TAG 三井のリハウス

投資・マネーコラム

大田区のマンション売却・査定はいくらになる?間取り、築年数から売却相場を検証

東京都大田区は、東京23区のうち最も南部にあるエリアで、総面積は東京23区のうち最も広い61.86k㎡となっています。売却相場という観点で見た時、大田区内ではどのような中古マンションの傾向があるのか、今回のコラムでは「三井のリハウス」が公開している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

不動産売却で評判の良い不動産会社は?大手2社の実績やサービス内容を解説

不動産を売却する際は、信頼性の高い大手不動産会社に依頼したいという方も多いのではないでしょうか。基本的な情報をはじめ、大手不動産会社ならではの売却実績や、売却の特徴、売却向けサービスなども詳しく解説していくので、不動産売却の依頼先に悩む方はご参考ください。

投資・マネーコラム

目黒区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

東京都目黒区は、中目黒や自由が丘、学芸大学など、各種の住みたいまちランキングで上位に入るエリアを数多く抱える特別区です。地域ブランドも高く住みやすいエリアが多い目黒区内ではどのような中古マンションの傾向があるのか、今回のコラムでは「三井のリハウス」が発表している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

マンション投資

品川区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

東京都品川区は、区内を発祥とする企業も多くビジネスの拠点として栄えた印象がありますが、「東京都の人口(推計)」によると2022年9月1日時点の人口は東京23区内で10番目に多い419,290人となっており、世帯数は9番目に多い237,284世帯を抱えています。このような特徴のある品川区の中古マンション事情について、「三井のリハウス」が提供しているデータをもとに、間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などを検証して紹介していきます。

マンション投資

江東区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

「東京都の人口(推計)」によると、2022年9月1日時点の東京都江東区の人口は529,059人となっており、23区内で8番目に多くなっています。今回のコラムでは、江東区の中古マンションにはどのような傾向があるのか、「三井のリハウス」が提供している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

墨田区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

東京23区の北東部に位置する墨田区は、東京スカイツリーがあることでも有名です。また河川に囲まれ、海抜が低いという地形上の特徴があります。このような特徴を持つ墨田区の中古マンションの特徴について、今回のコラムでは「三井のリハウス」が公開しているデータをもとに、間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などを紹介していきます。

投資・マネーコラム

台東区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

東京23区の北東部に位置する台東区は、浅草や上野恩賜公園などの観光スポットが有名で、23区の中で最も面積が小さいのが特徴です。このような特徴を持つ台東区では、どのような中古マンションが販売されているのでしょうか。今回のコラムでは、「三井のリハウス」が公開しているデータをもとに、台東区の中古マンションについて間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などを紹介していきます。

マンション投資

福岡市7区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

福岡市は160万人超の人口を抱える九州地方の中心都市で、日本では全国的に人口減少が続いているものの、福岡は人口が増加している数少ない都市の一つです。人口が増えていることは賃貸需要の増加、不動産価格の上昇にも関連があり、適切な売却タイミングに悩む方もいらっしゃるでしょう。そこで今回のコラムでは、「三井のリハウス」が公開しているデータをもとに、福岡市の中古マンションについて平均価格や購入検討者数などを分析していきます。

投資・マネーコラム

大阪市24区のマンション売却相場は?間取り・エリア別の売出価格ランキング

大阪市の中古マンション市場と言っても、地域ごとに特徴が異なるものです。そのため売却や購入を検討している地域の事情が把握しづらいと感じている方もいるでしょう。今回のコラムでは、「三井のリハウス」がウェブサイトで公開している大阪市24区別のデータ(2022年10月10日時点)をもとに、平均価格や間取り別などのランキングを紹介していきます。

マンション投資

港区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

不動産を売却する際は、相場価格などさまざまな情報を把握しておくことが大切です。しかし東京23区と言っても各区で特徴は異なり、より詳細な情報を把握するのは難しいものです。そこで今回のコラムでは、「三井のリハウス」が発表しているデータをもとに、港区の中古マンションについて間取りや築年数と価格の傾向などを紹介していきます。

投資・マネーコラム

三井のリハウスの不動産売却査定の評判・口コミは?申込み手順も【取材あり】

三井のリハウスは、不動産の売却や購入、住み替えに加えて賃貸経営の際にも利用できる三井不動産リアルティの不動産コンサルティング事業です。そこで本記事では、三井のリハウスで不動産を売却する際の評判・口コミ、メリットやデメリットについても解説していきます。不動産売却を検討している方はご参考ください。

投資・マネーコラム

東京23区のマンション売却相場は?間取り・エリア別の売出価格ランキング

新築マンション価格の高騰の影響を受けて、中古マンション価格も上昇傾向が続いています。このような状況下で、東京23区内の中古マンション市場はどうなっているのか気になっている方もいるでしょう。今回のコラムでは、三井のリハウスが提供している各区の平均価格と売り出し物件数をもとに、間取り別によるランキングを紹介していきます。

投資・マネーコラム

不動産売却の実績が多い大手不動産会社は?10社のランキングを比較

不動産売却を依頼する際、依頼先の不動産会社に実績があるかどうかという点は重要なポイントです。不動産会社によって得意とする専門領域やエリア、物件のタイプが異なるため、売却価格にも大きな影響があるためです。そこで今回のコラムでは、不動産売却の実績による不動産会社のランキングを4つの項目に分けて紹介します。不動産会社選びの参考にしてください。