「FANTAS funding」賃料収益の分配で運用するインカム型で11日より募集開始

FANTAS technology株式会社は不動産クラウドファンディング「FANTAS funding」で初となるインカム型(賃料収益の分配)の案件を11日午後6時から募集開始する。

FANTAS fundingは空き家の有効活用化をターゲットに、これまで30件のファンドの募集で累計約4億円以上を調達、空き家再生や中古不動産の流通促進を進めてきた。これまでの案件ではキャピタル重視型(売却益の分配)で4〜8カ月間の運用が中心だったのに対し、今回はインカム型で1年間の中期的な運用を行う。

本案件では東京都渋谷区の区分マンションの1室を取得、運用。家賃収入からなる賃貸事業収益を投資家への分配原資へ充当する。案件名は「FANTAS check(中古不動産流通) PJ 第19号」で、募集金額は2712万円。1年間の運用期間で利回りは4.7%を設定する。FANTAS check(旧サービス名HAYAGAI)は、不動産の所有者からの「適正価格ですぐに売りたい」というニーズから生まれたAI(人工知能)による当社独自の自動査定サービス。これをクラウドファンドサービスへ転用、展開するプロジェクトだ。なお、売買に伴う損益は劣後匿名組合員(営業者)へ充当される。

インカム型は賃貸事業収益を主な分配原資としており、満期の分配となる。空室が発生した場合は分配金が想定を下回るリスクもある。同社は今回の募集について「不動産投資を身近なものにし、より多くの人の資産形成の手段の一つとなるよう様々なバリエーションの募集を行う」としている。

【関連サイト】FANTAS funding

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」