TAG JVCEA

仮想通貨コラム

仮想通貨の積立はコインチェックがおすすめ!資産形成のための積立手法を徹底解説!

FXや日本株や投資信託をされている方の中には「一部は仮想通貨で運用したいけど、毎日市況を追う時間は取れない」という方もいます。あるいは、ビットコインの買い時がよく分からない、トレードに自信がない、取引に必要な時間が取れないといった人にとってCoincheckの積立サービスは便利です。

仮想通貨コラム

仮想通貨投資は銘柄分散もあり!分散投資がしやすい仮想通貨取引所をピックアップ

仮想通貨で初めて投資に取り組む方も多くいますが、投資初心者がリスク対策のために覚えておきたい手法が分散投資です。今回は仮想通貨投資における分散投資の方法や、分散投資におすすめの仮想通貨取引所をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが解説!】暗号資産取引市場を取り巻く規制と展望

暗号資産デリバティブ取引所BitMEX(ビットメックス)を含む海外取引所が、KYC(本人確認)を導入する動きを見せています。ここへきて日本のユーザーをサービス対象外とする流れが出てきており、今後も加速することが考えらえます。今後も、海外市場で暗号資産を取引したいと考えている人は、気を付けるべきことがあります。

仮想通貨コラム

複数の口座を開設するならどこがおすすめ?今おさえておきたい仮想通貨取引所3選

投資初心者に覚えて頂きたいことは利用する取引所口座を複数設けておくことの重要性です。ハッキング対策のほか、取引所のメンテナンスやサーバーがダウンした時など、取引や入出金ができなくなる場合にも代用できます。ここでは改めて、複数口座を開設するメリットや分散投資におすすめの仮想通貨取引所をご紹介します。

仮想通貨コラム

仮想通貨のトレーディングツール、デプス(DEPTH) チャートを理解しよう

仮想通貨投資に興味を持つ方の中には「値動きが激しいので、上手くやればすぐにも数十%資産を増やせるのでは?」と期待を抱く投資家も少なくないことと思います。そこで、ここでは短期トレードのエントリーポイントを判断する上で役立つ「デプスチャート」について解説したいと思います。

仮想通貨

JVCEA、新規仮想通貨の販売の規則に関するパブリックコメント募集の結果を公表

一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は、自主規制規則にある「新規仮想通貨の販売に関する規則(案)」と「新規仮想通貨の販売に関する規則に関するガイドライン(案)」についてパブリックコメントの募集を6月25日から募集し、9月27日その結果について公表した。

仮想通貨

日本仮想通貨交換業協会、金融庁へ「2020年度税制改正要望書」を提出

日本の自主規制団体である仮想通貨交換業協会は7月19日、金融庁へ2020年度の税制改正要望書を提出した。要望書は、支払調書関係、申告分離課税関係、簡易課税制度の導入、暗号資産(仮想通貨)等の発行時に課せられる発行者への課税関係、仮想通貨のエンジェル税制の項目からなる。

仮想通貨

JVCEA、新規仮想通貨の販売の規則についてパブリックコメントを募集へ

一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は6月25日、自主規制規則にある「新規仮想通貨の販売に関する規則(案)」と「新規仮想通貨の販売に関する規則に関するガイドライン(案)」についてパブリックコメントの募集を開始した。広く一般から意見を公募することによって、決定プロセスの公正性の確保と透明性の向上を図ることを目的としている。募集期間は6月25日から7月26日までとなる。

一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)とは

一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会は、日本の資金決済に関する法律第87条に基づく認定資金決済事業者協会を指します。仮想通貨の信託業務や仮想通貨交換業の適切な実施を確保し、仮想通貨交換業の健全な発展と仮想通貨交換業の利用者の保護に貢献することを目的としています。

仮想通貨

bitFlyerがレバレッジ倍率を15倍から4倍に変更、4月22日に変更ルールの適用へ

株式会社bitFlyer(以下、bitFlyer)は2月26日、同社が運営する仮想通貨取引所bitFlyer LightningおよびLightning Futuresのレバレッジ倍率を15倍から4倍に変更すると公表した。レバレッジ取引を新規に注文するユーザーは、2019年4月22日から4倍を超える発注ができなくなる。2019年6月下旬には、全建玉を4倍に統一する予定だ。

仮想通貨

ビットポイント、最大レバレッジを25倍から4倍へ引き下げ

東証二部上場の株式会社リミックスポイントの完全子会社である株式会社ビットポイントジャパン(以下、ビットポイントジャパン)は12月28日、2019年2月上旬に証拠金取引サービスの最大レバレッジの引き下げを発表した。これにより、ビットポイントにおける最大レバレッジは25倍から4倍へ引き下げとなる。