TAG 信用取引

株式投資コラム

セカンダリー投資のメリット・デメリットは?始め方や注意点も

セカンダリー投資とは、上場したばかりのIPO株の特性を利用して利益を狙う投資方法です。当選確率の低いIPO抽選とは異なり、誰でも取引可能なのが特徴ですが、高い利益を狙える一方、損失にも繋がりやすいリスクもあります。この記事では、セカンダリー投資の特徴やメリット・デメリット、注意点、取引方法について詳しくご紹介します。

投資信託コラム

銀の投資信託・ETFのメリット、デメリットは?主な商品も

金や銀といった貴金属は古くから投資の対象となっていました。株式などとの性質の違いから、分散投資の対象や有事の際の資金避難先の有望な選択肢とされています。そこで今回は銀を対象とした投資信託・ETFについて、銀相場の概要や投資信託、ETFのメリットデメリットを説明した上で、主な商品にも触れて行きます。

株式投資コラム

ライブスター証券の手数料は安い?現物・信用取引を他ネット証券と比較

ライブスター証券は取引手数料の安さに強みのあるネット証券で、10万円以内の現物株式取引手数料は88円と業界最安水準のコストで取引できます。手数料体系は各社で異なるため、どこが安いのか確認することが大切です。そこでこの記事では、ライブスター証券の特徴と手数料について、他の主要ネット証券と比較をしながら詳しくご紹介します。

株式投資コラム

DMM.com証券(DMM株)の評判は?メリット・デメリットや口座開設手順も

証券会社選びで手数料重視の方によく知られているのがDMM.com証券(DMM株)です。業界最低水準の取引手数料と米国株取引のしやすさが特徴のネット証券です。そこで、この記事では、サービスの特徴やメリット・デメリット、評判について詳しくご紹介します。

仮想通貨コラム

【暗号資産初心者向け】DMM Bitcoinでビットコインの「空売り」をする方法

レバレッジ取引は、買いから入るロングポジションと売りから入るショートポジション(空売り)があり、値上がり・値下がりの双方で利益を狙えます。ここではDMM Bitcoinでビットコインの空売りを行う方法について解説します。

投資信託コラム

ネット証券はどこがおすすめ?手数料・取扱商品等から5社を比較

ネット証券の数は多いので、口座開設の際にはどこを選べばいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。またネット証券を選ぶ際は、手数料の安さや取引ツールの使い勝手、取扱商品の豊富さなどさまざまなポイントがあります。この記事では、とくに初心者に適しているネット証券5社を紹介します。

FXコラム

【FX初心者向け】追加証拠金(追証)、ロスカットとは?取引のポイントも解説

FX取引を始めようと考えているなら、追加証拠金とロスカットについては必ず理解しておかなくてはなりません。なぜなら、それぞれが負債となってあなたに降りかかる可能性があるためです。今回は、FX取引における追加証拠金(追証)とロスカットについて解説します。

仮想通貨コラム

【今から暗号資産投資を始めるなら】CoincheckとGMOコインならどっちがおすすめ?取扱通貨や機能などを徹底比較!

暗号資産(仮想通貨)投資を始めるに当たって、まずは暗号資産取引所に登録する必要があります。この新興産業では日進月歩でサービスが進化しており、各社取扱銘柄や機能・条件など毎月のように更新されています。今回はCoincheckとGMOコインのサービスや機能などを分析していきましょう。

株式投資コラム

株式投資、おすすめの証券会社は?大手3社とネット証券5社を比較

株式投資を始める場合は、証券口座の開設が必要です。しかし、証券口座を開設できる証券会社はたくさんあるため、どの証券会社を選べばいいのかわからなくなってしまうことが多いものです。そこで今回は、主要な証券会社の特徴について比較してみました。証券会社選びの参考にしてみてください。

株式投資コラム

株式の先物取引とは?信用取引との違いやメリット・デメリットも

先物取引に対して、何となく危険というマイナスイメージだけが先行している方もいるでしょう。キャピタルゲイン狙いでも先物取引は行われますが、導入当時は現物の値下がりリスク回避が主な目的だったため、適切な知識を持って効果的に活用できればメリットは大きい手法です。今回は、先物取引の特徴やメリット・デメリットについて解説します。

投資ニュース

LINE証券、信用取引の取扱開始。1株単位/現物取引/信用取引から選択可能に

LINE証券株式会社は5月21日、スマホ投資サービス「LINE証券」で信用取引の取扱いを開始した。今月10日にスタートした取引所取引における現物取引に続くサービス拡充で、返済期限などが証券取引所の規制により一律に決められた「制度信用取引」を採用している。

投資信託コラム

ブル型・ベア型のETF・投資信託のメリット・デメリットは?注意点も

景気の下降局面に強い投資信託やETF(上場投資信託)選びが注目されています。なかでも信用取引のようなレバレッジ取引で高いリターンを狙える「ブル型」や、相場の下落時でも利益を狙える「ベア型」のファンドが話題となっています。この記事では、ブル型・ベア型のファンドの特徴やメリット・デメリット、利用上の注意点をご紹介します。

株式投資コラム

株式の信用取引とは?仕組みやメリット・デメリット、注意点も

「信用取引って聞いたことがあるけど、どんなものなの?」「信用取引と通常の株式取引とはどう違うのか知りたい」このような方に向けて、今回は株式の信用取引とは何なのか、どのような仕組みなのかについて解説したいと思います。また、株式の信用取引のメリットやデメリット、注意点などについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ロボアドバイザーコラム

株式の「空売り」とは何か?メリット・デメリットと注文の仕方

空売り取引で利益を得たいと考えている方もいるかと思います。しかし空売りは通常の取引とは異なる仕組みのため、やみくもに始めても損失を被る可能性があります。空売りを始める場合は仕組みやリスクを理解した上で慎重に検討するのが大切です。そこで今回は、株式投資初心者に向けて空売りの仕組みや特徴、メリット・デメリットを解説します。

仮想通貨コラム

2020年5月施行の改正資金決済法、仮想通貨(暗号資産)関連改正内容サマリー

4月3日、金融庁は2019年5月に成立した改正資金決済法等におけるパブリックコメントの結果を公表し、同時に2020年5月1日より改正法を施行するとしました。今回の改正では広告表示の規制や信用取引に関する規制等が盛り込まれています。この記事では、今回の改正において、一般の仮想通貨投資家に影響する内容をまとめています。