TAG 店頭証券

投資信託コラム

SMBC日興証券、投資信託取引の評判は?人気商品やメリット・デメリットも

プロが代わりに運用してくれる投資信託は、資産運用の初心者でも始めやすい金融商品です。中でも国内5大証券のひとつに挙げられるSMBC日興証券の投資信託は、取扱商品が豊富で、投資目的にあったファンドを選びやすいほか、店舗でも直接相談できるなど対面サービスが充実しているのも大きな強みです。

この記事では、SMBC日興証券の特徴やSMBC日興証券で投資信託を取引するメリット・デメリット、評判、始め方を詳しく解説します。投資信託の購入を検討している方、投資信託を購入する証券会社をどこにするかで迷っている方は、参考にしてみてください。

株式投資コラム

SMBC日興証券、IPO取引の評判は?始め方とメリット・注意点も

新規上場する企業の株式を売買するIPO取引は、公募価格よりも初値が上がりやすいため、利益を狙いやすい投資手法として投資家の人気を集めています。多くの証券会社がIPO取引に対応しており、SMBC日興証券もその1つです。そこで今回はSMBC日興証券のIPO取引の評判やメリット・注意点について紹介します。

株式投資コラム

SMBC日興証券、信用取引の評判は?手数料や始め方、メリット・デメリット

信用取引は市場が活気づく局面での「買い」や、値下がり局面の「売り」など、多角的な投資が可能になるほか、レバレッジをかけることができるので、個人投資家が悩む資金不足をカバーできるのが特徴です。

中でもSMBC日興証券の信用取引は取扱銘柄が豊富で、業界最安級の手数料で取引可能なほか、
店頭証券ならではの手厚いサポートも受けられるため、注目している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、SMBC日興証券の信用取引について詳しく解説していきます。SMBC日興証券の評判や手数料、メリット・デメリットについて興味がある方は、参考にしてみてください。

株式投資コラム

ネット証券と店頭証券、メリット・デメリットは?人気のネット証券会社も

証券会社には、インターネットのみで取引する「ネット証券」と、店頭で直接売買ができる「店頭証券」があります。証券会社はたくさんあるので、どこで口座開設すればいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。この記事では、それぞれのメリット・デメリットと、目的に応じてどちらの証券会社を選べばいいのかについて解説します。

株式投資コラム

野村證券の手数料は安い?他大手証券・ネット証券と比較

野村證券は、現物取引や信用取引、投資信託、FXなど様々な金融商品を取り扱っている国内大手の証券会社です。ネット証券とは異なり、資産運用に関する充実した対面サービスを受けられるほか、店頭証券であっても手数料を安く済ませたい方のために、オンライン専用支店も用意されています。

この記事では、野村證券の取引手数料を他の大手証券やネット証券と比較しながら解説していきます。野村證券の株式取引の手数料について詳しく知りたい方は、参考にしてみてください。

株式投資コラム

野村證券のIPO投資の評判は?案件数、主幹事実績などを他社比較

野村證券は国内IPOシェアが発行額ベースで首位となっており、「IPO投資に強い証券会社」として知られています。そこで、この記事では野村證券のIPOについて、他社と案件数などを比較し、その特徴を詳しくご紹介します。また、野村證券でIPO投資をするメリット・デメリット、評判やIPO投資を始める手順なども解説します。

株式投資コラム

初心者が株式投資を始める前に知っておいたほうが良いことは?

株式投資に対し、難しそうというイメージを持つ方も多いでしょう。一方、老後資金に不安がある等から株式投資に興味を持ち、投資を始められる方も増えています。しかし、株式投資にはリスクがつきもの。実際に投資を行う前に、まず株式の基礎から学ぶ必要があります。初心者が株式を始める前に知っていた方がよいことをいくつか挙げてみました。

株式投資コラム

野村證券、株取引の評判は?メリット・デメリットと他社比較

野村證券では、個人の方でも店頭やインターネットで株取引ができます。大手ならではのサポート体制などのメリットも多いのですが、インターネット専業の証券会社と比べると手数料が高いなどのデメリットもあります。そこで、この記事では野村證券の株取引における評判、メリット・デメリット、株取引を始める手順について詳しく解説します。

株式投資コラム

店頭証券大手5社を徹底比較!手数料、取扱商品、ポイント、ツール等

投資や資産運用では、投資方針やスタイルに合った証券会社を選ぶのも重要なポイントです。店舗型証券会社は、手数料こそ高めなものの、取扱商品は豊富で充実した対面サービスを受けられるのが大きな特徴です。そこでこの記事では、店頭証券大手5社と呼ばれる証券会社の手数料、取扱商品、ポイント、ツール等を紹介しながら比較していきます。

株式投資コラム

米国株の買い方は?購入場所と注意点、日本株との違いも解説

米国株への投資に関心を持っている一方で、どの証券会社で取引をするのが良いのか、あるいは購入のための手続きなどをよく理解しておらず不安に感じている方もいるでしょう。今回は、米国株の購入方法について、大きく3つのパターンに分けて解説します。合わせて口座開設時の注意点や証券会社選びのポイントについてもまとめています。