TAG 業績

株式投資コラム

円安メリットのある各業界の主要銘柄は?株価推移や今後の見通しも

22年に入り急激な円安が進行していますが、この円安に起因する「円安メリット」によって株価が上昇している銘柄がいくつかあります。

円安メリットは一般的に輸出企業において顕著に表れるとされており、これらを見極め、うまく利用することによって、より有利にトレードを進めることが可能です。

そこで今回は、2022年11月における円安メリットのある各業界の主要銘柄について、その株価推移や今後の展開などを詳しく解説していきます。

ESG投資コラム

ヤマハ発動機のESG・サステナビリティの取り組みは?株主優待情報も【2022年11月】

世界的な自動二輪メーカーであるヤマハ発動機は、ESGやサステナビリティの取り組みにも力を入れている企業です。最近、日本でもESG投資残高が拡大を続ける中、ヤマハ発動機の取り組みは外部から高い評価を得ているため、持続的な成長が見込める企業として注目している方もいるのではないでしょうか。

この記事では、ヤマハ発動機の特徴やESG・サステナビリティの取り組み内容について詳しくご紹介します。株価動向や株主優待情報なども併せて解説するので、ESG投資に関心のある方や、銘柄選びで悩んでいる方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

カシオ計算機のESG・サステナビリティの取り組みは?株価・配当推移も

持続可能な社会の実現を目指すESGやサステナビリティの取り組みを行う企業が増える中、時計メーカーとして知られるカシオ計算機もその中の一つに含まれます。カシオ計算機では、脱炭素社会の実現やダイバーシティを重視した企業活動を長年行っているほか、その取り組みは外部からも高く評価されているため、注目している方もいるのではないでしょうか。

この記事では、カシオ計算機のESG・サステナビリティの取り組み内容を詳しくご紹介します。また、企業の特徴、株価動向、配当推移も解説するのでご参考ください。

ESG投資コラム

豊田通商のESG・サステナビリティの取り組みは?株価・配当推移も

豊田通商はトヨタグループ唯一の総合商社です。直近では通期業績予想の上方修正を発表したばかりなので事業拡大を伺える展開となっているほか、ESGやサステナビリティに対しても積極的に取り組んでいるため、投資対象として注目している方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、豊田通商のESG・サステナビリティの取り組み内容をご紹介します。また、企業の特徴や株価動向、過去の配当推移についても解説しているので、参考にしてみてください。

ESG投資コラム

川崎汽船のESG・サステナビリティの取り組みは?配当推移も

環境・社会課題の解決や持続可能な社会を目指すため、経営にサステナビリティを取り入れる企業が増えており、最近は投資家に対する大きなアピールにもなっています。海運大手で知られる川崎汽船株式会社では、「“K”LINE 環境ビジョン2050」を策定し、環境保全と持続可能な社会の実現に向けた活動を積極的に行っているため、注目している方もいるのではないでしょうか。

この記事では、川崎汽船のESGやサステナビリティの取り組み内容について詳しく解説していきます。また、最新の株価動向および配当情報についても紹介しているので、関心のある方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

セイコーエプソンのESG・サステナビリティの取り組みは?株価・配当推移も

持続可能な社会の実現を目指すにあたり、企業の社会的責任が要求されるようになり、ESGやサステナビリティ経営が世界的に重要なテーマとなっています。プリンターの「EPSON」で知られるセイコーエプソン株式会社では、環境や社会に配慮した製品を通じて、持続可能な社会の実現に貢献しているため、注目している方もいるのではないでしょうか。

この記事では、セイコーエプソンのESG・サステナビリティの取り組み内容について詳しくご紹介します。また、企業の特徴、最近の株価動向、株主還元情報も解説するので、興味のある方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

NECの将来性とESGの取り組みは?株価推移、配当情報も

NEC(日本電気)は日本を代表する電子機器メーカーの1つです。社会的なシステム基盤、ITソリューション、ソフトウェア、ネットワークなどの事業を手掛けています。

またNECはESGを重視している企業でもありますが、どのような取り組みを行っているのでしょうか。この記事ではNECの事業概要や業績、ESGの取り組みなどを紹介します。NECについて知りたい方、将来性を判断したい方は参考としてください。

ESG投資コラム

ミネベアミツミのESG・サステナビリティの取り組みは?配当推移も

ミネベアミツミは、ミネベアとミツミ電機が経営統合して誕生した会社で、世界でも高いシェアを持つ総合精密部品メーカーです。それぞれの会社が持っていた高い技術力を掛け合わせることでシナジー効果を生み出している一方、ESGやサステナビリティに対しても積極的に取り組んでいるため、注目している方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ミネベアミツミのESGやサステナビリティの取り組み内容について詳しく解説します。ミネベアミツミの特徴を知りたい方、ESG投資を検討している方は、参考にしてみてください。

ESG投資コラム

アドバンテストのESG・サステナビリティの取り組みは?株価・配当推移も

アドバンテストはここ数年で大きく業績を伸ばしている企業です。2022年に入ってからは株価が大きく下落する局面もある一方、ESGやサステナビリティの取り組みについて外部から高い評価を受けている銘柄でもあり、注目している方もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事ではESG投資の判断基準になるアドバンテストのESG・サステナビリティの取り組み内容について詳しくご紹介します。企業の特徴や株価動向、配当推移などの情報も併せて解説するので、ご参考ください。

伊藤忠商事のESGの取り組みや将来性は?業績や配当も【2022年11月】

伊藤忠商事は日本における5大総合商社の1つで、三菱商事や三井物産と並ぶ存在です。商社は金属やエネルギーなどの資源分野に強みがありますが、伊藤忠商事は非資源分野にも注力しているのが特徴です。またサステナビリティを重視する経営も行っており、ESGに関連する取り組みは高く評価されています。

