TAG ブル型ファンド

投資信託コラム

PayPayボーナス運用の使い方は?運用で増やすための4つのコツも

ショッピングなどで貯まるPayPayボーナスは、運用に回すことも可能です。PayPayユーザーなら口座開設なしですぐに始められ、手数料無料で簡単に投資できます。運用コースは2つだけなので選ぶのも簡単です。

今回はPayPayボーナス運用を利用するメリット、ポイントを増やすコツについて詳細に解説します。投資にチャレンジしようか考えている人は参考にしてください。

投資信託コラム

SBI証券で人気の投資信託ランキングTOP10、SBI証券の強みも【2021年6月】

投資信託で効率よく収益を出すには、買付手数料や信託報酬などのコストを抑えることが重要です。買付手数料は運用初期のマイナス要因となり、毎日かかる信託報酬は長い目でみると、収益の障壁となり得ます。

リアル店舗を持つ証券会社は、投資信託にもコストがかかるケースが多くありますが、ネット証券は店舗を持たない強みから、コストパフォーマンスのよいファンドが多く揃っています。中でもSBI証券のファンドは全て手数料無料のノーロードで、コストパフォーマンスの高いファンドが数多くラインナップされています。

この記事では、SBI証券の投資信託について詳しく解説しますので、投資信託運用をお考えの際は参考にしていただけたらと存じます。

投資信託コラム

投資信託でよくある4つの失敗事例は?失敗する理由や対策も解説

100円からと安価に始められ、投資の専門家であるファンドマネージャーに運用を任せられるので、幅広い層で投資信託の人気が高まっています。ただし、投資信託は元本が保証された金融商品ではなく、損失をだして運用に失敗してしまう可能性もあります。この記事では投資信託での運用で失敗する事例と、その原因と対策を解説します。

投資信託コラム

レバレッジ型・インバース型投資信託のメリット・デメリットは?販売額の多い銘柄も

レバレッジ型・インバース型投資信託は、通常の投資信託に比べて値動き幅が大きく、短期間の運用向きといった点が特徴です。独自のメリットやデメリットもいくつかあるため、投資の際には事前に理解しておくことが必要です。そこで今回は、レバレッジ型・インバース型投資信託の特徴やメリット・デメリットを解説します。

投資信託コラム

ブル型・ベア型のETF・投資信託のメリット・デメリットは?注意点も

景気の下降局面に強い投資信託やETF(上場投資信託)選びが注目されています。なかでも信用取引のようなレバレッジ取引で高いリターンを狙える「ブル型」や、相場の下落時でも利益を狙える「ベア型」のファンドが話題となっています。この記事では、ブル型・ベア型のファンドの特徴やメリット・デメリット、利用上の注意点をご紹介します。

投資信託コラム

海外ETF、どれがおすすめ?運用目的別に主な商品をわかりやすく解説

アメリカのNYダウ工業株30種平均は、この10年で約2.75倍と上昇を続けています。力強い成長を見せるアメリカをはじめとした海外市場に投資する最も手軽な手段の一つが海外ETFの購入です。本記事では、東京証券取引所に上場している海外ETFの概要や運用目的に応じた商品を解説します。

投資信託コラム

マネックス証券で人気の投資信託10本、内容と特徴は?【2020年5月】

日本国内の株式・米国株など幅広い金融商品を取り揃えている、大手証券会社の「マネックス証券」。100円から投資できる商品もあるなど、初心者向けの証券会社の一つとも言えます。今回は、マネックス証券の中で人気上位の投資信託の内容や特徴についてまとめます(同社発表の2020年4月1日~30日時点の月間売れ筋ランキングによる)。