TAG ブロックチェーン

NFT

COMSAがリリースしたBUNDLE(旧NCFT)β版とは?使い方まで徹底解説

22年9月27日、ブロックチェーン関連企業であるテックビューロ株式会社は、自社が展開するマーケットプレイスCOMSA(コムサ)にて、「BUNDLE(旧NCFTβ)版」の取り扱いをスタートしました。今回は、COMSAが新たにリリースしたBUNDLEについて、その概要や特徴、使い方までを徹底解説していきます。

Web3

日本のゲームギルド団体の特徴 – LGG、SGG、YGGについて解説

ブロックチェーン・テクノロジーを用いたNFTゲームは新たなビジネスモデルとして注目を集めてきました。そんな中、プレイヤーを包括的にサポートする団体である「ゲームギルド」にますます関心が集まっています。今回は、日本における著名なゲームギルド団体について、それぞれの概要や特徴を詳しく解説していきます。

仮想通貨セミナー

【2022年11月18日(金)東京都 ブロックチェーンセミナー】〜NFTアートを基に数千人のコミュニティを創出した経緯と業界動向から考える事業創出〜WAFUKU GENとAniwoがWeb3に関するビジネス創出セミナーを開催

Aniwo Co., Ltd.が東京都で開催するブロックチェーンセミナーです。ブロックチェーン関連の事業に興味のある方は下記URLをご参照ください。

暗号資産・ブロックチェーン

今後コスモスが覇権を握るのか?イーサリアムに対抗する新たな勢力とその背景

今後の暗号資産(仮想通貨)業界の分岐点として注目されているのが、モノリシックとマルチチェーンである。モノリシック化が一つのチェーンを基盤とする構造であるのに対し、マルチチェーン化された世界では多数のチェーンを基盤にプロジ…

暗号資産・ブロックチェーン

再生可能エネルギーを利用したFUELHASHのビットコインマイニングとは?

22年9月21日、再⽣可能エネルギーを利用したビットコインのマイニング事業を手がける株式会社FUELHASH(フエルハッシュ)が、カナダのオンタリオ州において、水力発電を利用した100%再生可能エネルギーによるビットコイン(BTC)のマイニングファーム運用をスタートすることを明らかにしました。

そこで今回は、現在注目を集めている、FUELHASHが展開する再生可能エネルギーを利用したマイニングについて、詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

電通ベンチャーズ含むVCから430億円の資金調達に成功した注目プロジェクトSuiとは?

電通ベンチャーズがレイヤー1ブロックチェーン「Sui blockchain」に出資を行いました。ラウンドを主導したのはFTX Venturesで、大手VCであるa16zや、Binance Labs、Coinbase Ventures等から430億円(3億ドル)を集めた大型プロジェクトです。

今回はSuiの概要から特徴、またなぜ電通ベンチャーズがSuiに出資をしたかについて解説していきます。

仮想通貨

IBM、三井化学と野村総合研究所の3社による資源環境推進コンソーシアム「Pla-chain」発足

日本IBM株式会社、三井化学株式会社と野村総合研究所は10月13日、資源環境型コンソーシアム「Pla-chain(プラ・チェーン)」を創設し、資源環境プラットフォームを介した実証実験やデータの共有、研究会などを通しソーシャルイノベーションの実現にむけ協力していく声明を発表した。

仮想通貨

SBI VCトレード、「ステーキングサービス」を開始。対象銘柄は順次拡大を予定

SBI VCトレード株式会社は、新しく「ステーキングサービス」を2022年10月1日に開始することを発表した。今回サービス対象となる銘柄はカルダノ(ADA)となっているが、SBI VCトレードはステーキング対象の銘柄について今後順次拡大させていく予定だとしている。