TAG 先物取引

投資信託コラム

岡三オンライン証券、2021年11月のキャンペーン情報まとめ

岡三オンライン証券は、豊富な取扱金融商品や「岡三ネットトレーダー」などの便利な取引ツールが特徴のネット証券です。2021年11月は、取引手数料がキャッシュバックされるキャンペーンも多く実施されているので、投資初心者から経験者まで幅広く優遇される特典内容となっています。

そこでこの記事では、岡三オンライン証券の最新のキャンペーン情報について詳しくご紹介します。岡三オンライン証券のキャンペーンやサービスに関心のある方、岡三オンライン証券での新規口座開設を検討されている方は参考にしてみてください。

投資信託コラム

ネット証券12社を徹底比較!手数料・取扱商品・ポイント・ツール等

自分に合ったネット証券を選ぼうとしても、比較すべきポイントが多すぎてよくわからなくなることもあるでしょう。そこで今回は、ネット証券12社の取引手数料、取扱商品、ポイントサービス、取引ツールについて徹底的に比較しました。ネット証券選びの参考にしてみてください。

投資信託コラム

岡三オンライン証券、2021年8月のキャンペーン情報まとめ

岡三オンライン証券は、岡三証券グループのオンライン取引に特化した証券会社です。取扱商品の豊富さや取引ツールの優秀さなどで知られているほか、個人投資家を応援するキャンペーンも積極的に実施しており、特に新規口座開設に興味のある方向けのキャンペーンが充実しています。

この記事では、岡三オンライン証券で2021年8月中に開催中のキャンペーンを詳しくご紹介します。岡三オンライン証券のキャンペーンに興味がある方、岡三オンライン証券での新規口座開設に関心をお持ちの方は参考にしてみてください。

株式投資コラム

米国株価指数先物に投資するメリット・デメリットは?取扱証券会社も

バブル崩壊以降の日本株式市場が低迷する一方で、米国株式市場は拡大し続けています。株価成長を予想するうえで重要な経済成長力をみても、日本は超高齢化が進んでいることもあり高経済成長は期待できませんが、米国はまだ成長余力があるため株価成長も期待できるといえます。

2021年7月21日時点での世界の株式時価総額は約115兆ドル(約1京2600兆円)です。このうち米国株式市場が49.5兆ドル(5,460兆円)で世界最大。これは日本株式市場の約6.67兆ドル(735兆円)の約7.4倍という大きさです。米国市場の時価総額は世界の約43%を占め、米国株式市場の動向は世界各国の株式市場に影響を与えるため常に注目されています。

1990年1月上旬の米国S&P500指数は約350pt、TOPIXは2,870ptでしたが、2021年7月21日時点ではS&P500指数が約4,360pt、TOPIXは約1,900ptとなっています。S&P500指数は12.45倍に上昇しましたが、TOPIXは以前の水準を回復していません。

米国株式に投資するには、現物株や投資信託、ETFなど様々な方法があります。今回は、米国株式指数先物にフォーカスをあて、メリット、デメリットや取引方法などについて解説します。

仮想通貨

暗号資産デリバティブ取引所FTXが9億ドルの資金調達、業界最高額を更新

暗号資産デリバティブ取引所のFTXが、シリーズBラウンドで9億ドルの資金調達を実施したことを7月20日に発表した。FTXによる今回の資金調達は業界最高額を更新したという。以前の最高額から約2倍の調達額であるとされ、1年前には12億ドルであったFTXの評価額は今回の調達により180億ドルとなった。

株式投資コラム

米国対象の先物商品のおすすめは?種類ごとのメリット・デメリットも

米国など海外の株式指数やコモディティなどの先物には、日本国内からも投資することができます。先物は少ない資金で大きな運用が可能なため、投機色が強い金融商品ですが、ある程度の株式をお持ちの方は資産防衛の手段として先物を使うことができます。

