TAG 株主優待

150種以上のレシピ開発で有名アニメと多数コラボ!東京・三鷹発ビールベンチャー「OGA BREWING」投資ニュース

三鷹のクラフトビールメーカー「OGA BREWING」が株式投資型CF「イークラウド」で募集へ

株式投資型クラウドファンディング(CF)プラットフォーム「FUNDINNO(ファンディーノ)」で2月4日、新規案件「【長崎県も応援!】現役理学療法士が開発。AIを活用した140項目のコードで介護現場のDX化を促進する介護従事者支援システム『iTherapy』」の情報が公開された。

【産学官連携】国内外から視察が訪れる先進的モリンガファームが登場!別名“奇跡の木”で体と地球の健康を目指す「アマーサ」ESG投資

スーパーフード「モリンガ」の国内普及を目指して。栽培ベンチャーがFUNDINNOで資金調達へ

株式投資型クラウドファンディング(CF)サービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で2月1日、「【産学官連携】国内外から視察が訪れる先進的モリンガファームが登場!別名“奇跡の木”で体と地球の健康を目指す『アマーサ』」の情報が公開された。

【第2回】〈世界約80カ国で10万DL突破〉世界が熱視線!日本発祥の「コスプレ」「Vtuber」を融合させ、独自のアプリ・ビジネスを展開する「KAWAII JAPAN」投資ニュース

日本の「カワイイ」を世界に。コスプレ応援アプリ・メディア運営のベンチャーがFUNDINNOで2回目のCFへ

コスプレ用アプリを軸としたメディアやSNS事業を展開するKAWAII JAPAN株式会社は、株式投資型クラウドファンディング(CF)サービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で2月4日から10日まで募集による投資申込の受付を実施する。

ESG投資コラム

ヤマハのESGの取り組みや将来性は?株価推移、配当・優待情報も

国連でSDGsが採択されて以降、ESGやサステナビリティを重視する流れは強まっています。企業も自社の利益追求のみならず、環境や人権など幅広い課題の解決に貢献するよう求められています。

ヤマハは楽器や音響機器の製造・販売を手掛けるメーカーであり、ESGでも同社の強みである「音楽」をテーマとした興味深い取り組みを行っています。今回はヤマハのサステナビリティの取り組み、株価推移や業績について解説します。

【エコな低温物流革命】無電源の特殊保冷技術でCO2削減と食品ロス解決を実現!グローバル対応のDXソリューションで輸送状況の可視化に挑む「アイスバッテリーシステム」投資ニュース

低温物流のCO2大幅削減、フードロスも解決する「アイスバッテリーシステム」とは。高性能保冷剤メーカーがFUNDINNOで資金調達へ

株式投資型クラウドファンディング(CF)プラットフォーム「FUNDINNO(ファンディーノ)」で1月6日、新株予約権型の新規案件「【エコな低温物流革命】無電源の特殊保冷技術でCO2削減とフードロス解決を実現!グローバル対応のDXソリューションで輸送状況の可視化に挑む『アイスバッテリーシステム』」が公開された。

大手食品メーカーも多数参加!生活者の食卓体験からファンを創出し業績アップを支援。脱・広告モデルの新世代SNS「スナップディッシュ」投資ニュース

自宅の料理でファンマーケティング活動を。食卓体験プラットフォーム運営企業がFUNDINNOで資金調達へ

一般家庭で作られる料理の写真を共有できる食卓体験プラットフォーム「SnapDish(スナップディッシュ)」を提供するヴァズ株式会社は、株式投資型クラウドファンディング(CF)サービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で2023年1月11日午後7時から17日まで募集による投資申込みの受付を実施する。

【東工大発AIベンチャー】ノートPCでも稼働する日本発高機能AI「SOINN®」。国内外で特許取得し気候変動や労働力不足等の社会課題に挑む投資ニュース

高機能AIで気候変動や労働力不足に挑む。東工大発ベンチャーがFUNDINNOでCF

株式投資型クラウドファンディング(CF)サービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で450号案件「【東工大発AIベンチャー】ノートPCでも稼働する日本発高機能AI『SOINN』。国内外で特許取得し気候変動や労働力不足等の社会課題に挑む」が公開された。新株予約権型で、発行者はSOINN株式会社。

ESG投資コラム

TOTOのESGの取り組みや将来性は?株価推移、配当・優待情報も

投資家が投資先を検討する際、ESGを重視する傾向が強まっています。企業側は外部からの期待に応えるため、ESGを経営に取り入れるようになりました。

今回はTOTOのESG関連の取り組み、業績、株価推移などについて紹介します。同社はトイレなど水まわりの設備に強みのある企業ですが、ESGではどのような取り組みを行っているのでしょうか。

業界歴14年取引実績1,000社超。声優の活躍フィールドをより広く、深く!観光協会・自治体などと連携し全国に声優を送り出す「オブジェクト」投資ニュース

声優の活躍の場を日本全国に。音響制作会社がFUNDINNOで新たな協業ビジネスを提案

株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」で12月14日、新規案件「世界有数のユニコーン輩出都市で起業・エグジットしたCEOが牽引!海外メーカー等約40社の技術を繋ぎ、サービスロボット実装を進める『RobotBank』」が公開された。

