TAG 住宅ローン

国内不動産投資

GLM、国内初オンライン完結型住宅ローン申込・審査手続サービス導入。不動産業界で初

株式会社グローバル・リンク・マネジメント(GLM)は10月10日、株式会社GAテクノロジーズが提供するサービス「MortgageGateway(モーゲージゲートウェイ)」を導入すると発表した。不動産投資分野では国内初(※GA テクノロジーズ社調べ)となるオンライン完結型住宅ローン融資申込・審査手続サービスで、業務時間を最大66.2%削減。

モゲチェックの評判・口コミ

モゲチェック・プラザは、不動産投資ローンや住宅ローン借り換えのプロフェッショナルによる成功報酬型コンサルティングサービスです。オンライン完結でローンの借り換え無料診断を申し込むことができます。また、サイト上では無料診断の前に、金利がいくら削減できるかが分かる「簡単3秒診断」も利用可能です。

国内不動産投資

老後2000万円問題対策、見直したい固定費は「通信費」「保険」「ガス・電気」

株式会社エイチームのグループ会社、株式会社エイチームフィナジーが8月21日に発表した「家計の固定費に関する意識調査」では、具体的な対策を考えている人、検討中の人は47.3%に上った。中でも、家計管理の肝と言われる「家計の固定費の見直し」に興味がある人は7割を超え、将来に備え、家計管理に取り組む姿勢がうかがえる。

国内不動産投資

不動産投資ローン借り換え、特別金利1.575%から。12月末までの融資承認限定

フィンテックを活用したオンライン型の不動産投資サービスを提供する株式会社MFSが、同社が提供するオンライン完結のローン借り換え代行サービス「モゲチェック」において、変動金利1.575%からの特別金利の案内を開始した。今回の特別金利では、2019年12月末までの融資承認限定で1.575%〜1.8%を案内。

投資・マネーコラム

ローンが残っている自宅を売却するには?売却の手順と特別控除を紹介

住宅ローンを契約してマンションや戸建といった自宅を購入した方の中には、転勤などの理由でローンが残っているにもかかわらず売却しなければならない方もいると思います。しかし、ローンの支払いが残っている状態の自宅をどのように売却できるのでしょうか?今回は、ローンが残っている自宅を売却する時の手順と、お得な特別控除を解説します。

投資ニュース

住信SBIネット銀行と日立がAI審査サービス提供の新会社設立、10月から住宅ローン審査の提供開始

住信SBIネット銀行と日立製作所は5月30日、AI審査サービスを提供する合弁会社Dayta Consultingを設立したと発表した。新会社は、地域金融機関をはじめとした金融機関に対し、稀な事象の発生を予測する日立のAI(人工知能)「Hitachi AI Technology/Prediction of Rare Case」と、住信SBIネット銀のデータハンドリング技術・ノウハウを組み合わせたAI審査サービスを提供、地域創生に対する取り組みや業務効率化などを支援していく。

国内不動産投資

モゲチェック、自動提案書により申込み後すぐにローン借り換えプランを確認可能に

株式会社MFSが運営するオンライン型不動産投資ローンの相談・借り換えサービス「モゲチェック」に23日、自動提案書の機能が追加された。今回追加された自動提案書の機能により、ユーザーは申し込みを完了するとすぐに提案書を確認することが可能で、利息削減プランと利回り重視プランの2種類を確認できる。

投資・マネーコラム

フラット35や住宅ローンの不正利用問題、知っておくべき不動産投資ローンとの違い

フラット35や住宅ローンで購入した物件で賃貸経営を始めてしまうと「自宅として住む」という本来の借入目的から外れてしまうため、金融機関からは「不正利用」とみなされてしまいます。今回は、このフラット35や住宅ローンの不正利用問題に関して不動産投資ローンとの違いなどについて改めて考えてみたいと思います。

国内不動産投資

iYell、日本初「アメリカ住宅ローンテック業界 カオスマップ」を作成。米国進出を準備

住宅ローン関連サービスのiYell株式会社は5月10日、米国の住宅ローンの市場機会を明らかにするため、日本初となる住宅ローンテックの市場構造や独自性を多面的に分析した「アメリカ住宅ローンテック業界 カオスマップ」を作成したと発表した。

国内不動産投資

オンライン型住宅ローンサービス「モゲチェック」に新規借り入れ機能が追加

株式会社MFSが運営するオンライン型住宅ローンサービス「モゲチェック」に8日、住宅購入予定者に対する新規借り入れ機能が追加された。従来の借り換え、管理機能に加え、住宅購入時の借り入れから返済中のローン管理、必要に応じてより良い条件のローンへの借り換えまでウェブ上で完結する「住宅ローン・ワンストップサービス」を実現した。

不動産投資ローンと住宅ローンの違いとは?融資金利や返済、税制などを徹底比較

不動産投資ローンと住宅ローンの違いとは?金利や審査内容、借入年齢など8項目を徹底比較

不動産投資を検討し始める際に、ほとんどのケースでセットになるのがローンの話です。この記事では、不動産投資を検討し始めた初心者の方向けに、不動産投資ローンと住宅ローンの違いを融資額や金利、融資期間などの点からまとめていきたいと思います。

投資・マネーコラム

住宅ローンの損をしない借り換え方は?知っておきたい4つのこと

住宅ローンの借り換えの際には、新しく組むローンの金利を今より低く抑えられても、手数料などの費用を回収した上でもメリットがあるのかを慎重にシミュレーションすることが大切です。今回は、借り換えで損をしないためにどのような点に注意して取り組まなければならないのか、知っておくと良い4つのポイントについてご紹介します。

国内不動産投資

不動産AI自動査定のHowMa、モゲチェックの新機能に不動産価格推定データを提供開始

AI不動産査定サービス「HowMa(ハウマ)」を運営する株式会社コラビットは株式会社MFSのオンライン型住宅ローンサービス「モゲチェック」に対してAI不動産価格推定データの提供を開始した。モゲチェックの利用者は、ローンに関する機能に加え、自宅資産価値とローン残債の差額を把握したうえで自宅売却を検討できる。

投資・マネーコラム

今の金利は高い?自宅ローンの借り換えを考える4つのポイント

今の日本の住宅ローンの金利は、とても低い状況で推移しています。今より高い金利でローンを組んでいる方は、借り換えでメリットを得られる可能性があります。しかし、ローンの内容は人によって違いますので、メリットがない場合もあります。ではどのような場合に借り換えメリットがあるのか、借り換え時に必要な4つのポイントをご紹介します。

仮想通貨コラム

ブロックチェーン上でデータを記録・管理。Factomの概要と意義、現状について

第三者によるデータの改ざんが困難で、かつ誰でも簡単に情報を見ることが可能な特性を持つブロックチェーンは、不動産登記や公的書類の発行といったサービスを大きく効率化できることが期待されています。他にも様々な権利の証明や証明書の作成などへの応用が研究されています。こうした分野に向けたブロックチェーン活用の先駆者とも言えるプロジェクトが「Factom」です。

投資・マネーコラム

住宅ローン借り換えのシミュレーション確認方法と注意すべきポイント

住宅ローンの金利は低い状態が続いており、借り換えをして返済額を減らすチャンスでもあります。しかし、借り換えの際は金融機関や自分自身の状況によって条件が変わるため、シミュレーションをしっかり確認することが大切です。今回は、住宅ローンの借り換えを検討する際のシミュレーションを確認する方法と注意すべきポイントをお伝えします。