TAG 先物取引

仮想通貨コラム

ビットコイン投資のメリット・デメリットは?運用方法や株式・FXとの比較も

ブロックチェーンと言われる技術により、取引の透明性が高く記録の改ざんもしにくいという特徴を持ち合わせているビットコインですが、ボラティリティ(値動き幅)の大きさから「ビットコイン投資は危険だ」と敬遠されてしまいがちです。今回は、ビットコイン投資のメリット・デメリットについて、FXなどと比較しながら解説します。

仮想通貨コラム

bitFlyerのアプリは使いやすい?他の仮想通貨取引所のアプリと徹底比較!

仮想通貨の販売所と取引所の両サービスを提供しているbitFlyerは、「bitFlyerウォレット」というスマホアプリも提供しています。bitFlyerウォレットは、仮想通貨の保管だけにとどまらず、仮想通貨の送金や受取、購入、取引にまで利用できるほか、実店舗でのビットコイン決済にも対応しています。

仮想通貨コラム

ビットコインが急落した時の対応策とは?その原因の探り方を仮想通貨取引所の元トレーダーが徹底解説

筆者は仮想通貨取引所でトレーダーを行なっていました。最近でも個人投資家として仮想通貨は毎日欠かさずチェックしており日々のニュースを追うだけでも大変なマーケットです。今日は、先日ビットコインが大幅に急落した理由について解説したいと思います。

ブロックチェーン

暗号資産(仮想通貨)のイベントスケジュール:11月21日更新【フィスコ・ビットコインニュース】

11月下旬~12月にかけての仮想通貨関連イベントをまとめている。12月7日には仮想通貨イーサリアム(ETH)が注目の大型技術アップデート「イスタンブール」をメインネットに実装する予定。12月9日には、米インターコンチネンタル取引所の子会社であるバックトが、ビットコインの先物取引を基としたオプション取引提供を始める。

仮想通貨

仮想通貨取引所ErisXがデリバティブ清算機関に認定、2019年下半期には先物取引を提供へ

シカゴを拠点とする仮想通貨取引ErisXは7月1日、米商品先物取引委員会(CFTC:Commodity Futures Trading Commission)より商品取引法に基づくデリバティブ清算機関(DCO:Derivatives Clearing Organizations)に認定された。DCOに認定された取引所は、国境をまたぐ債権取引を代理で行うことができる。

ブロックチェーン

CFTC委員長が語る、ブロックチェーンが社会に与える影響と規制当局に求められる姿勢

米商品取引委員会(CFTC)の委員長クリストファー・ジャンカルロ氏は、政府の要人やブロックチェーン企業が集まる「DCブロックチェーンサミット」にて、ブロックチェーンが社会に与える影響と課題、イノベーションに対する規制当局のあるべき姿勢について講演を行った。講演の詳細は3月6日、CFTCオフィシャルサイトで公開されている。

仮想通貨

bitFlyerがレバレッジ倍率を15倍から4倍に変更、4月22日に変更ルールの適用へ

株式会社bitFlyer(以下、bitFlyer)は2月26日、同社が運営する仮想通貨取引所bitFlyer LightningおよびLightning Futuresのレバレッジ倍率を15倍から4倍に変更すると公表した。レバレッジ取引を新規に注文するユーザーは、2019年4月22日から4倍を超える発注ができなくなる。2019年6月下旬には、全建玉を4倍に統一する予定だ。

仮想通貨コラム

【5分で分かる!】bitbankの口座開設、取引の始め方から投資までのかんたんガイド

仮想通貨投資をいざ始めようとしても「どの取引所を選べば良いのかわからない」「具体的な始め方がよくわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、この記事では、HEDGE GUIDE編集部がおすすめする仮想通貨取引所「bitbank」の登録から取引開始まで、一連の流れをご紹介します。

レバレッジ取引の手数料が安いおすすめ仮想通貨取引所・販売所5選

仮想通貨の証拠金取引では、レバレッジをかけるための担保となる証拠金以外や取引手数料以外に、建玉を保有し続けるためのポジション手数料「スワップ費用(レバレッジ手数料)」が必要になります。ここでは、HEDGE GUIDE編集部がおすすめする証拠金取引の手数料が安いおすすめの仮想通貨取引所をご紹介していきます。