TAG インデックスファンド

投資信託コラム

SBI証券で販売額上位の投資信託は?特徴の比較も【2020年8月】

SBI証券には2,000種類を超える投資信託が用意されています。海外ETFの取り扱い数も豊富で、投信積立は100円から可能なので、誰でも自分の投資方針にあった金融商品を探し出しやすいのが主な特徴です。そこでこの記事では、SBI証券で投資信託の購入を検討している方のために、販売金額TOP10の投資信託をご紹介します。

投資信託コラム

米国株の投資信託、おすすめは?主な銘柄5つと購入可能な証券会社も

米国株に分散投資したい場合は、投資信託が選択肢に入ります。個別株を購入するよりも少額からスタートできるといったメリットもあります。そこで今回は、米国株に分散投資できる投資信託について解説していきます。「NISAやつみたてNISAで取り扱われている銘柄なのか」「どの証券会社で購入できるのか」といった情報にも触れています。

投資信託コラム

初心者の投資信託購入、選び方のポイントは?おすすめの証券会社も

「老後資金2,000万円問題」等もあり、国民の投資への意識が高まっています。こうした中、初心者でも気軽に運用できる商品として投資信託が注目されています。投資信託は資産運用をプロに丸一任することができる金融商品で、初心者にもハードルが低い商品です。そこで今回は、初心者の投資信託購入、選び方のポイントについて説明します。

投資信託コラム

インデックス投資のメリット・デメリットは?投資の注意点も

投資の世界にはさまざまな投資手法や商品があります。そのなかの1つが「インデックス投資」と呼ばれるものです。しかし、インデックス投資がどのような投資手法なのか、曖昧な方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、インデックス投資の特徴やメリット、注意点などについて解説したいと思います。

投資信託コラム

SMBC日興証券のつみたてNISA、評判は?メリットと注意点、注目銘柄も

2020年7月3日から、SMBC日興証券にてつみたてNISAの取り扱いが始まりました。「SMBC日興証券のつみたてNISAにはどんな特徴があるの?」「最近始まったサービスだからよく分からない」と疑問を持つ方に向けて、この記事では、SMBC日興証券のつみたてNISAの特徴やメリット、注意点について解説していきます。

投資信託コラム

外国株式の投資信託、メリット・デメリットは?具体的なファンドも解説

外国株式の投資信託を購入することは、日本以外の国や地域の企業への投資を意味します。全世界・先進国・新興国など、さまざまな地域に対して分散投資が可能です。この記事では、外国株式の投資信託のメリット・デメリットや購入できるファンドについて解説します。

投資信託コラム

楽天証券のつみたてNISA、評判は?メリットや注意点、注目銘柄も

楽天証券のつみたてNISAでは、毎月・毎日などの積立頻度を選択し、100円から投資することが可能です。少額投資からスタートできるため、これまで投資経験のない方でも利用しやすいでしょう。今回は、楽天証券でつみたてNISAを利用する際の特徴やメリット・注意点をまとめました。また、注目の銘柄についても詳しく解説します。

投資信託コラム

マネックス証券のつみたてNISA、評判は?メリットと注意点、注目銘柄も

マネックス証券は代表的なネット証券会社の一つです。100万人以上の利用者がおり、つみたてNISAなど様々な対象への投資ができます。今回は、マネックス証券でつみたてNISAを検討する人向けに、特徴やメリット・デメリットをまとめました。また注目の銘柄も解説します。マネックス証券での口座開設を検討する際の参考にしてください。

投資信託コラム

つみたてNISAができるネット証券会社は?主要5社を比較

つみたてNISAをはじめる場合、まずは証券会社に口座を開設する必要があります。しかし、つみたてNISAを取り扱う証券会社は多くあり、「どこを選べば良いかわからない」という声も少なからず聞かれます。そこでこの記事では、つみたてNISAの口座開設ができる5つの証券会社について、特徴やメリットについて比較しながら解説します。

投資信託コラム

松井証券のつみたてNISA、評判は?メリットと注意点、注目銘柄も

100年以上の歴史を持つ老舗の証券会社、松井証券でもつみたてNISAの口座を開設することができます。しかし、「松井証券でつみたてNISAの口座開設をするメリット・注意点は?」といった声もあるでしょう。そこで、この記事では、松井証券でつみたてNISAの口座開設をする際の特徴・メリット・デメリットをまとめました。

