JVCEA、新規仮想通貨の販売の規則に関するパブリックコメント募集の結果を公表

一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は、自主規制規則にある「新規仮想通貨の販売に関する規則(案)」と「新規仮想通貨の販売に関する規則に関するガイドライン(案)」についてパブリックコメントの募集を6月25日から募集し、9月27日その結果について公表した。

今回の自主規制規則とガイドラインは、新規仮想通貨の販売業務やトークンセール(ICO)に関する規則となる原案だ。ICOは、企業や発行者が発行するトークンを販売することで、一般投資家から資金調達を行う。ガイドラインでは、発行したトークンが新規仮想通貨に該当する場合、発行者がその仮想通貨を自ら販売する行為は、基本的に仮想通貨交換業に該当するとしている。

JVCEAがパブリックコメントを募集したところ、11の個人及び団体より合計50件の意見が集まった。公表されているページには寄せられた意見に対して1つずつ、協会の考え方が記載されている形となっている。また同規則と同ガイドラインについては9月27日から適用される。

ICOは小規模な企業でも資金を調達できる手段として注目を集めたが、規制やガイドラインがなかったためにトラブルに発展した事例も多かった。規制のない環境では投資家は警戒心をもたざるを得ないが、規制によって新技術の開発が必要以上に抑制されてしまう可能性もある。ブロックチェーン技術が進展するためにも、明確なガイドラインの規定が望まれている。

【参照記事】「新規仮想通貨の販売に関する規則」及び「新規仮想通貨に関する規則に関す るガイドライン」の制定に関するパブリックコメント募集の結果について公表しまし た。


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。