱える特別区です。「東京都の人口(推計)」によると2022年10月1日時点の人口は242,538人となっており東京23区では4番目の少なさ、総面積は15.11㎢で9番目の狭さとなっています。再開発により利便性がさらに良くなった渋谷区ではどのような中古マンションの傾向があるのか、今回のコラムでは三井のリハウスが公開している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

世田谷区のマンション売却・査定はいくらになる?間取り、築年数から売却相場を検証

東京都世田谷区は、私鉄の数が多いなど交通アクセスがよく、人気の住宅街が数多くある特別区です。「東京都の人口(推計)」によると2022年10月1日時点の人口は938,288人となっており、東京23区では最も多くなっています。公園や文化施設、史跡なども多く、落ち着いた印象のある世田谷区ではどのような中古マンションの傾向があるのか、今回のコラムでは三井のリハウスが公開している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

大田区のマンション売却・査定はいくらになる?間取り、築年数から売却相場を検証

東京都大田区は、東京23区のうち最も南部にあるエリアで、総面積は東京23区のうち最も広い61.86k㎡となっています。売却相場という観点で見た時、大田区内ではどのような中古マンションの傾向があるのか、今回のコラムでは「三井のリハウス」が公開している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

目黒区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

東京都目黒区は、中目黒や自由が丘、学芸大学など、各種の住みたいまちランキングで上位に入るエリアを数多く抱える特別区です。地域ブランドも高く住みやすいエリアが多い目黒区内ではどのような中古マンションの傾向があるのか、今回のコラムでは「三井のリハウス」が発表している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

マンション投資

品川区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

東京都品川区は、区内を発祥とする企業も多くビジネスの拠点として栄えた印象がありますが、「東京都の人口(推計)」によると2022年9月1日時点の人口は東京23区内で10番目に多い419,290人となっており、世帯数は9番目に多い237,284世帯を抱えています。このような特徴のある品川区の中古マンション事情について、「三井のリハウス」が提供しているデータをもとに、間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などを検証して紹介していきます。