ESG投資コラム

富士フイルムのESG・サステナビリティの取り組みは?株主優待情報も

精密化学メーカーとして知られる富士フイルム株式会社は、気候変動などの環境問題に対して、環境に配慮した生産活動や環境性能を持つ製品の普及を推進しているほか、写真事業で培った技術を活かし、高機能カメラ、医療機器、オフィス機器などの製品を通じて、人々の健康や生活の質向上に貢献しています。

この記事では、富士フイルムのESG・サステナビリティの取り組み内容について詳しく説明していきます。最新の業績や株価動向、株主優待情報についても解説しているので、ESG投資に関心がある方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

資生堂のESG・サステナビリティの取り組みは?格付けや株主優待も

資生堂は約120の国と地域で事業展開をしているグローバル企業で、日本発のグローバルビューティーカンパニーを目指し、化粧事業だけでない新しい商品や価値を創造しています。

同社は、社会価値の創造を通じてサステナブルなよりよい世界を実現することを目標として掲げています。2022年12月に地球環境の負荷軽減とジェンダー平等の目標を設定したサステナビリティ・リンク・ボンドを発行するなどサステナビリティの実現に前向きに取り組んでいます。

今回は、資生堂のサステナビリティ・ESGへの取り組み、ESG格付けや株主優待などについて解説します。

ESG投資コラム

ソニーグループのESGの取り組みや将来性は?株価推移、配当・優待情報も

国連でSDGsの目標が採択されたこともあり、ESGやサステナビリティを重視する傾向が近年強まっています。投資家も投資先の選定にあたり、環境や社会の課題解決へ取り組んでいるかを重視する傾向が出てきました。

ソニーは日本のものづくりをけん引してきた企業ですが、現在は独自の技術によるESGの取り組みも積極的に行っています。今回はソニーのESGの取り組み、株価推移や業績について解説します。

株式投資コラム

配当・株主優待のない銘柄に投資する5つのメリットは?

投資先を選定する際、「配当性向が高い銘柄が良い」、「株主優待で商品券がもらえる銘柄が良い」といった条件を設ける投資家は多く見られます。配当・株主優待がある銘柄は人気が高く、絶対条件とする人もいるほどです。

しかし、配当や株主優待がない銘柄も、投資するメリットがあります。この記事では、配当・株主優待がない銘柄へ投資するメリットについて解説していきます。

ESG投資コラム

NTTの将来性とESGの取り組みは?株価推移、配当・優待情報も【2022年11月】

SDGsが国連で採択されて以降、世界でESGやサステナビリティへの取り組みが加速しています。通信事業を手掛けるNTTでも、カーボンニュートラルや新たな通信技術、社会分野など多様な取り組みを行っています。

この記事では、NTTのESGやサステナビリティの取り組みについて紹介します。株価や配当情報などに興味のある方も参考にしてください。

ESG投資コラム

ESGに配慮した株主優待銘柄は?5社のESG活動と優待内容、利回りも

最近ではESG(環境・社会・ガバナンス)が重視されるようになり、投資においてもESG投資が注目されるようになりました。ESGに配慮した経営を行い、株主優待にも社会貢献を意識した内容を盛り込んでいる企業への投資は、投資家にも長期的なメリットがあると考えられます。

この記事ではESG経営を実施している企業のうち、人気の株主優待がある銘柄を紹介します。ESG投資を検討している人は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

イオンのESG・サステナビリティの取り組みは?ESG評価や株主優待制度も

イオンは、イオン株式会社とグループ企業を合わせて、約300の企業で構成するグループです。事業としては、総合スーパー、スーパーマーケット、ディスカウントストア、ヘルス&ウエルネス、総合金融、デベロッパー、サービス・専門店、国際、その他です。地域社会に根付いた経営を目指し、様々な地域の社会貢献活動に取り組んでいます。

今回は、イオンのESG・サステナビリティの取り組み、格付けや株主優待について解説します。

ESG投資コラム

ヤマハ発動機のESG・サステナビリティの取り組みは?株主優待情報も【2022年11月】

世界的な自動二輪メーカーであるヤマハ発動機は、ESGやサステナビリティの取り組みにも力を入れている企業です。最近、日本でもESG投資残高が拡大を続ける中、ヤマハ発動機の取り組みは外部から高い評価を得ているため、持続的な成長が見込める企業として注目している方もいるのではないでしょうか。

この記事では、ヤマハ発動機の特徴やESG・サステナビリティの取り組み内容について詳しくご紹介します。株価動向や株主優待情報なども併せて解説するので、ESG投資に関心のある方や、銘柄選びで悩んでいる方は参考にしてみてください。

ESG投資コラム

JFEの将来性は?ESGの取り組みや株価推移、配当・優待情報も【2022年10月】

JFEと言えば日本製鉄と並び、国内における2大製鉄会社として知られています。国内の鉄鋼需要が伸び悩む中、海外事業や製鉄以外の事業にも注力しています。

JFEはESG部門も重視しており、気候変動対策のための新たな高炉技術などの開発も進めています。この記事ではJFEの業績やESGの取り組みから、将来性について考えていきます。