TAG 海外不動産投資

Hedge Guide おすすめの海外不動産投資会社(無料相談あり)

海外不動産投資で頼りになるパートナー会社をお探しの方へ

海外不動産投資の会社ビヨンドボーダーズは、海外の物件選びから賃貸付け・管理・売却までワンストップで対応する国内有数の海外不動産投資会社です。タイ・ベトナム・マレーシアなどの東南アジアやアメリカでの投資が可能です。また、初心者向けに海外不動産セミナーや無料相談なども実施していますので、ぜひ一度話を聞いてみると良いでしょう。

投資・マネーコラム

海外不動産投資の利回りは?国別の特徴やリスクも比較して解説

2021年時点、日本人投資家が不動産投資をできる海外の国はたくさんあるため、どこの国であれば高い利回りを狙えるのか知りたいという人もいるのではないでしょうか。この記事では、国ごとの利回りについて比較するとともに、各国のリスクなどについても解説します。

投資・マネーコラム

ベトナム不動産投資で注意すべきリスクは?他国との比較も

2015年に外国人による不動産所有の規制が解禁されたこともあり、ベトナムは海外不動産投資においても利益を狙える投資先です。しかし、ベトナム不動産投資には新興国ならではのリスクもあります。ベトナム不動産投資のリスクとともに、他の国とリスクを比較した時の考え方などについて解説します。

投資・マネーコラム

マレーシア不動産投資で注意したい4つのリスクとは?それぞれ対策も

マレーシアは新興国の中でも経済発展や人口増加が長期継続しており、成長が著しい国です。マレーシアで不動産投資を行うことで、経済発展を背景としたさまざまなメリットを期待することができます。この記事では、マレーシア不動産投資で要注意のリスクを4つ紹介するとともに、対策についても解説します。

投資・マネーコラム

経営者が海外不動産投資を始めるメリット・デメリットは?注意点も

日本国内の不動産市場では人口減少などによって今後市場の縮小が予測される一方、成長著しい国も多いことから、海外不動産投資に注目する方も少なくありません。本記事では、経営者の方が海外不動産投資を始めるメリット・デメリットに加えて、要注意のリスクについても解説します。海外不動産投資を検討している方はご参考ください。

投資・マネーコラム

医師が海外不動産投資を始めるメリット・デメリットは?注意点も

高所得者の方の資産運用には様々な方法がありますが、長期的な資産運用を比較した時に、人口増加や経済成長が著しい海外の不動産に投資することも選択肢の一つとなります。この記事では、医師による海外不動産投資が持つメリット・デメリットや要注意のポイントについて解説します。

海外不動産投資

海外投資家の21年上半期のインバウンド不動産投資額は43億ドル、前年同期比42%減。CBRE調査

不動産サービス大手のシービーアールイー(CBRE)が9月16日に発表したスペシャルレポート「「日本のインバウンド投資・アウトバウンド投資2021年上期」で、海外投資家による日本のインバウンド不動産投資額は43億ドルで前年同期比42%減となった。

投資・マネーコラム

パタヤ不動産投資のメリット・デメリットは?リスクや注意点も

タイは日本人からの人気が高いエリアであり、海外不動産に投資するならタイの物件を購入したいという人もいます。タイの首都であるバンコクのほか、リゾートエリアのパタヤもタイ不動産投資における選択肢の1つです。この記事では、パタヤの不動産に投資するメリットと、注意すべきリスクなどについて解説します。

投資・マネーコラム

TECROWD(テクラウド)の評判・口コミは?特徴や注意したいリスクも

TECROWD(テクラウド)は、数ある不動産投資型クラウドファンディングの中でも、モンゴルをメインに中央アジアの不動産物件に投資できる特徴的なクラウドファンディングサービスです。今回はTECROWDの評判や口コミとともに、サービスの概要・特徴、注意したいリスクについて紹介します。TECROWDで海外不動産投資を考えている方はご参考ください。