TAG 空き家再生

京町家リノベでクチコミ平均4以上の高稼働ホテルに変身。ペット可施設も人気!地域共生の空き家再生で全国展開を狙う〈立志社〉投資ニュース

京町家の保全・再生事業ベンチャーがFUNDINNOでクラウドファンディング。2029年に年商19億目指す

株式投資型クラウドファンディング(CF)プラットフォーム「FUNDINNO(ファンディーノ)」で8月2日、新規案件「京町家リノベでクチコミ平均4以上の高稼働ホテルに変身。ペット可施設も人気!地域共生の空き家再生で全国展開を狙う〈立志社〉京都の景観をそのまま生かし町家をホテルに。』が公開された。

投資・マネーコラム

誰も住んでいない実家はどうするべき?空き家を放置せずに済む3つの方法を解説

実家に誰も住んでいない場合でも「手放すのは寂しい」という理由で所有し、放置してしまう方は多いのではないでしょうか。本記事では、空き家を放置することで生じるリスク、空き家を放置せずに済む3つの方法、売却する場合の注意点を解説していきます。

投資・マネーコラム

相続登記の義務化はいつから?新制度の内容と不動産相続の注意点も

2021年4月に不動産登記法・民法の一部改正・相続土地国庫帰属法の創設が成立・公布され、相続登記の義務化、不要な土地を国に帰属する制度が発足することが決定しました。不動産登記法の改正により取得を知った日から3年以内に相続登記の申請が義務付けられます。本記事では、相続登記義務化の背景、新しい制度の内容、不動産相続にあたっての注意点を解説していきます。

投資・マネーコラム

空き家対策に使える補助金・助成金は?自治体の主な取り組みや調べ方を解説

地方自治体では、空き家問題が社会問題化している背景もあり、様々な空き家対策に利用できる補助金・助成金制度を設けています。本記事では、各自治体の取り組みを整理し、空き家対策に利用できる補助金・助成金についても分かりやすく分類して説明します。

投資・マネーコラム

空き家投資のメリット・デメリットは?始め方や注意点も

全国的な人口減少を背景に社会問題にもなっている空き家ですが、空き家投資に活用できれば、投資家としては資産運用と社会貢献の両立ができ、メリットの大きい投資手法と言えます。そこで、本記事では、初心者が空き家投資を始める際の手順や注意点を紹介します。

投資・マネーコラム

空き家を売るか貸すか、見分けるポイントは?メリット・デメリットを比較

空き家を有効に活用したいが、売るべきか貸すべきか、資産運用としてどちらが正解なのか分からない、という方は多いのではないでしょうか。本記事では、空き家を売る場合と貸す場合の、メリットとデメリットを整理し、何をポイントにしてどのように判断すればよいのか、を考えていきます。

投資・マネーコラム

空き家を借家にして売却する「オーナーチェンジ売却」のメリットと注意点

空き家の売却を検討している方の中には、なかなか買主が見つからずに困っている方も多いのではないでしょうか?売却方法の1つにオーナーチェンジ売却という選択肢があります。この記事では、オーナーチェンジ売却のメリットと注意点について解説します。

国内不動産投資

利回り6%~8%、1口1万円から。FANTAS funding 23日に第8回目の出資募集開始

FANTAS technology株式会社は不動産投資型クラウドファンディング「FANTAS funding」の8回目の案件の募集を4月23日午後6時から開始する。募集はFANTAS repro(空き家再生)PJ(プロジェクト) 4件、 FANTAS check(中古不動産流通)PJ 3件の計7件で募集総額は9552万円。

国内不動産投資

ファンタステクノロジーの投資型CF、空き家再生への出資応募は開始30秒で終了

投資型クラウドファンディングFANTAS Fundingを手がけるFANTAS technology株式会社(以下、ファンタステクノロジー)は13日、第一回目の出資応募を開始し、FANTAS repro(空き家再生)PJ第1号案件への出資受付がわずか30秒で終了したと発表した。