TAG 海外不動産投資

Hedge Guide おすすめの海外不動産投資会社(無料相談あり)

海外不動産投資で頼りになるパートナー会社をお探しの方へ

海外不動産投資の会社ビヨンドボーダーズは、海外の物件選びから賃貸付け・管理・売却までワンストップで対応する国内有数の海外不動産投資会社です。タイ・ベトナム・マレーシアなどの東南アジアやアメリカでの投資が可能です。また、初心者向けに海外不動産セミナーや無料相談なども実施していますので、ぜひ一度話を聞いてみると良いでしょう。

投資・マネーコラム

海外不動産投資、どの国がおすすめ?国別のメリット・デメリットを比較

近年では海外不動産投資を扱う不動産会社も増え、日本にいながら様々な国で不動産投資できるようになってきています。そこでこの記事では、投資先の国を選ぶうえでのポイントと各国の特徴について解説します。海外不動産投資における各国の特徴を知りたい方はご参考下さい。

海外不動産投資

新興国の不動産に投資できるCF「TECROWD」予定分配率8%の2号ファンドを4月15日より募集開始

新興国の不動産に投資できるクラウドファンディング(CF)「TECROWD」(テクラウド)を運営するTECRA株式会社は、テクラウドの2号ファンドとなる「Ambassador Residence(アンバサダーレジデンス)」を4月15日から販売開始する。最低出資金額10万円。年間の予定分配率は8.0%。

投資・マネーコラム

海外不動産投資、投資物件の探し方は?4つの手順とみるべきポイントも

海外不動産投資は異なる通貨による資産分散の手段としても有効ですが、物件を探すには、何から始めたら良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、海外不動産投資で物件を探す手順と、国や物件を選ぶ上で比較すべきポイントなどについて解説します。

海外不動産投資

コロナ禍でもインバウンド投資は拡大。CBRE「インバウンド投資・アウトバウンド投資 日本2020年」

CBREグループの日本法人であるシービーアールイー株式会社(CBRE)が3月22日に発表したレポートが3月22日に発表したレポート「インバウンド投資・アウトバウンド投資 日本2020年」で、海外投資家による日本へのインバウンド不動産投資額は前年に比べて24%増の117.1億USドルとなり、新型コロナウィルス感染拡大防止による渡航制限下でも、日本国内にマネージャーを持つ海外投資家は投資を継続していることがわかった。

投資・マネーコラム

TECROWD(テクラウド)のメリット・デメリットは?投資リスクや注意点も

不動産投資型クラウドファンディングの中でも、「TECROWD(テクラウド)」は2021年2月に登場した比較的新しいサービスです。不動産施工業者を源流とする、TECRA株式会社が運営を行っています。そこで、本記事ではTECROWDの特徴やメリットなどを他社と比較しながら解説します。

投資・マネーコラム

どこがおすすめ?初心者に人気の海外不動産投資セミナー4選

世界経済の好調を背景に海外不動産投資に興味を持つ方が増えていますが、ネットや書籍だけではリアルタイムの情報が得られないと悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回は最新の海外物件の選び方や収益性が高い運用方法などを学べる海外不動産投資セミナーを4つご紹介します。