TAG 先物取引

DeFi

分散型取引所(DEX)がバイナンスを越える日は来るのか?

CEXにはハッキング被害や突然取り決められる出金停止など、ユーザーが直接的に被害を受けるケースが多発している。最近のFTXの破綻による出金停止やユーザー資産の流用は、CEXだからこそ起きた問題と言える。これにより、正しい資産の保管方法や本来あるべき取引所の仕組みを議論する機会が増え、分散型取引所(DEX)が注目を集め始めた。本稿では、DEXがバイナンスを超えるかもしれない3つの理由を世界最大のDEX「dYdX」を例に挙げて解説する。

投資信託コラム

1000万円の投資先・運用方法は?金融商品ごとの特徴や始め方も

超低金利やインフレの現状を考えると、1,000万円の預金があっても「老後は安心」と言い切れない時代です。1,000万円のまとまった資金があれば投資の選択肢も豊富ですが、「何から始めればいいのか」「どのような金融商品があるのか」など疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、1,000万円を投資するのに適したサービスと始め方、投資する際の注意点について詳しく解説します。まとまった資金の運用を検討中の方はご参考ください。

株式投資コラム

ハイリスク・ハイリターン投資の種類と始め方、主なサービスは?

ハイリスク・ハイリターンの投資は、大きな利益を狙える反面、損失が拡大するリスクも高くなるため、投資中級者以上向けの運用方法となっています。ただし、初心者の方であっても、余剰資金で行うなど運用方法次第でリスクを抑えた投資も可能になるので、事前にその特徴をしっかりと押さえることが大切です。

この記事では、具体的なハイリスク・ハイリターン投資の種類、始め方、注意したいポイントを詳しく解説します。投資初心者の方やハイリスク・ハイリターン投資のメリット・デメリットをよく知りたい方は、参考にしてみてください。

暗号資産・ブロックチェーン

仮想通貨はなぜ価格の変動が大きいのか【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

仮想通貨取引においてリスクを最低限まで抑え、効率よく利益を上げるためには、まず仮想通貨の性質をしっかりと理解し、価格変動が発生する仕組みを知ることが重要です。この記事では、仮想通貨の概要や仕組みを説明しながら、仮想通貨はなぜ価格の変動が大きいのかについて解説していきます。

投資信託コラム

人気のレバレッジ・インバースETFは?手数料や成績を比較【2022年7月】

市場のトレンドに乗れば大きな収益を狙えるレバレッジ型と、価格下落局面に収益を狙えるインバース型ETF。双方ともピンポイントにうまく活用すると、効率よく収益を得ることができます。

レバレッジ、インバース型ETFについて、なんとなくハイリスク・ハイリターンなイメージを持ちつつも、詳しい概要を知らない人も多いのではないでしょうか。収益を狙えると言われても、運用スタイルが把握できないと思い切って投資するのも難しいでしょう。

当記事では、レバレッジ・インバース型ETFの基本的な概要から、上手な活用方法まで、網羅的に紹介しています。これからレバレッジ・インバース型のファンドにも投資してみたいと考える人はご確認ください。

投資信託コラム

コモディティ投資のやり方は?証券会社や商品の選び方、メリット・注意点

コモディティ投資は、個人だと投資しにくい商品を取引できるほか、株式や投資信託などの値下がり相場におけるリスク分散を行えます。金・原油等の実物資産を投資対象としていることからインフレにも強く、利便性の高い投資商品となっていますが、リスクや商品の選び方などがよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

この記事では、コモディティ投資の特徴や始め方、注意点について詳しく説明するので、関心のある方は参考にしてみてください。

株式投資コラム

先物取引の始め方は?証券会社・銘柄選びと口座開設の手順、注意点

先物取引は元手が少額でも大きな取引を行えるほか、空売りも可能なので相場下落時でも利益を生み出すことが可能なデリバティブ取引です。資金効率を高めたい方や、短期間で大きな利益を狙いたい方に適した金融商品となっている一方、元本以上の損失を招くリスクもあるため、具体的な始め方やリスクを知った上で、銘柄選びや証券会社選びを行うことが大切です。

この記事では、先物取引の特徴や始める手順、銘柄・証券会社の選び方と注意点について詳しく解説するので、参考にしてみてください。

投資信託コラム

金投資の始め方や手順は?初心者向けにメリット・デメリットや注意点も解説

株式や債券、不動産など、私たちの周りには投資できる資産や商品がたくさんありますが、実物資産である「金」も、投資対象の一つです。そこで今回は、金投資の始め方やメリット・デメリットなどについて解説します。金投資を始めたい方は参考にしてください。

