TAG 元本割れ

投資・マネーコラム

クラウドクレジットの貸し倒れや返済遅延は?投資リスクの対策も解説

クラウドクレジットは社会的な課題を解決し利益を得る社会的インパクト投資と、比較的高い利回りが特徴的なソーシャルレンディングサービスです。そこで今回は、クラウドクレジットの貸し倒れや返済遅延などの注意点と投資リスクについて解説します。クラウドクレジットでの投資を検討されている方はご参考下さい。

投資・マネーコラム

TECROWD(テクラウド)の長期案件のリスクは?メリット・デメリットも

TECROWDは、国内外の不動産物件に投資できる不動産投資型クラウドファンディングサービスで、運用期間が2年を超えるような長期案件も取り扱っています。今回は、TECROWDの長期案件のリスクについて紹介します。あわせて、メリットやデメリットも紹介するので、参考にしてください。

投資信託コラム

投資信託とクラウドファンディング投資はどちらがおすすめ?メリット・デメリットを比較

投資信託とクラウドファンディング投資は、運用を委託できるという点で似た性質を持っています。双方がどのように違うのか、よくわからない方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、投資信託とクラウドファンディング投資のメリット・デメリットを比較したいと思います。投資を始めたいと考えている方は参考にしてください。

投資信託コラム

30代の投資デビューに適した投資と主なサービスは?メリット、リスク比較も

最近は貯蓄だけで老後資金を準備することが難しく、投資による資産形成も必要です。特に30代は社会人になってから資金面などでゆとりの出てくる年齢でもあるので、金融商品の種類をしっかり把握した上で投資デビューを果たすと、将来必要なお金を効率良く作ることができます。

この記事では30代で投資を始める理由、メリット、リスク、投資デビューに向いた金融商品を詳しくご紹介します。投資を始めてみたい方、老後の備えを今から作りたい方は、参考にしてみてください。

投資・マネーコラム

FUELオンラインファンドの評判・口コミは?メリット・デメリットの比較

クラウドファンディング投資の新しいサービスが続々リリースされる中、少額から不動産関連の上場企業に投資できる「FUELオンラインファンド」が注目されています。この記事では、FUELオンラインファンドのメリット・デメリット、評判・口コミ、注意点について詳しく解説していきます。

投資・マネーコラム

大家.com、買取保証付き案件の仕組みは?注意点やリスクも

不動産投資型クラウドファンディングの「大家.com」が提供するファンドのなかには「買取保証」がついたものがあります。買取保証付きの案件はいったいどのような内容になっているのか気になる方も少なくないのではないでしょうか?今回は大家.comの買取保証付き案件の仕組みとともに、メリットやデメリットについても紹介します。

投資信託コラム

ETFに積立投資する方法は?メリット・デメリットや具体的なサービスも

投資信託の1つであるETFも積立投資ができるのをご存じでしょうか。投資信託と異なるのは、積み立てる方法が限られるということです。今回は、ETFに積立投資をする方法やサービスについて紹介します。また、ETFを積立投資するメリット・デメリットについても解説しますので、参考にしてください。

マンション投資

不動産投資で起こりやすい5つの失敗事例は?事前の対策や注意点も

不動産投資は定期的な収入を見込める投資方法です。株式投資やFX投資と比べて日常的な取引作業を必要とするわけではなく、手間となる物件の管理業務も外部に委託でき、日中仕事のある方でも取り組みやすいメリットがあります。そこでこの記事では、不動産投資で起こりやすい5つの失敗事例と事前の対策や準備について詳しく解説します。

ロボアドバイザーコラム

ロボアドバイザーで元本割れ・含み損が出た時の対処方法は?

ロボアドバイザーは、ロボットが投資の支援を行ってくれるサービスです。ロボアドバイザーで資産運用を行う場合に、「含み損が出たらどうすればいい?」「元本割れしたら、短期運用での回復は無理?」などの疑問を持つ方に向けて、本記事では、ロボアドバイザーによる投資で元本割れや・含み損が出た場合の対処法について解説していきます。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングで元本割れを避けるための5つのポイント

資産運用をする上でもっとも大切なのは、『資産を減らさないこと』だと思います。投資家の心がけ次第で、元本割れのリスクを抑える方法はあります。それは、ソーシャルレンディングにおいても同じです。そこで、この記事では、ソーシャルレンディングで元本割れを避けるためのポイントを5つご紹介していきたいと思います。

投資・マネーコラム

行政処分を受けたソーシャルレンディング会社に共通していた点とは?

2017年・2018年にみんなのクレジット、そしてラッキーバンクというソーシャルレンディング会社が金融庁から行政処分を受けました。この2社は行政処分を受けた後、案件の募集を停止しており、その後募集再開の見込みが2018年5月時点で立っていません。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディング投資家が教える、初心者向けの案件は?

日本にはソーシャルレンディング事業を運営している会社は日本に20社以上あります。それぞれが独自性のある案件を投資家に提供しているため、ソーシャルレンディング投資を始めたいという人の中にはどの会社の案件を選べば良いのか迷ってしまう人も多いでしょう。