投資信託コラム

ノーロード投資信託のメリット・デメリットは?人気の4銘柄も紹介

投資信託は少額から投資ができ、また運用をプロに任せることができるため、初心者の方にも人気のある金融商品です。中でも最近は販売手数料のかからないノーロード投資信託が注目されています。この記事では、ノーロード投資信託のメリット・デメリットやノーロード投資信託を選ぶ際のポイント、人気の高いノーロードファンドをご紹介します。

投資信託コラム

auカブコム証券のつみたてNISA、評判は?メリットと注意点、注目銘柄も

ネット証券老舗のauカブコム証券ではつみたてNISAの口座開設ができます。しかし、「auカブコム証券を選んだ場合のメリットは?」「どのようなデメリットがある?」という疑問の声も聞かれます。そこで今回は、auカブコム証券でつみたてNISAの口座開設・取引を行うメリット・デメリットや注目銘柄について解説します。

投資信託コラム

投資信託はどんな人におすすめ?メリット・デメリットも比較

将来に向けた資産形成の手段として投資に興味を持つ方が増えています。その中でも特に人気の高いのが投資信託です。少額資金で行えるほか、運用をプロに任せることができるので初心者の方にもおすすめです。そこでこの記事では、投資信託の基本的な特徴や、メリット・デメリット、向いている人について詳しく解説します。

投資信託コラム

投資信託の信託報酬、平均・目安は?ファンド種類別に比較

2020年7月現在、日本には約6,000本の投資信託があります。膨大な投資信託の中から好みのファンドを探すのはかなり困難な作業となりますが、中でも判断尺度の一つとして馴染みやすいのが信託報酬の料率です。今回は、投資信託を選ぶ際に注意しておきたい信託報酬の料率について、その傾向をカテゴリーごとに分析したいと思います。

投資信託コラム

つみたてNISA、おすすめの銘柄は?手数料の比較や購入のポイントも

つみたてNISAは2018年1月にスタートした積立投資のための制度で、最長20年の非課税期間が設定されています。金融庁が厳選した181本の銘柄の中から金融商品を選ぶことが可能ですが、数が多いのでどれを選べば良いかは迷ってしまうことでしょう。そこで、この記事ではつみたてNISAでのおすすめの銘柄を解説していきます。

投資信託コラム

ETFの信託報酬、平均・目安はどれくらい?投資信託との比較も

ファンドを選ぶ際に注目することの一つにコストがあります。なかでも「信託報酬」はファンドの保有期間中ずっと負担し続けるもので、主要なコストとして注目されています。ETFは低コストファンドの代表として挙げられていることから、今回は、ETFの信託報酬の目安について、投資信託と比較しながら解説していきます。

投資信託コラム

投資信託の6つの比較方法を現役ファンドマネージャーが徹底解説

資産運用の中で投資信託を上手に活用していくためには、自分のライフスタイルなどに合った投資信託を選択する必要があります。しかし、2020年4月末時点で運用中の投資信託の本数は6,037本もあり、何を選んだらいいか戸惑う方も多いと思います。そこで今回は、投資信託の見るべき6つのポイントとその比較の仕方を解説していきます。

投資信託コラム

アクティブファンドとインデックスファンド、初心者が買うならどっち?

投資信託は、運用方法によって「インデックスファンド」と「アクティブファンド」の2種類に分けられます。初心者が購入する時はどちらのファンドを選べばいいのでしょうか?今回は、インデックスファンドとアクティブファンドの仕組みや違い、それぞれのメリット・デメリットを交えながらどちらを選ぶべきかを解説します。

投資信託コラム

投資信託にかかる手数料は?購入・運用・売却時のコストを解説

投資信託を始めるにあたっては、ファンド選びの際にコストも併せて確認する必要があります。投資信託のコストは購入・運用・売却それぞれの場面でかかるため、初心者の方にとっては、最初は難しい内容に感じるかと思います。そこで今回は、投資信託にかかる購入、運用、売却、その他コストをそれぞれわかりやすく解説します。