SBI VCトレード、「ステーキングサービス」に3銘柄を追加

SBI VCトレード株式会社は1月1日、「ステーキングサービス」にアバランチ(AVAX)、ポルカドット(DOT)、テゾス(XTZ)を追加した。アバランチのステーキングは国内取引所では初の取扱いとなり(※2022年12月26日現在、同社調べ)、これにより同社のステーキングサービスでの取扱銘柄は、カルダノ(ADA)を含め4銘柄となる。

ステーキングとは、暗号資産を保有することがブロックチェーン維持への貢献になり、報酬が発生するという暗号資産ならではの仕組みであり、Web3時代の新たな資産運用方法として注目されている。同社の「ステーキングサービス」では通常ステーキングで必要となる申込みや手続きを行う必要はなく、対象の暗号資産を保有しているだけで収益(ステーキング報酬)を得ることができる。

【参照記事】「ステーキングサービス」に3銘柄追加のお知らせ ~国内初※アバランチ(AVAX)のステーキングを開始!DOT、XTZも~

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。