TAG 雇用統計

FXコラム

auカブコムFXの評判は?スプレッドや取引ツールを徹底解説

auカブコム証券株式会社が提供しているFXサービス「auカブコムFX」。auカブコムFXにはMUFGグループが運営会社であることや自動売買ができることなどのメリットがあり、取引を検討している方もいるのではないでしょうか。そこで今回はauカブコムFXのリアルな評判を紹介していきます。また取引するにあたり重要なスプレッドや取引ツールなどについても解説していきます。auカブコムFXを検討している方はぜひ参考にしてください。

FXコラム

アメリカの雇用統計を受けてドル円はどうなる?利下げ見通しや為替介入も解説【2024年4月】

2024年4月現在、アメリカのインフレ再燃が懸念されており、労働市場が落ち着いてくるかに注目が集まる中、アメリカの雇用統計が発表されました。本稿では、プロトレーダーの筆者が、雇用統計や今後のドル円の方向性について解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

アメリカ雇用統計でドル円はどうなる?マイナス金利解除やアメリカの利下げも解説【2024年3月】

2024年3月現在、アメリカの雇用統計が発表されました。先月の数字が強かったことや、アメリカの利下げ期待が強まる中での発表だったため、市場の注目を集めました。本稿ではプロトレーダーの筆者が、雇用統計の内容を詳細に解説し、今後のドル円のポイントを解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

アメリカの雇用統計は予想を大幅に上回る強さに 今後のドル円相場や注意点も解説【2024年2月】

2024年2月現在、アメリカの雇用統計にて予想を大幅に上回る強い数字が発表され、市場の注目が集まっています。一方で労働市場に関するその他の指標を見ると、決して労働市場が強いと言い切れないデータが出ており、慎重に判断する必要があります。本稿ではプロトレーダーの筆者が、アメリカの雇用統計や労働市場のその他の指標を整理し、ドル円を中心に今後の相場展開を解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

ドル円の見通しは?雇用統計のポイントや日銀の動向も解説【2024年1月】

2024年1月現在、アメリカで雇用統計が発表され、市場の注目が集まりました。ドル円の値幅も大きくなり、今後のトレード戦略を練り直している方は多いのではないでしょうか。本稿ではプロトレーダーの筆者が、雇用統計やドル円の動きを解説し、今後の展開を予想します。参考にしてみてください。

FXコラム

GMOクリック証券(FXネオ)の取引ツールの使い方は?トレーダーが解説

GMOクリック証券のFXサービス「FXネオ」は、年間のFX取引高が9年連続で日本国内1位、2021年1月29日にはFX取引高が世界一を達成するなど、多くのトレーダーからの支持を得ています(2022年1月20日現在)。多くの人に選ばれる理由として、取引ツールがトレーダーにとって使いやすいということが挙げられます。今回は、トレーダー視点で、FXネオの取引ツールの使い方について、解説します。

FXコラム

ドル円は急落し130円台に突入するか?アメリカCPIとFOMCも解説【2023年12月】

2023年12月現在、アメリカではCPIとFOMCの内容が発表されました。先に発表された雇用統計が、強い数字であったため、注目が集まりました。本稿では、プロトレーダーの筆者が、アメリカのCPIとFOMCの内容や、市場の反応、トレード戦略を解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

ドル円急落の原因は?雇用統計の結果や今後のドル円動向も解説【2023年12月】

2023年12月現在、アメリカでは雇用統計が発表されました。雇用統計の発表前には、ドル円が急落しており、今後の動向に注目が集まっています。本稿では、プロトレーダーの筆者が、雇用統計の結果や、ドル円急落の背景、今後のドル円動向を解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

FXでスプレッドが変動する理由は?約定力が高いFX会社3社の比較も

FX投資をしていると、スプレッドの拡大や縮小が起こることがあります。また、スプレッドが拡大したことで、約定価格がずれるスリッページや、注文が約定されない約定拒否を経験された方もいるのではないでしょうか。この記事ではスプレッド幅についての解説と、取引する場合の対応策を紹介します。

FXコラム

ドル円はドル安トレンドに転換?FOMCや雇用統計、金利について解説【2023年11月】

2023年11月現在、弱い雇用統計とFOMCを受け、長く継続していたドル高トレンドが、転換する可能性が浮上しました。本稿では、プロトレーダーの筆者が、アメリカのFOMCと雇用統計の内容や、ドル円や米株への影響と今後の展望について解説します。参考にしてみてください。

FXコラム

米国の雇用統計とCPIを受けたドル円の今後は?日銀やトレード戦略も解説【2023年10月】

2023年10月現在、アメリカではFOMCを月末に控えて、重要指標である雇用統計とCPIが発表されました。雇用統計とCPIはアメリカの利上げ見通しに関係し、ドル円に影響を与える指標です。本稿ではプロトレーダーの筆者が、アメリカの雇用統計とCPIや、ドル円のトレード戦略とポイントを解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

米国の雇用統計は強弱混在でドル円はどうなる?利上げ見通しやポジションの取り方も解説【2023年9月】

2023年9月現在、アメリカで再度利上げが行われるかに市場参加者の注目が集まっています。本稿では利上げ予想に影響を与える雇用統計を解説し、ドル円相場を解説します。プロトレーダーの筆者がポジションの取り方も解説しますので、是非参考にしてみてください。

FXコラム

ドイツ銀行のドル円予想から考える2023年内の相場は?プロトレーダーが解説

023年3月現在、ドル円が大きく変動しています。市場では次々と新たな材料が出てきており、方向性の判断が難しくなっています。その中でドイツ銀行は、ドル円が85円になるとの予想をだしました。円高警戒感が強くなっていると言えるでしょう。ドイツ銀行のドル円85円のシナリオの意味合いと、今後のドル円相場の方向性について、プロトレーダーの筆者が解説します。

FXコラム

シリコンバレーバンクの破綻でドル円はどうなる?雇用統計の結果や市場の動向を解説

2023年3月現在、注目されていたアメリカの雇用統計が発表されました。市場は大きく変動しました。背景として、雇用統計だけではなく、シリコンバレーバンクの破綻も焦点となりました。そこで今回は、プロトレーダーの筆者が、雇用統計の結果とシリコンバレーバンクの破綻について解説します。

FXコラム

米国CPIを受けて市場は乱高下、米国株高はどうなる?【2023年2月】

2023年2月現在、アメリカでは予想以上の雇用統計の数字を受けて、再度政策金利の引き上げ懸念が高まっています。今後のインフレ動向を予想する上で、消費者物価指数に注目が集まっています。今回はプロトレーダーの作者が、消費者物価指数の詳細な結果と、数字を受けた市場の反応、そして今後の動向について解説します。

FXコラム

FOMCと雇用統計でドル円はどうなる?2月の相場動向も解説【2023年】

2023年2月現在、アメリカのFOMCと雇用統計の結果を受け、市場は大きく動いています。特に雇用統計では、予想を大きく上回る強い数字が出ました。雇用統計の結果は、今後の利上げ見通しにも影響を与えています。この記事では、為替の値動きの背景や今後の動向を、プロトレーダーである筆者が解説します。