TAG 取引手数料

投資信託コラム

初心者が投資を始める前に知っておきたいポイントは?注意点も

投資には株や債券、投資信託など様々な種類があり、それぞれ特徴やリスクが異なります。投資を行う際には、自分の資産や目的、リスクに対する認識、投資経験や知識などを考慮し、自分に合った投資対象を選択することが大切です。以下、詳細を解説していきます。

株式投資コラム

SMBC日興証券の現物・信用取引手数料をネット証券・店頭証券と比較

SMBC日興証券は三井住友フィナンシャルグループに属する証券会社です。株式ミニ投資など初心者向けのサービスが充実している、IPOの取扱銘柄数が多いといった特徴があります。では取引手数料については、他社と比較して安いのでしょうか。

この記事ではSMBC証券の現物取引、信用取引、外国株取引の手数料を、他の主要なネット証券や店頭証券と比較しながら解説します。

株式投資コラム

松井証券の評判は?メリット・デメリットや他証券会社と比較も

投資デビューに証券会社選びはとても大切です。特にオンライン証券では取り扱う商品の種類や手数料などが大きく変わってきます。中でも松井証券は創業100年を超える老舗ながらインターネット取引にいち早く取り組んだ企業です。この記事では、松井証券に関する評判やメリット・デメリット、他の証券会社との違いについて詳しくご紹介します。

株式投資コラム

GMOクリック証券、CFD取引の評判は?特徴を主要ネット証券と比較

CFD取引は、金、原油、大豆、外国の株価指数などに対し、レバレッジをかけた投資ができる金融商品です。CFD取引を扱っている証券会社の中でもGMOクリック証券は、CFDの国内シェアが最も多く、取扱銘柄が豊富なので、注目している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、CFD取引を検討している方向けに、GMOクリック証券の特徴、メリット・デメリット、評判、始め方を詳しく解説します。他の主要ネット証券と比較しながらご紹介するので、証券会社選びで迷っている方も参考にしてみてください。

株式投資コラム

楽天証券、アルゴ注文の評判は?使い方や特徴、取引手数料の比較も

株取引を行う上で重要なのは感情をコントロールし、トレードプランに従うことです。アルゴ注文は、あらかじめ設定したルールに沿って売買してくれるため、感情に左右されない機械的なトレードが可能になります。

そこでこの記事では、楽天証券のアルゴ注文について詳しく説明していきます。使い方や特徴などに興味のある方は参考にしてみてください。

投資ニュース

SBI証券、米国株式信用取引「成行・逆指値注文」10/29提供開始。キャンペーンも継続

株式会社 SBI 証券は、米国株式信用取引で、10月29日午後3時(日本時間)から注文方法を拡充し「成行・逆指値注文」の提供を開始する。同社の米国株式信用取引では、差し入れた委託保証金の約2倍の取引ができ、1日の中で同一銘柄を同一資金で取引する、いわゆるループトレードが可能となる。

FXコラム

CFD取引におすすめの証券会社は?銘柄数や手数料、スプレッド等を比較

老後資金問題や将来設計を見据えて資産運用の重要性が広く認識される中、少額資金でも大きな取引を行えるCFD(差金決済取引)に注目している方もいるのではないでしょうか。

CFDは、買いだけでなく売りからも入れるので、相場状況に合わせた立ち回りが可能ですが、取扱銘柄や手数料は各証券会社で異なるため、投資目的や取引スタイルに合う会社を選ぶことが大切です。

この記事では、CFDの特徴、CFDを取り扱っている証券会社、CFDの始め方を詳しく知りたい方向けに詳しく解説するのでご参考ください。

FXコラム

FXで初めて口座開設、会社を選ぶポイントは?初心者向けFX会社も

FXをこれから始めようと思ったとき、どの会社で口座を開設すればいいか迷うのではないでしょうか。何を基準に会社を選んだらいいのかなど、たくさんある会社の中から一つに絞るのは難しいものです。ここではFX初心者がFX口座を開設する際にチェックすべきポイントをご紹介します。

株式投資コラム

マネックス証券、外国株取引の評判は?手数料・特徴の他社比較も

近年、米国株を中心として外国株投資への関心が高まっています。日本以外の国の成長性に期待して投資している方も多く見られます。

マネックス証券も外国株取引のサービスに注力している証券会社の1つですが、具体的にどのような特徴があるのでしょうか。この記事ではマネックス証券の外国株取引の概要、他社との比較、利用するメリットや注意点について解説します。

