TAG ステーキング

仮想通貨コラム

イーサリアムクラシックのMagnetoアップグレードの目的とは?【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

仮想通貨(暗号資産)イーサリアムクラシック(ETC)は、7月下旬に大型アップグレード「Magneto(マグネトー)」を予定しています。Magnetoには、イーサリアムの「Berlin(ベルリン)」アップグレードで実装された4つのイーサリアム改善提案(EIP)が含まれます。今回はイーサリアムクラシックのMagnetoアップグレードに焦点をあてて解説したいと思います。

仮想通貨コラム

ステーキングとスイングトレードを組み合わせた運用方法【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

筆者は、仮想通貨(暗号資産)のステーキングがスイングトレード手法と非常に相性が良いと、考えています。スイングトレードは中期的に仮想通貨を保有するため、上手く行けばキャピタルゲインに加えてステーキングで発生したインカムゲインを積み上げることができるでしょう。今回は、スイングトレードの戦略設計を中心に、ステーキングで収益を上乗せする運用戦略について解説します。

仮想通貨コラム

「イーサリアムを購入したい!」そんな人におすすめの仮想通貨取引所3選

投資する仮想通貨を分散するのであれば時価総額が大きい順番にポートフォリオを組むことがおすすめですが、ビットコインはともかくイーサリアムがどんな仮想通貨なのかご存じない方もいるのではないでしょうか。ここでは、イーサリアムの機能や今後の展望、国内で取り扱っているおすすめの仮想通貨取引所についてご紹介します。

その他企業

イーサリアムステーキングプールStakehoundの秘密鍵が紛失、預け先Fireblocksを起訴

イーサリアム2.0のステーキングプールを提供するStakehoundが、顧客の資産を管理するための秘密鍵を紛失したことを6月22日に明らかにした。実際には、Stakehoundが資産の管理を委託していたカストディ企業Fireblocksが秘密鍵を紛失したと主張している。

仮想通貨コラム

【重要ニュースまとめ(6/19~6/25)】a16zが22億ドルの特化型ファンドを組成、イーサリアムステーキングプールの秘密鍵が紛失

今週はa16zによる22億ドルの暗号資産・ブロックチェーン特化型ファンドや、StakehoundとFireblocksの秘密鍵紛失などが話題になりました。ますます業界全体が盛り上がってきている中で、秘密鍵の紛失といった基礎的な問題が焦点になるなど、市場の不変性も感じています。

仮想通貨コラム

いまやキャピタルゲインだけではなくなった仮想通貨の資産運用方法。収益を上げる4つの仕組みをご紹介

仮想通貨(暗号資産)の運用方法と言えば、これまでは長期保有やトレーディングでキャピタルゲイン(利ざや)を狙う方法が一般的でした。最近ではDeFiの登場などで新しい運用方法も普及し始めています。今回はそうした新しい仮想通貨の運用方法について解説したいと思います。

仮想通貨コラム

ステーキングとは?仮想通貨取引所コインチェックでLISKをステーキングする方法

ステーキングは仮想通貨(暗号資産)を保有しながらインカムゲインを得る方法です。仮想通貨の貸付を行い金利を得るレンディングサービスとは仕組みも運用方法も異なり、仮想通貨の基盤となるブロックチェーンを利用した新しい形の収益方法です。今回はステーキングの仕組みや利用方法について解説します。

仮想通貨コラム

【重要ニュースまとめ(4/15~4/21)】Coinbaseがナスダックへ上場。セーフハーバールールの更新でトークン発行環境に変化も。MakerDAOが現実世界の資産を担保にステーブルコインを発行へ

今週(4月15日〜4月21日)の暗号資産・ブロックチェーン業界は、Coinbaseの上場やクリプトママのセーフハーバールールなどが話題になりました。本記事では、1週間の重要ニュースを解説と共におさらいしていきます。

仮想通貨

Coinbaseがナスダックに上場、暗号資産業界の節目に

米最大手暗号資産取引所Coinbaseが、4月14日にナスダック証券取引所へ上場した。株式公開時に新株を発行せず既存株だけを売りに出すダイレクトリスティング方式を採用しており、初値は381ドル、時価総額は一時1,100億ドルを超える規模となっている。最終的には時価総額860億ドル付近を推移した。

仮想通貨コラム

【重要ニュースまとめ(4/1~4/7)】NFT市場は下降傾向にある、The Blockがデータを公開。イギリス当局がステーキングの課税ガイダンスを作成

今週(4月1日〜4月7日)の暗号資産・ブロックチェーン業界は、The BlockによるNFT市場はピークを過ぎたというデータが話題になりました。アメリカではNFTの販売方法に関してクリプトママが注意喚起を行なったり、イギリスでもステーキングに関する課税ガイダンスが発表されるなど、規制当局もトレンドを追う形で新たな動向を見せています。本記事では、1週間の重要ニュースを解説と共におさらいしていきます。

仮想通貨コラム

長期的な仮想通貨の投資ならコインチェックとビットフライヤーどちらがおすすめ?それぞれのサービスを徹底比較

2019年7月に行われた楽天インサイト調べによると、仮想通貨投資を始める投資家のうち、「およそ3人に1人(30.8%)が投資未経験者」ということが明らかになっています。将来的に必要な資金を仮想通貨投資で貯えたいと考えながら、何から始めてよいかわからない方もいるかと思います。

仮想通貨

コインチェックがグループ入り後最高益を大幅更新する一方で、コイネージは事業撤退

国内暗号資産取引所コインチェックを運営するマネックスグループが、2021年3月期第3四半期の決算発表を1月29日に行なった。全セグメントで前期比大幅成長を記録する中、暗号資産事業にあたるクリプトアセット事業セグメントが収益を押し上げている。

仮想通貨

イーサリアムのL2ソリューション「Optimism」がソフトローンチ。まずはDeFiプロトコルSynthetixへ導入

イーサリアムのセカンドレイヤーソリューションとして注目を集めるプロジェクト「Optimism(オプティミズム)」が1月16日、予定通りソフトローンチを実施したことを発表した。まずは、DeFiプロトコルSynthetixでOptimistic Virtual Machine(OVM)が導入される。