TAG ステーキング

Web3コラム

原資はトレード手数料!dYdXチェーンのステーキングで気をつけるべきこと

dYdXチェーンは、PoS(プルーフオブステーク)というコンセンサスメカニズムを採用しているため、ステーキングが可能になります。コスモス、dYdXチェーンのステーキングは奥深い世界です。単に報酬をもらうこと以上に重要な意味があります。本稿では、ステーキング、とりわけdYdXチェーンにおけるステーキングの意義について解説します。

Web3コラム

ステーキング収益でReFiプロジェクトの支援ができる「Spirals Protocol」とは?

「Spirals Protocol」は、気候変動に対策するweb3プロジェクト(ReFiプロジェクト)に資金を提供するためのインフラストラクチャです。独自のトークンを中心としたエコシステムによって、普段通りのDappsを利用しながら、気候変動対策プロジェクトへの資金提供を可能にします。

Web3

スリランカeTukTuk、ブロックチェーン基盤のEVが目指す新しい交通インフラの姿

スリランカを拠点とするeTukTukは、2023年1月にダボス会議で発表されたカルダノブロックチェーン上に構築される電気自動車プロジェクトである。120万台以上の3輪小型タクシー「トゥクトゥク」が走るスリランカで、持続可能なEV(電気自動車)へ移行するためのインフラを確立し、新興国市場での脱炭素化を推進していくという。

NFT

NFTマーケットプレイスの「ヴァンパイアアタック」まとめ

ヴァンパイアアタックは新たなツールやプロジェクトを生み出す足がかりにもなっており、単純なユーザー獲得の手段として捉えるだけでは、その全体効果を理解できません。本記事では、ヴァンパイアアタックについてその概要や事例、波及効果、問題点などについて詳しく解説します。

暗号資産取引所の使い方

ビットポイントのレンディングでリターンを受け取ったら?レンディングどこに税金がかかる?賃借料の計算方法とは

仮想通貨投資の中に貸仮想通貨(レンディング)やステーキング、キャンペーンによる仮想通貨付与など、仮想通貨を得る方法がいくつかあります。ビットポイントではレンディングサービスを提供しており、それらで利益を得た場合、税金が掛…

Web3

SBI VCトレード、「ステーキングサービス」を開始。対象銘柄は順次拡大を予定

SBI VCトレード株式会社は、新しく「ステーキングサービス」を2022年10月1日に開始することを発表した。今回サービス対象となる銘柄はカルダノ(ADA)となっているが、SBI VCトレードはステーキング対象の銘柄について今後順次拡大させていく予定だとしている。

暗号資産・ブロックチェーン

ビットポイントがエイダのステーキングサービス開始!ステーキングサービス内容につて解説

2022年7月27日(水)、仮想通貨取引所ビットポイントがエイダ(ADA)のステーキングサービスを開始しました。ここではステーキングサービスの特徴から注意点、そしてビットポイントでのステーキングルール、対象となっているエイダの特徴について解説します。

暗号資産・ブロックチェーン

ビットポイントがエイダのステーキングサービス開始!ステーキングサービス内容につて解説

2022年7月27日(水)、仮想通貨取引所ビットポイントがエイダ(ADA)のステーキングサービスを開始しました。ここではステーキングサービスの特徴から注意点、そしてビットポイントでのステーキングルール、対象となっているエイダの特徴について解説します。

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨取引所CoinTrade(コイントレード)のステーキングサービスについて解説

「CoinTrade(コイントレード)」はプライム市場上場グループが運営しているという安心感や、取引経験が少ない方でも利用しやすいサービス設計から、ユーザー数を着実に伸ばしています。22年7月14日にはステーキングサービス「CoinTrade Stake」の提供を新たにスタートしました。今回はCoinTrade Stakeについて、その概要や特徴、利用方法などを解説していきます。