株式投資コラム

PTS取引ができる証券会社、どこがおすすめ?5社を徹底比較

フルタイムで働いている方にも便利なPTS取引は、証券取引所の営業時間外でも株式取引を行える上、手数料も安く、有利な価格で約定しやすいのが特徴です。この記事では、PTS取引についての基本的な知識、PTS取引を行える証券会社をご紹介します。夜間取引を行える証券会社を探している方、証券会社選びで悩んでいる方はご参考ください。

ロボアドバイザーコラム

100万円を投資するには何がおすすめ?手段ごとの特徴と始め方

用意できる投資資金は個人の収入や資産状況によって異なりますが、100万円あれば様々な金融商品を検討することが可能です。特に初心者の方の場合、値動きの異なる銘柄に分散投資することで、リスク回避を図ることができるため、各金融商品の特徴について事前に把握することが大切になります。

この記事では、100万円を投資する際に検討できる主な金融商品について、特徴や始め方、注意点を詳しくご紹介します。初めて投資に挑戦したいと考えている方だけでなく、既に投資を実践されている方にも役立つ情報をまとめていますので、参考にしてみてください。

株式投資コラム

米国株式の信用取引、対応証券会社の手数料を比較【2022年8月】

信用取引は株や現金を証券会社から借りて行う、ハイリスク・ハイリターンの投資です。2022年7月から、米国株でも信用取引ができるようになりました。

この記事では主要なネット証券会社について、米国株式の信用取引の手数料をまとめて解説します。証券会社選びの参考資料として役立ててください。

株式投資コラム

auカブコム証券の手数料は安い?他ネット証券と徹底比較

株取引にかかる手数料は、取引を積み重ねることで負担も多くなります。手数料の高い証券会社を選ぶと、長期的には多額のコストを支払うことになるため、各証券会社の特徴や手数料を知り、自分の取引スタイルに合わせて証券会社を選ぶ必要があります。

この記事では、auカブコム証券の手数料の特徴について、他のネット証券と比較しながら詳しく解説していきます。auカブコム証券を検討している方、各ネット証券の株取引手数料について詳しく知りたい方は、参考にしてみてください。

株式投資コラム

楽天証券の株式手数料は安い?現物・信用・外国株取引を他社と比較

楽天証券は、楽天ポイントが使える・貯まる、投資情報が豊富といった点に加え、取引手数料の安さも特徴です。実際に他社の手数料と比べてどれだけお得なのでしょうか。

この記事では楽天証券の現物取引、信用取引、外国株取引の手数料を、他の主要なネット証券会社と比較しながら解説します。証券会社選びの参考資料として役立ててください。

投資ニュース

SBI証券、みんかぶETFと相互連携開始。 ETF情報の把握・確認から取引までシームレスに

株式会社SBI証券は8月5日から東証ETF(上場投資信託)の情報を集約したワンストップポータル「みんかぶETF」との相互連携を開始した。みんかぶETFは、株式会社東京証券取引所と株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドが共同開発した日本初のETF公募投信の比較機能を備えたツールで今年4月1日にリリース。

株式投資コラム

SBI証券、米国株信用取引の手数料、銘柄数、キャンペーンは?【2022年7月】

2022年7月から、米国株の信用取引が解禁され、SBI証券もサービス提供を開始しました。信用取引とは株や現金を証券会社から借りて行う、ハイリスク・ハイリターンの投資です。

この記事ではSBI証券における米国株の信用取引について、手数料や取り扱い銘柄数などの情報を解説します。SBI証券は米国株に関連するキャンペーンも定期的に開催しているため、検討するのも良いでしょう。

株式投資コラム

楽天証券、米国株信用取引の手数料、銘柄数、キャンペーンは?【2022年7月】

2022年7月から、米国株の信用取引が解禁され、楽天証券もサービス提供を開始しました。信用取引は手持ちの資金以上の規模の取引ができるため、うまくいけば資金を効率的に増やすことができます。

この記事では楽天証券における米国株の信用取引について、手数料や取り扱い銘柄数などの情報を解説します。米国株に関連するキャンペーンも紹介するので、興味のある方はチェックしてください。

投資ニュース

SBI証券、米国株式サマーキャンペーン開始。入庫で200ポイントをプレゼント&米株現物手数料80%キャッシュバック

株式会社SBI証券は7月25日から、「米国株式サマーキャンペーン」として、米国株式入庫で米株現物売買手数料80%キャッシュバックと200ポイントをプレゼントするキャンペーンを開始した。実施期間は8月31日まで。対象はインターネットコースのみで、ダイレクトコース、IFAコース、対面コース、電話による注文は対象外。