この記事では伊藤忠商事の概要やESG関連の取り組み、業績について解説します。伊藤忠商事について知りたい方は参考にしてください。

ESG投資コラム

アサヒグループHDの将来性とESGの取り組みは?株価推移、配当・優待情報も【2022年10月】

アサヒグループホールディングスといえば、ビール・発泡酒などのアルコール、緑茶・コーヒーといった飲料の製造・販売を手掛ける大手企業です。また近年注目されているESG分野に注力している企業でもあります。現在の業績や配当・優待はどのようになっているのでしょうか。

今回はアサヒグループHDの株価推移や業績、ESGに関する取り組みを紹介します。興味のある方は参考にしてください。

ESG投資コラム

小松製作所(コマツ)の株価推移は?ESGの取り組みや将来性、配当・優待情報も【2022年9月】

小松製作所(コマツ)といえば、ショベルカーなどの建設機械や鉱山機械などを手掛けることで知られていますが、ESGに注力している企業でもあります。現在の業績や配当・優待はどうなっているのでしょうか。

今回は小松製作所の株価推移や業績、ESGに関する取り組みなどを紹介します。小松製作所について知りたい方は参考にしてください。

株式投資コラム

メタバース業界のシェア上位は?業績や株価推移も【2022年9月】

メタバースとは、仮想空間のことです。仮想空間でアバターと呼ばれる自身の分身を使い、現実の世界のような社会生活が体験できます。具体的には、会議やコンサート、買い物に旅行などを様々な仮想空間で体験できます。

メタバースの市場規模は2020年時点で約4,800億ドル。体験する際に必要な専用ゴーグル、コントローラー、ハイスペックPC、暗号資産取引口座等が必要で、すそ野の広い業界でもあります。

市場は拡大傾向にあり、市場規模は2024年に約8,000億ドルに達する可能性もあるとされています。株式市場ではメタバース市場の拡大とともに、関連銘柄が注目されています。

今回は、成長過程にあるメタバース関連業界の上場銘柄からシェア上位銘柄を解説します。

株式投資コラム

AI業界のシェア上位は?業績と事業概要、株価推移も【2022年8月】

IT技術の進化により、AI(人口知能)が様々な業界で活用されるようになりました。金融業界ではクレジットカードの不正利用検知やAIによる資産運用、製造業では適正在庫の管理、広告業界のターゲットを絞り込んだデジタル広告などで利用されています。

日本では2021年9月にデジタル庁が設置され、政府によりDX(デジタルトランスフォーメーション)が推し進められています。株式市場でもAI関連銘柄に関心が集まっています。

そこで、今回は日本企業を中心にAI業界のシェア上位銘柄について解説します。

株式投資コラム

米国上場企業の決算の読み方や注目の指標は?企業の決算事例も

米国の上場企業は年に4回、四半期ごとに決算内容の公表が義務付けられています。毎年1、4、7、10月の中旬から決算シーズンを迎えます。米国企業の株を保有している投資家にとっては、見逃せない大きなイベントです。

報告書はもちろん英語で書かれていますが、いくつかのキーワードを理解していれば業績の良し悪しは把握できます。この記事では米国株初心者の方々向けに決算書(主に損益計算書)の読み方や、決算報告書を理解するうえで必須の単語などをお伝えします。

株式投資コラム

電気自動車(EV)のシェア上位と注目メーカーは?業績と株価推移も【2022年7月】

2021年度の世界の電気自動車販売台数は前年比2倍となり、特に欧州や中国で急増しています。

電気自動車といえば米国のテスラが代表的なメーカーですが、中国のBYDやSGMW(上汽通用五菱汽車)などの存在感も大きくなっています。そこで今回は、電気自動車(EV)の世界シェア上位と注目メーカーの業績について解説します。

株式投資コラム

2022年7月の高配当銘柄10選、利回りや株主優待、株価推移を比較

高配当銘柄は、配当金と売却益の両方を狙えるほか、銘柄によっては株主優待も受け取れるので、注目している方もいるのではないでしょうか。しかし、利回りの高い銘柄には、減配や無配などのリスクもあるため、投資指標を参考に企業業績などをチェックすることも大切です。

この記事では、2022年7月の高配当銘柄および高配当銘柄を選ぶポイントをご紹介します。具体的な利回りや株価推移についても解説しているので、高配当銘柄の購入を検討している方は、参考にしてみてください。

株式投資コラム

日本のインバウンド復活期待銘柄は?プロが選ぶ5社の強みとリスク【2022年7月】

2022年6月1日から水際対策が緩和され、1日当たりの入国者数の上限が1万人から2万人に引き上げられました。また、6月10日からは団体ツアー客など限定で観光目的の入国も認められ、徐々に外国人観光客の増加が見込まれます。

観光庁によると2019年の外国人旅行客(3,188万人)の消費額は約4.8兆円でした。しかし、新型コロナの影響で外国人旅行者数が2020年には411万人に激減。それに伴い、消費額は0.7兆円と、2019年と比較すると4兆円も減少してしまいました。

今後、外国人観光客の増加が見込まれることで、インバウンド消費の拡大が期待されます。なお、為替市場で円が下落していることも外国人観光客にはメリットです。そこで、今回はインバウンド関連銘柄5社の強みやリスクについて解説します。

株式投資コラム

アマゾンやアルファベット、米有名企業が株式分割。投資家が注意すべき点は?

米国市場で上場する主要企業の間で株式分割が目立ちます。アマゾンやグーグル親会社のアルファベットなど、ナスダック100指数を構成する有名企業計4社が2022年の6月から7月中旬までに実施する予定です。

今回は、投資家にとっての株式分割のメリットや、アマゾンとアルファベットがダウ平均に採用される可能性があることについて説明します。