TAG 取引手数料

株式投資コラム

「ネット証券+IFA」と「対面証券」どちらが良い?手数料や利用手順など比較

SBI証券や楽天証券などのネット証券では、投資の専門家に対面で相談しながら資産運用を行えるIFAサービスを提供しています。従来、ネット証券は手数料が安い分、大手証券のような対面サービスは期待できませんでしたが、IFAの登…

株式投資コラム

auカブコム証券のフリーETFはお得?対象銘柄や他ネット証券の手数料と比較

auカブコム証券では、同社が指定したETF銘柄の売買手数料が0円になる「フリーETF」というサービスを提供しています。ETFへの投資を考える方にはうれしいサービスですが、実際の評価などは気になるところでしょう。

今回はフリーETFの対象銘柄の紹介や他のネット証券との手数料を比較しますので、参考にしてください。

株式投資コラム

ネット証券のおすすめは?手数料・取扱商品・始めやすさ・アプリなど徹底比較

証券会社が取り扱う金融商品の種類やサービスは年々多様化しています。特にネット証券は手数料の安さが強みですが、初心者向けにポイントの貯まりやすい証券会社や少額投資が可能な証券会社もあるなど選択肢も豊富なので、どれを選べばいいのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、この記事ではネット証券の中から様々な強みを持つ証券会社を手数料の安さや取扱商品の豊富さなどを比較します。これから証券会社を選ばれる方や証券会社を変えたいと思っている方は、参考にしてみてください。

株式投資コラム

25歳以下で手数料が安くなる証券会社は?条件や手数料額も比較

株取引では手数料の安い証券会社を選ぶことがポイントの1つです。中でも、25歳以下の場合、国内現物株の取引手数料が無料になる証券会社もあるため、若い個人投資家や初心者の方でも株式投資を行いやすい環境となっています。

そこでこの記事では、25歳以下で手数料無料になる証券会社をご紹介します。取引手数料や達成条件、特典内容について詳しく知りたい方は、参考にしてみてください。

株式投資コラム

SMBC日興証券の現物・信用取引手数料をネット証券・店頭証券と比較

SMBC日興証券は三井住友フィナンシャルグループに属する証券会社です。株式ミニ投資など初心者向けのサービスが充実している、IPOの取扱銘柄数が多いといった特徴があります。では取引手数料については、他社と比較して安いのでしょうか。

この記事ではSMBC証券の現物取引、信用取引、外国株取引の手数料を、他の主要なネット証券や店頭証券と比較しながら解説します。

株式投資コラム

SBIネオトレード証券、2021年10月のキャンペーン情報まとめ

SBIネオトレード証券は、SBIグループのオンライン証券会社です。SBIネオトレード証券は業界最低水準の取引手数料を強みとしており、信用取引や先物・オプション取引、投資信託なども取り扱っているほか、2021年10月中は入金額·入庫額によって信用取引の買方金利が優遇されるキャンペーンが実施されています。

この記事では、SBIネオトレード証券が10月に実施しているキャンペーンを詳しくご紹介するので、SBIネオトレード証券や信用取引に関心のある方は、参考にしてみてください。

投資信託コラム

auカブコム証券、2021年10月のキャンペーン情報まとめ

auカブコム証券は、現物取引、信用取引、投資信託、債券、FXなどのサービスを取扱っている三菱UFJフィナンシャルグループ傘下のネット証券です。auカブコム証券で新規に口座を開設したり家族・友人に紹介したりすると、現金のプレゼントや取引手数料が無料になるなど、複数のキャンペーンが実施されています。

この記事では、auカブコム証券で2021年10月以降に実施されるキャンペーン内容および参加方法について詳しく紹介します。auカブコム証券のキャンペーン情報について詳しく知りたい方は、参考にしてみてください。

株式投資コラム

1株から購入できる証券会社は?手数料や特徴、注意点など比較

初めて株を取引する方や若年層に向いているのが、1株から購入できる株式投資です。数百円など少額資金から購入できる上、スマートフォンから手軽に取引できる証券会社もあるため、若い方や投資初心者を中心に注目している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、この記事では1株から購入できる株式の特徴、メリット、注意点を詳しくご紹介します。また、主な証券会社の手数料なども比較しながら解説するので、参考にしてみてください。

投資信託コラム

米国に投資できるETFのメリット・デメリットと対象商品まとめ

日本の証券会社ではさまざまな種類のETF(上場投資信託)を購入できますが、なかには日本にいながら米国に投資できるETFも存在します。そこで今回は、日本の取引所に上場していて米国に投資できるETFのメリットやデメリットを紹介します。

