TAG 先物取引

株式投資コラム

岡三オンライン証券、先物取引の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

岡三オンライン証券が取り扱う先物銘柄は日経225やTOPIXなどの国内株価指数です。取引ツールは豊富で使いやすく、より高レバレッジのアクティブ先物取引にも対応しているので、1日に何回も取引をする短期売買にも向いています。この記事では岡三オンライン証券の先物取引の特徴、メリット・デメリット、評判について詳しく解説します。

株式投資コラム

マネックス証券、先物取引の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

マネックス証券の先物取引は、投資対象が株価指数でわかりやすいほか、注文方法が豊富で高機能な取引ツールも提供されているので、初心者から上級者まで使いやすくなっています。そこでこの本記事では、マネックス証券の先物取引について、その特徴や評判、始め方について詳しく解説します。

株式投資コラム

楽天証券、先物取引の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

楽天証券は先物取引で楽天ポイントが貯まる上、楽天銀行と連携させるとスムーズな資金のやりとりが可能になるのが特徴です。そこでこの記事では、楽天証券の先物取引の特徴、メリット・デメリット、評判、始める方法について詳しくご紹介します。

株式投資コラム

SBI証券、先物取引の評判は?メリット・デメリットも主要ネット証券と比較

手数料最安水準のSBI証券では先物取引も取り扱っています。「売り」から入ることで相場の下落局面でも利益を狙えるほか、銘柄選びもしやすく、夜間取引も可能なので日中忙しい方でもリアルタイムに取引できるのが特徴です。この記事では、SBI証券の先物取引の特徴、メリット・デメリット、評判、始め方について詳しく解説していきます。

投資信託コラム

ネット証券12社を徹底比較!手数料・取扱商品・ポイント・ツール等

自分に合ったネット証券を選ぼうとしても、比較すべきポイントが多すぎてよくわからなくなることもあるでしょう。そこで今回は、ネット証券12社の取引手数料、取扱商品、ポイントサービス、取引ツールについて徹底的に比較しました。ネット証券選びの参考にしてみてください。

株式投資コラム

先物投資のよくある失敗は?具体的な取引事例3つの原因と対策

少ない資金で大きな取引ができる先物取引に魅力を感じている人も多いのではないでしょうか。しかし、先物取引では大きな損失をだして失敗する可能性もあります。この記事では先物ディーラーの経験を持つ筆者が、先物取引で失敗してしまう原因と、対処法について解説します。

株式投資コラム

先物取引、レバレッジは何倍まで可能?リスクの取り方や計算方法も

先物取引の特徴の一つが「レバレッジ取引」です。レバレッジ取引を利用すれば、少額の資金でも大きな利益を狙えます。しかし、思惑通りにマーケットが動かなかった場合は、大きな損失を被る恐れがあるので注意が必要です。この記事では、先物のレバレッジ取引の方法とリスク管理の仕方について解説します。

株式投資コラム

株式の先物取引とは?信用取引との違いやメリット・デメリットも

先物取引に対して、何となく危険というマイナスイメージだけが先行している方もいるでしょう。キャピタルゲイン狙いでも先物取引は行われますが、導入当時は現物の値下がりリスク回避が主な目的だったため、適切な知識を持って効果的に活用できればメリットは大きい手法です。今回は、先物取引の特徴やメリット・デメリットについて解説します。

投資信託コラム

レバレッジ型・インバース型投資信託のメリット・デメリットは?販売額の多い銘柄も

レバレッジ型・インバース型投資信託は、通常の投資信託に比べて値動き幅が大きく、短期間の運用向きといった点が特徴です。独自のメリットやデメリットもいくつかあるため、投資の際には事前に理解しておくことが必要です。そこで今回は、レバレッジ型・インバース型投資信託の特徴やメリット・デメリットを解説します。

株式投資コラム

先物取引におすすめの証券会社は?手数料・機能などから比較解説

先物取引といえば、金や原油、大豆などの商品先物取引を想像する人もいるでしょう。それらと同じように、株の世界でも価格の決まっていない未来の株を取引する先物取引があります。この記事では、日経225先物を中心とした指数先物取引の特徴と先物取引に向いた証券会社について解説します。

投資信託コラム

金(ゴールド)に投資する方法は?それぞれのメリット・デメリットも

金価格が2020年8月に史上最高値を更新し、その後も堅調に推移しています。コロナ禍や不安定な世界情勢による先行き不安の高まりを背景に、不況金への資金流入が進んでいるためです。コロナ禍に収束がみられない中、先行き不安から金投資を検討されている方に向けて、今回は金に投資する方法や、メリット・デメリットについて解説します。

株式投資コラム

株価指数先物取引のメリット・デメリットは?投資のプロが解説

個人投資家が取引できる先物取引には、主に株価指数先物取引と商品先物取引があります。株価指数先物取引は、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などの指数を取引し、商品先物取引はガソリンや金、とうもろこしなどの商品を取引するものです。この記事では株価指数先物取引の種類とメリット・デメリットについて解説します。

レバレッジ取引の手数料が安いおすすめ仮想通貨取引所・販売所4選

仮想通貨の証拠金取引では、レバレッジをかけるための担保となる証拠金以外や取引手数料以外に、建玉を保有し続けるためのポジション手数料「スワップ費用(レバレッジ手数料)」が必要になります。ここでは、HEDGE GUIDE編集部がおすすめする証拠金取引の手数料が安いおすすめの仮想通貨取引所をご紹介していきます。

株式投資コラム

デリバティブ取引のメリット・デメリットは?種類や始め方も解説

「デリバティブ取引」という言葉はあまり馴染みがないかもしれませんが、マーケットに与える影響は年々大きくなっています。現物株しか取引しない投資家でも、デリバティブ取引である日経225先物の値動きをチェックしている人は多いのではないでしょうか。この記事では、デリバティブ取引の仕組みやメリット・デメリットについて解説します。

取引所

TDアメリトレードが支援するErisX、米初となる仮想通貨イーサリアムの先物を上場

シカゴを拠点とする仮想通貨取引所ErisXは、米国の規制下では初めてとなるイーサリアム先物の取引を5月11日にスタートした。1か月および四半期毎に期日を迎えるErisXのイーサリアム先物は、決済日に現物の引き渡しが行われる。

仮想通貨コラム

ビットコイン投資のメリット・デメリットは?運用方法や株式・FXとの比較も

ブロックチェーンと言われる技術により、取引の透明性が高く記録の改ざんもしにくいという特徴を持ち合わせているビットコインですが、ボラティリティ(値動き幅)の大きさから「ビットコイン投資は危険だ」と敬遠されてしまいがちです。今回は、ビットコイン投資のメリット・デメリットについて、FXなどと比較しながら解説します。