TAG ファンド

ESG投資コラム

【医療DX銘柄】デジタルヘルス市場のパイオニア、米インテュイティブ・サージカルの業績や今後は?新NISA組み入れファンドも

米インテュイティブ・サージカル(ティッカーシンボル:ISRG)は、手術支援ロボット分野で世界最大手です。そこで今回は、インテュイティブの会社概要や製品の特徴をおさらいした上で、同社のサステナブルな取り組みや業績・株価動向、新NISA成長投資枠対応の組み入れファンドを紹介します。

ESG投資コラム

【サステナブル不動産関連銘柄】塗料大手シャーウィン・ウィリアムズ(SHW)の業績や今後は?新NISA組み入れファンドも

米シャーウィン・ウィリアムズ(ティッカーシンボル:SHW)は塗料の分野で世界大手です。そこで今回は、シャーウィンの会社概要や製品の特徴をおさらいした上で、同社のサステナブルな取り組みや業績・株価動向、新NISA成長投資枠対応の組み入れファンドを紹介します。

株式投資コラム

【SX銘柄】水・衛生・エネルギー課題解決に取り組むエコラボ、業績や今後は?新NISA組み入れファンドも

エコラボ(ティッカーシンボル:ECL)は、水処理や衛生、感染予防ソリューションを提供するサステナビリティリーダーの1社です。今回は、エコラボの会社概要や製品の特徴をおさらいした上で、同社のサステナブルな取り組みや業績・株価動向、新NISA成長投資枠対応の組み入れファンドを紹介します。

ESG・サステナビリティ・インパクト投資

グーグル、AIスタートアップの女性起業家支援に特化したファンド立ち上げ。日本含むAPACで

米アルファベット(ティッカーシンボル:GOOGL)傘下のグーグルは8月2日、アジアパシフィック(APAC)地域で、人工知能(AI)スタートアップの女性起業家支援に特化したファンドを立ち上げたと発表した。まずは日本、韓国、インドで始めた後、APAC地域の他国でも展開する計画だ。

投資信託コラム

【米国株ESG】67年連続増配中のP&Gのサステナブルな取り組みは?組み入れファンドも紹介

日本人に馴染みの深い海外の消費財ブランドの一つとして、米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G、ティッカーシンボル:PG)が挙げられます。そこで今回は、P&Gの概要をおさらいした上で、同社のサステナブルな取り組み、ESG(環境・社会・ガバナンス)評価、業績、株価動向、組み入れファンドを紹介します。

ESG投資コラム

【米国株ESG】AIで覇権獲得狙うマイクロソフトのサステナブルな取り組みは?組み入れファンドも紹介

かつて「ウィンテル連合(ウィンドウズとインテル)」の一角としてパソコン市場を席捲したのがマイクロソフト(ティッカーシンボル:MSFT)です。2023年時点では、人工知能(AI)で覇権獲得を狙っており、再びテクノロジー業界の主役に躍り出ました。同社は気候変動の分野でも野心的な目標を掲げています。そこで今回は、マイクロソフトの概要をおさらいした上で、同社のサステナブルな取り組みやESG(環境、社会、ガバナンス)評価、業績、株価動向、組み入れファンドを紹介します。

投資信託コラム

エネルギー価格の高騰は株価にどう影響する?関連ファンド4つの推移から検証

2021年からのコロナ禍からの回復や、その後のロシアによるウクライナ侵攻の影響などによりエネルギー価格が高騰しました。2022年半ばごろに天井をつけましたが、2023年6月時点でも、長期で見れば依然として高止まりが続いている状況です。今回の記事ではエネルギー価格の高騰の株価に対する影響について、関連する投資信託の値動きなども見ながら紹介していきます。

投資・マネーコラム

不動産クラウドファンディングのファンド選びのポイントは?最近の動向や注意点も【インタビューあり】

不動産クラウドファンディングは、不特法(不動産特定共同事業法)に則って特定の不動産を小口化し、1万円などの少額資金で実物不動産へ間接的に投資ができる投資商品です。本記事では、不動産クラウドファンディングのファンド選びのポイントを詳しく解説します。

