TAG 住宅ローン

投資・マネーコラム

夫婦の離婚、住宅ローンの連帯保証人から外れる方法や手順は?注意点も

住宅ローンでは「夫が契約者、妻が連帯保証人になっている」というケースが多く、離婚時にローンを完済していない時は連帯保証人から外れることが出来るかどうかでトラブルになるケースも少なくありません。本記事では、このような住宅ローンの連帯保証人から外れる方法や手順、注意点を解説します。

投資・マネーコラム

築浅物件を高く売却する方法は?手順や注意点、オーバーローンの対策も

物件の売却価格は築年数によって上下するため、築浅物件(築5年)は比較的高い価格で売却される傾向があります。しかし、新築物件を購入した時以上の価格で売却することは難しく、物件の売却価格よりローンの残債が大きい「オーバーローン物件」となってしまう可能性もあります。そこでこの記事では、築浅物件を高く売却する方法について解説していきます。

投資・マネーコラム

ローンが残っている家は売却できる?売却の手順、オーバーローンの対策も

現在住んでいる家のローンが残っている場合、「この家は売却する事が出来るのか?」と疑問が出てくる事があります。今回の記事では、ローンが残っている家を売却する3つの手順をご紹介します。家の売価でローンが完済できないオーバーローンとなってしまった場合の対処法と併せて見ていきましょう。

不動産投資ローンと住宅ローンの違いは?金利や審査内容、借入年齢など8項目を徹底比較

住宅ローンと不動産投資ローンは別物ですので、しっかりと両者の違いを把握した上で、物件購入のシミュレーションや返済計画なども立てていくことが大切です。そこでこの記事では、不動産投資を検討し始めた初心者の方向けに、不動産投資ローンと住宅ローンの違いを融資額や金利、融資期間などの点からまとめていきたいと思います。

投資・マネーコラム

賃貸併用住宅のメリット・デメリットは?アパート投資との比較も

賃貸併用住宅は自宅と同じ建物内に賃貸物件を所有する不動産投資方法です。アパートやマンション投資とはまた違った形の不動産投資方法として、検討されている方も多いのではないでしょうか?今回は、賃貸併用住宅のメリットやデメリット、また一棟アパートの運営とどのような違いがあるのかをお伝えします。

投資・マネーコラム

不動産投資ローンを借り換えるメリット・デメリットは?借り換え手数料も解説

不動産投資を効率化する方法として「ローン借り換え」があります。要は、不動産投資ローンを借り換えることで収益の改善を行い、不動産投資を効率化するということです。そこでこの記事では、ローン借り換えに関するメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

国内不動産投資

オンライン住宅ローンサービス「モゲチェック」、サービス利用者数が3万人を突破。コロナ禍で申し込み増

株式会社MFSはオンライン住宅ローンサービス「モゲチェック」を運営する株式会社MFSは8月21日、住宅ローンおよび不動産投資サービスの利用者が3万人を突破したと発表した。2015年8月のサービス開始から約5年となる7月21日時点の達成。

マンション投資

コロナ禍の不動産投資への影響は?売買動向や価格、ローンの状況も

コロナショックは世界中の経済に大きな影響を与え、2020年8月現在も様々な産業・事業に深刻な状況をもたらしています。本記事では、現状の売買の動向や不動産投資ローンの動向データを元に分析します。また、今後の不動産投資の動向について、日経平均株価との関係性なども参考にして予測していきます。

投資・マネーコラム

住宅ローンの返済で生活が厳しい…対処法は?FPが5つの方法を解説

転職や失業等の収入減や、子供の成長に伴う学費を始めとした支出の増加など、予想より住宅ローンの返済の負担が大きい等の事態により家計が圧迫され、住宅ローンの返済に頭を悩ませる方も少なくないでしょう。住宅ローンを滞納してしまった際の流れ、ローンの借り換え、売却、リースバック等5つの対処法をお伝えしていきます。

投資・マネーコラム

任意売却物件で不動産投資、メリット・デメリットは?手順や注意点も

不動産投資に興味のある方の中には「任意売却物件投資は通常物件と何が違うの?」「任売売却物件投資の始め方は?注意点はある?」など、任売売却物件について詳しく知りたいと考える方も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、任意売却物件投資の特徴やメリット、デメリットや注意点、始め方について紹介しています。

投資信託

年齢が上がるにつれ「世代内資産格差」が拡大。三井住友トラスト資産のミライ研が資産形成の実態調査

三井住友信託銀行株式会社のシンクタンクである三井住友トラスト・資産のミライ研究所は6月22日、「住まいと資産形成に関するアンケート調査」の結果を公表した。各世代における住まいや住宅ローンに対する考え方や資産形成の方法についての違いが浮き彫りになった。