投資信託コラム

岡三オンライン、2021年11月のキャンペーン情報まとめ

岡三オンラインは、豊富な取扱金融商品や「岡三ネットトレーダー」などの便利な取引ツールが特徴のネット証券です。2021年11月は、取引手数料がキャッシュバックされるキャンペーンも多く実施されているので、投資初心者から経験者まで幅広く優遇される特典内容となっています。

そこでこの記事では、岡三オンラインの最新のキャンペーン情報について詳しくご紹介します。岡三オンラインのキャンペーンやサービスに関心のある方、岡三オンラインでの新規口座開設を検討されている方は参考にしてみてください。

投資信託コラム

ネット証券12社を徹底比較!手数料・取扱商品・ポイント・ツール等

自分に合ったネット証券を選ぼうとしても、比較すべきポイントが多すぎてよくわからなくなることもあるでしょう。そこで今回は、ネット証券12社の取引手数料、取扱商品、ポイントサービス、取引ツールについて徹底的に比較しました。ネット証券選びの参考にしてみてください。

投資信託コラム

岡三オンライン、2021年8月のキャンペーン情報まとめ

岡三オンラインは、岡三証券株式会社が運営するネット証券です。取扱商品の豊富さや取引ツールの優秀さなどで知られているほか、個人投資家を応援するキャンペーンも積極的に実施しており、特に新規口座開設に興味のある方向けのキャンペーンが充実しています。

この記事では、岡三オンラインで2021年8月中に開催中のキャンペーンを詳しくご紹介します。岡三オンラインのキャンペーンに興味がある方、岡三オンラインでの新規口座開設に関心をお持ちの方は参考にしてみてください。

株式投資コラム

米国株価指数先物に投資するメリット・デメリットは?取扱証券会社も

バブル崩壊以降の日本株式市場が低迷する一方で、米国株式市場は拡大し続けています。株価成長を予想するうえで重要な経済成長力をみても、日本は超高齢化が進んでいることもあり高経済成長は期待できませんが、米国はまだ成長余力があるため株価成長も期待できるといえます。

2021年7月21日時点での世界の株式時価総額は約115兆ドル(約1京2600兆円)です。このうち米国株式市場が49.5兆ドル(5,460兆円)で世界最大。これは日本株式市場の約6.67兆ドル(735兆円)の約7.4倍という大きさです。米国市場の時価総額は世界の約43%を占め、米国株式市場の動向は世界各国の株式市場に影響を与えるため常に注目されています。

1990年1月上旬の米国S&P500指数は約350pt、TOPIXは2,870ptでしたが、2021年7月21日時点ではS&P500指数が約4,360pt、TOPIXは約1,900ptとなっています。S&P500指数は12.45倍に上昇しましたが、TOPIXは以前の水準を回復していません。

米国株式に投資するには、現物株や投資信託、ETFなど様々な方法があります。今回は、米国株式指数先物にフォーカスをあて、メリット、デメリットや取引方法などについて解説します。

仮想通貨

暗号資産デリバティブ取引所FTXが9億ドルの資金調達、業界最高額を更新

暗号資産デリバティブ取引所のFTXが、シリーズBラウンドで9億ドルの資金調達を実施したことを7月20日に発表した。FTXによる今回の資金調達は業界最高額を更新したという。以前の最高額から約2倍の調達額であるとされ、1年前には12億ドルであったFTXの評価額は今回の調達により180億ドルとなった。

株式投資コラム

米国対象の先物商品のおすすめは?種類ごとのメリット・デメリットも

米国など海外の株式指数やコモディティなどの先物には、日本国内からも投資することができます。先物は少ない資金で大きな運用が可能なため、投機色が強い金融商品ですが、ある程度の株式をお持ちの方は資産防衛の手段として先物を使うことができます。

今回は米国を投資対象とする先物商品について解説します。

株式投資コラム

GMOクリック証券、先物取引の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

先物取引はハイリスク・ハイリターンな投資方法ですが、使い方次第で初心者でもリスク回避やポートフォリオの収益力強化などに役立てることができます。中でもGMOクリック証券の先物取引は、銘柄選びがしやすく、業界最安水準の手数料で取引を行えるのが強みです。

この記事では、GMOクリック証券の先物取引の特徴、メリット・デメリット、評判、始め方について詳しくご紹介します。これから先物取引を始める人、証券会社選びで悩んでいる方は、参考にしてください。

株式投資コラム

SBIネオトレード証券、先物取引の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

SBIネオトレード証券は2021年1月にライブスター証券から商号変更となった証券会社です。旧ライブスター証券は手数料の安さなどが特徴のネット証券ですが、SBIネオトレード証券になってからも、現物株式や信用取引だけでなく先物取引も業界最安値の手数料水準となっています。

そこでこの記事では、SBIネオトレード証券の先物取引を検討している方のために、特徴やメリット・デメリット、評判、取引口座の開設方法について詳しく解説するので、ご参考ください。