また、実際にどんな銘柄があるのかも紹介しますので、ETFへの投資を考えている方は参考にしてください。

株式投資コラム

楽天証券の株式手数料は安い?現物・信用・外国株取引を他社と比較

楽天証券は、楽天ポイントが使える・貯まる、投資情報が豊富といった点に加え、取引手数料の安さも特徴です。実際に他社の手数料と比べてどれだけお得なのでしょうか。

この記事では楽天証券の現物取引、信用取引、外国株取引の手数料を、他の主要なネット証券会社と比較しながら解説します。証券会社選びの参考資料として役立ててください。

投資信託コラム

ネット証券12社を徹底比較!手数料・取扱商品・ポイント・ツール等

自分に合ったネット証券を選ぼうとしても、比較すべきポイントが多すぎてよくわからなくなることもあるでしょう。そこで今回は、ネット証券12社の取引手数料、取扱商品、ポイントサービス、取引ツールについて徹底的に比較しました。ネット証券選びの参考にしてみてください。

ロボアドバイザーコラム

LINE証券の手数料は高い?他のネット証券会社5社と比較

投資をする際、証券会社によって提供するサービスや取扱商品は異なるため、メリットの大きい証券会社を選びたいと考える方は多いと思います。中でもLINEが提供しているLINE証券は多くの方が気になる証券会社の一つでしょう。そこで本記事では、LINE証券の特徴・基本情報や他の証券会社との手数料の違いについて解説していきます。

株式投資コラム

SBI証券、現物株・信用・外国株・単元未満株の取引手数料を他社比較【2021年最新】

SBI証券は手数料が業界最安水準とされ、コストを抑えながら投資をしたい人で利用を検討する人もいるでしょう。具体的に他社と比較して、どの程度安く取引ができるのでしょうか。

今回はSBI証券の現物取引、信用取引、外国株取引、単元未満株取引のそれぞれの手数料を、他の主要なネット証券会社と比較して解説します。低いコストで株式投資をしたい人は参考にしてください。

株式投資コラム

マネックス証券、信用取引の評判は?手数料や始め方、メリット・デメリット

信用取引は手元資金の3.3倍までの取引ができるほか、同日中に同じ銘柄を何度も取引することや、株価の下落局面で利益を狙えるのが特徴です。信用取引を行える証券会社の中でも、マネックス証券は、自動決済発注サービスを利用できたり、初心者向けのスタート信用があったりするなど、幅広い投資家のニーズに応えることができます。

この記事では、マネックス証券で信用取引を活用することのメリットやデメリットについて、手数料や評判などを交えながらわかりやすく解説しています。マネックス証券の信用取引に興味のある方は、参考にしてみてください。

投資信託コラム

SBI証券の評判は?メリット・デメリットやおすすめの使い方も

SBIホールディングスのグループ企業である「SBI証券」。大手企業が運営しており一定の信頼性があります。実際にSBI証券を利用する際には、取引する上で重要な取引ツールや取引環境なども確認しておく必要があります。そこで本記事では、SBI証券の概要やメリット・デメリット、評判など、SBI証券について詳しく紹介します。

投資信託コラム

金・貴金属のETF、メリット・デメリットは?銘柄の価格や純資産額も

金や銀など貴金属現物への投資は、保管コストの発生や取引手数料が高いなどの理由で敬遠している方もいるでしょう。しかし、貴金属ETFならより手軽かつ少額から貴金属に投資することができます。

今回は金、銀、プラチナ、パラジウムといった貴金属の価格に連動するETFに投資するメリット・デメリットや、主な対象銘柄を紹介します。

株式投資コラム

信用取引の金利が低い証券会社は?主要7社の買方・売方金利を比較

信用取引の金利とは、信用取引を行う際に発生する金利のことです。信用取引では、株式を直接購入するのではなく、事前に保証金というお金を証券会社に預け入れ、その保証金を担保に株取引を行います。

信用取引のメリットは自己資金以上の取引ができたり、売りから取引をスタートできたりする点ですが、実際の取引の際には信用取引手数料に加え、実質的なコストとなる金利が発生する場合もあります。

そこでこの記事では、信用取引の金利が低い証券会社について詳しくご紹介します。信用取引の金利で証券各社を比較したい方や、信用取引に興味がある方は参考にしてみてください。