TAG 損切り

株式投資コラム

株の買い時・売り時はどう判断する?状況別にポイントを解説

株の買い時・売り時を判断する方法の一つ、テクニカル分析は主に短期投資に使われますが、これのみで勝ち続けることは難しいと言えます。一方、株価が割安な時に購入し、長期間にわたって株式を保有すると、資産を数倍、数十倍に増やすことも可能です。今回は長期投資に着眼点をおき、株の買い時・売り時の判断や状況別にポイントを解説します。

FXコラム

FX投資のメリット・デメリットは?取引のコツや代表的なFX会社も

FXで大儲けしているという話を聞く一方で「FXはギャンブルだからやめた方がいい」という声もよく聞こえてきます。しかし、FXはギャンブルではなく「損切り」や「強制ロスカット」といった投資リスクを制限するための仕組みも存在します。
今回は、FXの基礎知識がまだない方に向けて、FX投資の基礎について解説したいと思います。

株式投資コラム

逆指値のメリットと注文の仕方は?逆指値注文ができる証券会社も紹介

投資において損切りが大切だと聞いても、実際にはなかなか損切りに踏み切れない方も多いでしょう。そのため損切り注文をするときは、「逆指値」を利用すると便利です。指定した値段まで下落すると自動で注文が執行されるためです。この記事では逆指値の注文方法と、逆指値が利用できる証券会社を紹介します。

株式投資コラム

株式投資、デイトレード・スイングトレードに向く証券会社はどこ?

株式投資にはさまざまなトレードスタイルがあります。デイトレードとスイングトレードもそれぞれトレードスタイルの一種です。自分のトレードスタイルが決まっているなら、それに合った証券会社を選択することが大切です。今回はデイトレード・スイングトレードに向いている証券会社を紹介しますので参考にしてください。

株式投資コラム

株式投資の損切りタイミングを見極める3つのポイントと実行する方法

株式投資で安定して利益を上げていきたいのであれば、欠かすことができないのが損切りです。ですが、どのようなタイミングで損切りをすればいいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、損切りのタイミングを見極めるためのポイントについて解説します。

株式投資コラム

株式投資初心者が注意すべき3つのポイントは?株取引の始め方も

将来の資産運用のために株式投資を始めようとしている方も多いと思います。しかし、何も知らないまま株式投資を始めてしまうと思わぬ失敗をすることにもなりかねません。今回は、株式投資の初心者の方が注意すべきことや、実際の売買の前にやっておきたいことについて解説します。

投資信託コラム

投資信託で含み損が出た時は?初心者が知っておきたい対処法4パターン

2020年3月のコロナショックのように、短期的に保有する投資信託の基準価額が下落し続けると、このまま投資信託を保有し続けていいものかと迷うものです。そんな時に、慌てて解約してしまったり、毎月の積立をストップしてしまったりすることは、必ずしも良い選択とは言えません。今回は現役ファンドマネージャーの視点から対処法をご紹介します。

FXコラム

ノックアウトオプションのメリット・デメリットは?具体的な取引方法も解説

「FXに興味はあるが、大きな損失を出すかもしれないのは怖い」「元手を抑えてFXを始めたい」そういったニーズに応えるサービスが「ノックアウトオプション」という商品です。この記事では、ノックアプトオプションが気になっているという方に向けて、ノックアプトオプションの概要やメリット・デメリット、取引方法などについて解説します。

投資信託コラム

投資信託の損切りタイミングを見極める5つのポイント

投資信託はその価値が大きく変動することもあるため、時には損切りを行うこともあるでしょう。しかし、損切りのタイミングを見極めるのは難しいものです。損切りのタイミングを見誤った場合、さらに損失が大きくなる可能性もゼロではありません。そこで本記事では、投資信託の損切りタイミングを見極める5つのポイントと注意点を解説します。

投資信託コラム

保有していた投資信託が暴落…そんな時の考え方と対策まとめ

足元のコロナショックのように市場環境が不安定になり、保有する投資信託の基準価額が軒並み下落し続ける状況に直面すると、誰でも「果たしてこのまま投資信託を保有し続けていいものか」迷うものです。このような時に、慌てて解約してしまったり、毎月の積立をストップしてしまったりせず、冷静な対応をするための考え方と対策をご紹介します。

ロボアドバイザーコラム

ベテランに学ぶ、株式投資で含み損を抱えてしまった時に考えたいこと

初めて投資をした株式が損失を抱えてしまった場合に悩む人は多くいます。そんな時、損失(含み損)を抱えている人には、実はいくつかの行動パターンがあります。その「よく取る行動」から、私たちが学ぶ事は多くあります。この記事では、私が過去に証券会社でお客様対応をした中で見られたパターンを取り上げ、対策を考えてみたいと思います。

「高い勉強代だった…」とならないために不動産投資で実践すべき3つのこと

不動産投資は、株式投資などと比べて一つの投資の規模が大きく、投資後の売買なども気軽にはできないため、一回一回の投資を非常に慎重に進めていく必要があります。今回は、不動産投資の成功と失敗を分けるポイントのうち、特に重要な以下の3つのポイントについて解説していきたいと思います。