TAG ブロックチェーン

NFT

Coincheck NFT(β版)、2つの新たなNFTを取り扱い開始へ

コインチェック株式会社の提供するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」では、5月19日よりジェネラティブアートNFT「Art Blocks」の取り扱いを開始、また取り扱い開始を記念したキャンペーンも実施している。また、5月26日からは日本発ジェネラティブアートのNFTコレクション「Generativemasks」の取り扱いを開始する。また、同日15時よりCoincheck NFT(β版)において、「Generativemasks」の100作品を販売する予定だという。

SDGs

リップル、世界の炭素市場の規模拡大・強化に1億ドルを投資。炭素市場の品質向上と透明性を実現

国際送金ソリューションを提供するリップルは5月20日、炭素市場へ1億米ドル(約129億円)を投資することを発表した。この資金を革新的な炭素除去に取り組む企業や気候変動対策に取り組むフィンテック企業へ投資をすることで、炭素除去活動を加速させ、炭素市場の刷新と規模拡大に貢献するとしている。

NFT

NFTプロジェクトの買収がもたらす、NFTシーンの新たな可能性

しかしNFTそのものはブロックチェーン上に存在する単なるトークンにすぎず、既にコミュニティに分散しているNFTのプロジェクトを「買収」するとはどういうことなのか、疑問に思われる方もいるかもしれません。そこでこの記事ではこれまでに行われた実際の買収ケースを例に、NFTプロジェクトを買収することは何を意味するのかを見ていきたいと思います。

仮想通貨セミナー

【2022年5月22日(日)東京都 ブロックチェーンセミナー】第8回 未来の情報セキュリティを考える会

一般社団法人情報セキュリティ勉強会がオンラインで開催するブロックチェーンセミナーです。また、勉強会後に近くのお店で懇親会も行う予定です。中村代表と直接話がしたい、研究所のメンバーとの交流、情報交換や名刺交換など是非ご参加ください。ブロックチェーン関連の事業に興味のある方は下記URLをご参照ください。ブロックチェーン関連の事業に興味のある方は下記URLをご参照ください。

NFT

Ocean Protocolで用いられているData NFTとは?

現代の人工知能はデータ数が多ければ多いほどより正確なモデルとなり、事業や研究において必要不可欠な技術となっています。GoogleやFacebookは世界の中で最もデータアセットを持つ企業の一つであり、これを活用して大きな収益を得ています。これに対し、AIを活用したスタートアップや個人は、データアセットの数に悩まされているか、あるいは技術面において大企業と比べて劣っているかという課題を抱えています。言いかえると、AIテクノロジーとデータアセットのどちらも少数の大企業が握っているという現状があります。

SDGs

ブロックチェーン技術とNFC/RFID技術で日本酒の不正な流通を対策

SBIトレーサビリティ株式会社は4月25日、ブロックチェーン基盤のCorda(コルダ)と、株式会社サトーが有するNFC/RFID技術のデジタルペアリングを活用して、トレーサビリティ・サービス「SHIMENAWA」において日本酒の不正な流通を防ぐ新たな機能を追加した。同機能は合資会社加藤吉平商店の日本酒「梵」を代表する「超吟」「夢は正夢」の銘柄から国内初で実導入が決定されている。

仮想通貨セミナー

【2022年5月14日(土)東京都 ブロックチェーンセミナー】Algorand Japan Accelerator ブロックチェーンビジネスアイディアピッチイベント

Algorand Japan Acceleratorがオンラインで開催するブロックチェーンセミナーです。Web3(DeFi、DAO etc)、FinTech、SGDsの新規ビジネスアイディアをプレゼンをすることができる絶好の機会です。ブロックチェーン関連の事業に興味のある方は下記URLをご参照ください。