投資信託コラム

長期投資の成績が良い投資信託は?インデックスファンドとアクティブファンドの成績・手数料の比較も

資産形成のための長期運用を検討するにあたって、ファンド選びに迷っている方も多いのではないでしょうか。

運用成績を確認するのはもちろんのこと、運用コストなど注目すべきポイントはいくつかあります。本記事では、長期運用を行うにあたって、ファンド選びの際に見るべきポイントを紹介しています。

ファンド選びの基準がいまいち分からないという方は、ご確認ください。

投資信託コラム

2023年に再注目のバリュー投資、人気ファンドの手数料・成績・主要銘柄を比較

バリュー投資とは、過小評価されている割安株を見つけて投資する手法です。バリュー株は主にインカムゲインを得ることに投資妙味があります。

最近ではインデックスファンドの長期投資が流行していますが、高い配当利回りを狙うバリュー投資に注目してみるのも良い選択肢ではないでしょうか。

本記事では、バリュー投資を基本的な運用スタンスとするファンドを紹介しています。バリュー投資の概要についても紹介していますので、ご確認ください。

ロボアドバイザーコラム

「ロボアドバイザーっておすすめ?」5つの特徴や活用方法も

ロボアドバイザーは各ユーザーに適した資産運用を提案し、きめ細かく支援してくれるため幅広いユーザーに支持されています。一方、ユーザー側の意識や心構え、投資スタンスなどが原因でロボアドバイザーが上手に活用できていないケースも見られます。今回はロボアドバイザー投資をおすすめできない方の共通の特徴を5つのタイプにまとめました。

投資信託コラム

バーゼル規制と不動産ファンドの関係性は?個人投資家が押さえたいポイントも

バーゼル規制は金融機関に課せられている、おもに自己資本に関する規制です。2023年時点において現行にあたるバーゼル3では投資・融資先それぞれのリスクの高さを加味したうえで算出されるリスク評価額に対して、所定の割合の自己資本を維持することが求められています。同規制のもとでは、LTVが金融機関のリスク評価項目として重要なものになったため、財務が健全な不動産および不動産ファンドがより正当に評価されるようになると想定されます。今回はバーゼル規制と不動産ファンドおよび不動産投資の関係性について、特に現行のバーゼル3の規制をふまえて紹介します。

投資信託コラム

不動産投資ファンドの重要指標「LTV」を見るポイントは?計算方法も解説

LTVはLoan to Valueの略であり、不動産やファンド投資における総資産と有利子負債(ローン)の比率から計算される割合のことです。低い方が有利子負債の貸し倒れリスクが低く、健全な経営を行っていることを意味します。この記事ではLTVの見方や計算方法、種類などについて詳しく紹介します。ファンド投資だけでなく、現物の不動産投資にも役立つ考え方なので、参考にしてみてください。

ロボアドバイザーコラム

ドコモdポイント投資のメリット・デメリットは?おすすめの使い方も解説

貯めたdポイントを運用することで誰でも投資を簡単に体験できる「dポイント投資」が注目されています。今回はdポイント投資の概要やメリット、デメリットを紹介するとともに、dポイント投資はどのような方に向いているのかを詳しく解説します。dポイントを貯めている方は、この記事を参考にdポイント投資を検討してみてください。

投資信託コラム

投資信託のリスクと分析方法は?損失が出た時に活用できる制度も

投資にはリスクがつきものですが、具体的なリスクや分析方法について考えたことがある人は少ないのではないでしょうか。

投資を始める時は、投資そのものについての勉強と同様に、リスクについてもしっかり学習し、理解しておく必要があります。本記事では投資信託のリスクについて、概要や分析方法を詳しく紹介します。これから投資を始めたいと考えている人は、リスクについての理解度を深めておきましょう。

投資信託コラム

30代から始める投資信託、選び方や中長期運用に適したファンドは?

一般的に30代という年齢は、仕事のキャリアをある程度積み重ね、少しづつ収入が増えてくる一方で、結婚や出産、家の購入資金や、教育費の工面などお金がかかり始める時期でもあります。

資産形成を考える場合、短期から中期資金となる住宅ローンの頭金や教育資金、長期資金となる老後に向けた資産形成といった資金のグループ分けが必要です。

記事内では、30代で想定されるライフイベントをもとに、資産形成の方法について紹介しています。30代以降の資産形成について、気になる方はご確認ください。