TAG 不動産投資型クラウドファンディング

国内不動産投資

COZUCHIで想定年利6%「西麻布 一棟マンション フェーズ2」2/8募集開始

不動産投資型クラウドファンディング(CF)サービス「COZUCHI(コヅチ)」で、新規案件「西麻布 一棟マンションフェーズ2」が2月8日午後7時から募集を開始する。対象物件は東京・西麻布の一棟マンションで、コヅチのファンド「西麻布 一棟マンション(No.37)」と同じ。

投資・マネーコラム

初心者向けの投資型クラウドファンディングは?13社の利回り・リスクを比較

少額資金で様々なファンドへ投資ができる投資型クラウドファンディングは、これから投資を始めて行きたい投資初心者の方からも注目されやすい投資サービスです。そこで今回は、これから投資を始めたいという投資初心者の方が検討しやすい投資型クラウドファンディングサービスを紹介します。サービス選びの3つのポイントについても解説していくので、ご参考ください。

海外不動産投資

海外不動産CFのTECROWD、40号ファンドはカザフスタンの旧首都の戸建住宅。想定利回り9%

TECRA株式会社は、不動産クラウドファンディング「TECROWD(テクラウド)」で39号ファンド「セントラルパーク・イースト幕張パークタワー」の情報を公開した。千葉市の「海浜幕張駅」徒歩8分に位置する高層マンション「セントラルパーク・イースト幕張パークタワー」の居住最上階となる32階が対象物件で、募集金額 4790万円、運用は2023年2月1日から12ヶ月を予定、年間の想定利回りは5%。

投資・マネーコラム

みらファンの評判・口コミは?メリット・デメリット、口座開設の手順も

みらファンは、2022年10月からサービス提供を開始した不動産クラウドファンディングです。名古屋市の商業エリアの不動産に少額から投資でき、想定利回りも比較的高めに設定されているなどの特徴があります。しかし、不動産クラウドファディングを利用したいけれど、みらファンがどのようなサービスなのかよく知らない方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、みらファンの評判や口コミ、利用するメリット・デメリットについて解説します。また、口座開設の手順も紹介しますので、参考にしてください。

投資・マネーコラム

TECROWD(テクラウド)の評判・口コミは?特徴や注意したいリスクも

TECROWD(テクラウド)は、数ある不動産投資型クラウドファンディングの中でも、モンゴル・カザフスタンをメインに中央アジアの不動産物件に投資できる特徴的なクラウドファンディングサービスです。今回はTECROWDの評判や口コミとともに、サービスの概要・特徴、注意したいリスクについて紹介します。TECROWDで海外不動産投資を考えている方はご参考ください。

投資・マネーコラム

不動産小口化商品のリスクは?購入・投資前に確認しておきたい5つのポイント

小口から不動産に投資できる不動産小口化商品は、低リスクの運用が期待できる投資商品です。しかし、少額資金とはいえ運用による損失のリスクがあり、投資判断はその都度慎重に行っていきたいと言えます。不動産小口化商品のリスクを知り、そのリスク対策のためには購入・投資前にできれば確認しておきたいポイントがあります。この記事では、不動産小口化商品の仕組みを簡単にみたうえで、不動産小口化商品のリスク、購入・投資前に確認しておきたいポイントについて解説していきます。

投資・マネーコラム

不動産投資型クラウドファンディングを選ぶポイントは?注目の8社を紹介

不動産投資型クラウドファンディングは、少ない資金からの不動産投資が可能であり、情報の公開が進んでいることから投資家に人気があります。そこで今回は、これから投資を始めてみたい方に向けに、検討しやすい不動産投資型クラウドファンディングサイトをご紹介します。

不動産投資型クラウドファンディング「COZUCHI(コヅチ)」投資・マネーコラム

COZUCHI(コヅチ)の評判は?利回り実績やメリット・デメリットも

不動産投資型クラウドファンディング「COZUCHI(コヅチ)」は、厳選された物件に1口1万円から投資可能なほか、優先劣後方式の採用によりリスクを抑えつつ、途中解約も可能な投資サービスです。そこでこの記事ではCOZUCHIの特徴、メリット・デメリット・評判、始める方法について詳しく解説します。

投資・マネーコラム

COZUCHI(コヅチ)のEXITファンドの仕組みは?メリット・デメリット、募集事例も

COZUCHIは、数億円規模のファンド募集を行っている、不動産投資型クラウドファンディングサービスです。高い利回りの設定や募集金額の大きさから、多くの投資家に利用されている不動産クラウドファンディングのひとつです。そのCOZUCHIのファンドの一つに、EXITファンドと呼ばれるファンドがあります。EXITファンドはどのような特徴を持っているファンドなのか、そのメリットやデメリット、さらに募集実績を解説して行きます。

pickupコラム(クラウドファンディング)

