TAG ロールオーバー

投資信託コラム

NISA・つみたてNISAを始めるタイミングは?急落時の考え方も

NISAとつみたてNISAの利用者は年々増加し、投資への関心が高まっていることがうかがえます。しかし、大きな経済変動で市場が暴落すると、始めるのをためらう人も少なくないでしょう。また、一般NISAは2024年に新しい制度に改正されることも気がかりかもしれません。

この記事では、NISAやつみたてNISAを始めるタイミングや、市場の下落局面についての考え方について解説します。これからNISAまたはつみたてNISAで非課税投資を始めたい人は参考にしてください。

暗号資産トレード

ビットコイン先物市場のロールオーバーとは【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

機関投資家がビットコインを取引する場合に、現物を持たない「先物取引」を利用することがあります。先物取引は、ある商品(原資産)を将来の特定日(期日)に、現時点で取り決めた価格で
売買する事を約束する取引です。この記事では、機関投資家が先物取引を取引する場合において、どのような行動をとり、価格形成にどのように影響を与えるのか解説します。

投資信託コラム

NISA口座の移管(金融機関変更)の仕方は?メリットと注意点も

NISA(少額投資非課税制度)の口座開設をしてから、金融機関を変更したいと考える人も多いのではないでしょうか。

NISAは金融機関によって、取り扱う商品や手数料が異なります。自分が口座開設した金融機関が希望に合わない場合は、変更可能です。この記事では、NISA金融機関変更のメリット・デメリットや具体的な方法について解説します。

投資信託コラム

NISAはやらないほうがいい?デメリットと注意点、利用メリットがある人も

NISAは運用益に対して税金がかからないため、資産形成を目指す人なら積極的に利用したい制度です。しかし、デメリットや注意点を理解しないで始めると損をする可能性もあり、注意が必要です。

この記事では一般NISAのデメリットや注意点とその対策、一般NISAでの投資に向く人を解説します。

投資信託コラム

NISAでロールオーバーするメリット・デメリットは?売却との比較も

一般NISAで運用していて初めて5年間の非課税期間が終了を迎える人は、ロールオーバーすべきか迷うことも多いでしょう。ロールオーバーにはメリットだけでなく注意点もあり、すべきか否かはケースバイケースです。

この記事ではロールオーバーのメリット・デメリット、選択すべきケースなどについて解説します。

投資信託コラム

NISAのメリットとデメリットは?損しないための使い方も

一般NISAは、毎年120万円までの範囲で運用商品を最長5年間非課税で保有できます。税制優遇は魅力的な反面、使い方がよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

この記事では一般NISAのメリット・デメリットを紹介し、それらを踏まえた損をしない活用法を紹介します。これから一般NISAを始める人、すでに一般NISAで運用している人は参考にしてください。

投資信託コラム

ジュニアNISAはまだ間に合う?メリット・デメリットや活用方法も

ジュニアNISAは廃止決定以後、口座数が増加しています。不人気の原因だった引き出し制限が2024年以後はなくなるなど、廃止によるメリットが生じたためと考えられます。まだジュニアNISAを利用していない人が今から始めてもメリットがあるのでしょうか。

この記事ではジュニアNISAの制度廃止の概要、これから始めるメリットなどについて解説します。

株式投資コラム

NISAで購入した株の売り時は?注意点と売却判断のためのポイント

NISAの投資対象には株式(ETF等含む)や投資信託があり、売却益や配当などが非課税になります。しかし、NISAには5年間の非課税期間があり、期間内に売却した場合にはその非課税枠は再利用できません。そのため、売り時の判断に迷う人も多いでしょう。

この記事では、NISAで購入した株を売却するタイミングや、一般的な株式の売却を判断する方法などについて解説します。

投資信託コラム

NISAでは株・投資信託どちらを買えばいい?特徴と状況から解説

年間120万円の購入限度額の中で得た運用益が最長5年間非課税になる「一般NISA」では、投資信託以外に株式への直接投資ができます。非課税になる運用商品の選択肢が多いのは喜ぶべきことですが、実際にどちらに投資すべきか悩む人も多いのではないでしょうか。

この記事では、一般NISAで株式と投資信託に投資する方法と、それぞれに適した人についてなどを解説します。

株式投資コラム

SBI証券、CFD取引(くりっく株365)の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

SBI証券の「くりっく株365」は国内外の主要株価指数やETFに投資できる取引所CFDです。CFD取引はレバレッジをかけて少額で始められ、利用者も増えています。そこで、この記事ではSBI証券の取引所CFD「くりっく株365」について、特徴、メリット・デメリット、評判、口座開設の手順を詳しくご紹介します。

投資信託コラム

NISAのデメリットと注意点は?非課税期間後の扱いや失敗の対策も

NISA(少額投資非課税制度)は投資で発生する利益が一定期間非課税になる制度です。一見メリットばかりのように感じられますが、デメリットや注意点についても理解しておくことが大切です。今回は、NISAのデメリットと注意点に加え、非課税期間が終了した後の扱いやNISAで失敗しないための対策について紹介します。

投資信託コラム

レバレッジ型・インバース型投資信託のメリット・デメリットは?販売額の多い銘柄も

レバレッジ型・インバース型投資信託は、通常の投資信託に比べて値動き幅が大きく、短期間の運用向きといった点が特徴です。独自のメリットやデメリットもいくつかあるため、投資の際には事前に理解しておくことが必要です。そこで今回は、レバレッジ型・インバース型投資信託の特徴やメリット・デメリットを解説します。