今回は米国を投資対象とする先物商品について解説します。

株式投資コラム

GMOクリック証券、先物取引の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

先物取引はハイリスク・ハイリターンな投資方法ですが、使い方次第で初心者でもリスク回避やポートフォリオの収益力強化などに役立てることができます。中でもGMOクリック証券の先物取引は、銘柄選びがしやすく、業界最安水準の手数料で取引を行えるのが強みです。

この記事では、GMOクリック証券の先物取引の特徴、メリット・デメリット、評判、始め方について詳しくご紹介します。これから先物取引を始める人、証券会社選びで悩んでいる方は、参考にしてください。

株式投資コラム

SBIネオトレード証券、先物取引の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

SBIネオトレード証券は2021年1月にライブスター証券から商号変更となった証券会社です。旧ライブスター証券は手数料の安さなどが特徴のネット証券ですが、SBIネオトレード証券になってからも、現物株式や信用取引だけでなく先物取引も業界最安値の手数料水準となっています。

そこでこの記事では、SBIネオトレード証券の先物取引を検討している方のために、特徴やメリット・デメリット、評判、取引口座の開設方法について詳しく解説するので、ご参考ください。

株式投資コラム

auカブコム証券、先物取引の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

auカブコム証券は様々な金融商品を取り扱っており、中でも先物取引はレバレッジ効果を期待できるほか、現物株よりも取引時間が長く、取引に便利な高機能ツールを利用できます。そこで、この記事ではauカブコム証券の先物取引について、主要ネット証券と比較しながらメリット・デメリットや評判、取引の始め方などをご紹介します。

株式投資コラム

岡三オンライン証券、先物取引の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

岡三オンライン証券が取り扱う先物銘柄は日経225やTOPIXなどの国内株価指数です。取引ツールは豊富で使いやすく、より高レバレッジのアクティブ先物取引にも対応しているので、1日に何回も取引をする短期売買にも向いています。この記事では岡三オンライン証券の先物取引の特徴、メリット・デメリット、評判について詳しく解説します。

株式投資コラム

マネックス証券、先物取引の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

マネックス証券の先物取引は、投資対象が株価指数でわかりやすいほか、注文方法が豊富で高機能な取引ツールも提供されているので、初心者から上級者まで使いやすくなっています。そこでこの本記事では、マネックス証券の先物取引について、その特徴や評判、始め方について詳しく解説します。

株式投資コラム

楽天証券、先物取引の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

楽天証券は先物取引で楽天ポイントが貯まる上、楽天銀行と連携させるとスムーズな資金のやりとりが可能になるのが特徴です。そこでこの記事では、楽天証券の先物取引の特徴、メリット・デメリット、評判、始める方法について詳しくご紹介します。

株式投資コラム

SBI証券、先物取引の評判は?メリット・デメリットも主要ネット証券と比較

手数料最安水準のSBI証券では先物取引も取り扱っています。「売り」から入ることで相場の下落局面でも利益を狙えるほか、銘柄選びもしやすく、夜間取引も可能なので日中忙しい方でもリアルタイムに取引できるのが特徴です。この記事では、SBI証券の先物取引の特徴、メリット・デメリット、評判、始め方について詳しく解説していきます。

株式投資コラム

先物投資のよくある失敗は?具体的な取引事例3つの原因と対策

少ない資金で大きな取引ができる先物取引に魅力を感じている人も多いのではないでしょうか。しかし、先物取引では大きな損失をだして失敗する可能性もあります。この記事では先物ディーラーの経験を持つ筆者が、先物取引で失敗してしまう原因と、対処法について解説します。

株式投資コラム

先物取引、レバレッジは何倍まで可能?リスクの取り方や計算方法も

先物取引の特徴の一つが「レバレッジ取引」です。レバレッジ取引を利用すれば、少額の資金でも大きな利益を狙えます。しかし、思惑通りにマーケットが動かなかった場合は、大きな損失を被る恐れがあるので注意が必要です。この記事では、先物のレバレッジ取引の方法とリスク管理の仕方について解説します。