【2023年1月】ソーシャルレンディング徹底比較!利回り・リスクや募集実績も

国内には複数のソーシャルレンディング・クラウドファンディング投資ができる会社が複数あります。この記事ではソーシャルレンディング会社やクラウドファンディング会社の中から、自分に合った投資対象を選べるようにするため、それぞれの特徴をまとめました。利回りや特徴などを参考にしながら、ぜひ今後の投資の参考にしてください。

pickupコラム(クラウドファンディング)

CREAL(クリアル)で不動産投資、使い勝手は?投資家の実体験を紹介

今回、私は不動産投資型クラウドファンディングとして不動産分野に特化したCREAL(クリアル)にチャレンジをしてみました。少額で行える不動産投資に関心がある方、投資対象の物件の内容をしっかり確認して投資判断をしたい方は、参考にしてみてください。

投資・マネーコラム

リンプル(Rimple)の評判は?メリット・デメリットや他の不動産CFとの比較も

上場企業が運営する不動産投資型のクラウドファンディング「Rimple(リンプル)」が2020年2月に誕生しました。そこでこの記事では、リンプルの特徴やメリット・デメリットを知りたい方のために、詳しいサービス内容のほか、他の不動産投資型クラウドファンディングと異なるポイント、口コミ・評判なども含めてご紹介します。

pickupコラム(クラウドファンディング)

COZUCHI(コヅチ)で不動産投資、メリット・デメリットは?他社比較も

COZUCHI(コヅチ、旧WARASHIBE)は厳選された不動産に手軽に投資できる不動産投資型クラウドファンディングサービスです。今回はCOZUCHIを利用した不動産投資のメリットやデメリットについて紹介します。また、他の不動産クラウドファンディングサービスとどのように違うのかも詳しく解説しているので、投資を検討している方は参考にしてください。

投資・マネーコラム

優先劣後割合の高い不動産クラウドファンディングは?8社の比較・ランキングも

不動産投資型クラウドファンディングに投資するときのリスク対策の方法として、優先劣後出資の中の劣後出資割合を見るというものがあります。劣後出資割合が大きいほど低リスクの案件と言え、投資判断に役立てることができます。そこで本記事では、主要な不動産投資型クラウドファンディングサイト各社のサービスの劣後出資割合の比較をランキング形式で紹介します。投資先に迷っている方、様々なサービスを利用して分散投資を検討していた方はご参考ください。

海外不動産投資

不動産CF「TECROWD」39号ファンドは海浜幕張の高層マンション。想定利回り5%

TECRA株式会社は、不動産クラウドファンディング「TECROWD(テクラウド)」で39号ファンド「セントラルパーク・イースト幕張パークタワー」の情報を公開した。千葉市の「海浜幕張駅」徒歩8分に位置する高層マンション「セントラルパーク・イースト幕張パークタワー」の居住最上階となる32階が対象物件で、募集金額 4790万円、運用は2023年2月1日から12ヶ月を予定、年間の想定利回りは5%。

投資・マネーコラム

融資型・不動産投資型クラウドファンディングで優待や特典が受けられる案件は?4社の事例を紹介

融資型クラウドファンディングや不動産投資型クラウドファンディングは、投資割合に応じて金銭的なリターンを期待することができます。少額資金からスマートフォンを通じて気軽に投資できるメリットもあり、人気の高い投資方法の一つです。本記事では、融資型・不動産投資型クラウドファンディングで優待や特典が受けられる案件について、5社の事例を紹介します。優待のメリットや注意点についても解説しているので、ご参考ください。

国内不動産投資

不動産投資型CF「72CROWD.」第4号ファンドは中野区のマンション、2023年1月4日募集開始

株式会社インヴァランスは、不動産投資型クラウドファンディング(CF)「72CROWD.(ナナニークラウド)」で、第4号ファンド「72CROWD.中野落合ファンド」の募集を2023年1月4日午前10時から開始する。運用物件は東京都中野区のデザインマンション「CREVISTA 中野落合」で、募集金額3240万円、想定利回りは年率4%(税引前)。

投資・マネーコラム

不動産クラウドファンディングの抽選に当たらない原因と対策は?先着順・募集金額の大きいサービスも

不動産クラウドファンディングは、1万円など少額から投資ができる、定期的に配当が受け取ることができるなどのメリットが有ることから、多くの人が利用する投資手法の一つになっています。そこで今回は、不動産投資型クラウドファンディングの抽選になかなか当たらない時に、当選確率を上げるための対策をお伝えしておきます。

国内不動産投資

コモサス、不動産CF「COZUCHI」と協働のファンドを12/26募集開始。逗子市のリゾートマンション再開発ファンド

株式会社SOCIAL COMMON CAPITALのグループ会社である株式会社コモサスは、融資型クラウドファンディング(CF)「COMMOSUS(コモサス、旧CAMPFIRE Owners)」で、「神奈川県逗子市リゾートマンション再開発ファンド(COZUCHI FUND2号)」の募集を12月26日開始する。