TAG 信用取引

投資信託コラム

ネット証券はどこがおすすめ?手数料・取扱商品等から5社を比較

ネット証券の数は多いので、口座開設の際にはどこを選べばいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。またネット証券を選ぶ際は、手数料の安さや取引ツールの使い勝手、取扱商品の豊富さなどさまざまなポイントがあります。この記事では、とくに初心者に適しているネット証券5社を紹介します。

株式投資コラム

SBIネオトレード証券の手数料は安い?現物・信用取引をネット証券6社と比較

SBIネオトレード証券は取引手数料の安さに強みのあるネット証券で、5万円以内の現物株式取引手数料は55円と業界最安水準のコストで取引できます。手数料体系は各社で異なるため、どこが安いのか確認することが大切です。そこでこの記事では、SBIネオトレード証券)特徴と手数料について、他の主要ネット証券と比較をしながら詳しくご紹介します。

株式投資コラム

先物取引、レバレッジは何倍まで可能?リスクの取り方や計算方法も

先物取引の特徴の一つが「レバレッジ取引」です。レバレッジ取引を利用すれば、少額の資金でも大きな利益を狙えます。しかし、思惑通りにマーケットが動かなかった場合は、大きな損失を被る恐れがあるので注意が必要です。この記事では、先物のレバレッジ取引の方法とリスク管理の仕方について解説します。

株式投資コラム

株式投資、おすすめの証券会社は?大手3社とネット証券7社を比較

株式投資を始めるには、証券口座の開設が必要です。しかし、証券口座を開設できる証券会社はたくさんあるため、どの証券会社を選べばいいかわからない方も多いでしょう。そこで今回は、大手証券会社やネット証券会社など、主要な証券会社の特徴や取扱銘柄数・手数料などについて比較してみました。証券会社選びの参考にしてみてください。

株式投資コラム

DMM.com証券(DMM株)、外国株取引の評判は?始め方とメリット・注意点も

近年では外国株式への投資に関心が集まっており、各証券会社もさまざまな外国株取引に対応するようになっています。今回は、DMM.com証券(DMM株)に注目して、外国株取引の評判や始め方、メリット、注意点などについて紹介します。これから外国株取引を始めようと考えている方は、参考にしてください。

株式投資コラム

GMOクリック証券、株取引の評判は?手数料やキャンペーン情報も

株取引を始めたいけれど、どの証券会社を選べばいいのかわからない、という方は多いのではないでしょうか。株取引を行える証券会社はたくさんありますが、GMOクリック証券もそんな証券会社の1つです。今回は、GMOクリック証券の株取引の評判について紹介しますので、証券会社選びの参考にしてください。

株式投資コラム

株式の先物取引とは?信用取引との違いやメリット・デメリットも

先物取引に対して、何となく危険というマイナスイメージだけが先行している方もいるでしょう。キャピタルゲイン狙いでも先物取引は行われますが、導入当時は現物の値下がりリスク回避が主な目的だったため、適切な知識を持って効果的に活用できればメリットは大きい手法です。今回は、先物取引の特徴やメリット・デメリットについて解説します。

株式投資コラム

セカンダリー投資のメリット・デメリットは?始め方や注意点も

セカンダリー投資とは、上場したばかりのIPO株の特性を利用して利益を狙う投資方法です。当選確率の低いIPO抽選とは異なり、誰でも取引可能なのが特徴ですが、高い利益を狙える一方、損失にも繋がりやすいリスクもあります。この記事では、セカンダリー投資の特徴やメリット・デメリット、注意点、取引方法について詳しくご紹介します。

株式投資コラム

株式の「空売り」とは?メリット・デメリットと注文の仕方

空売り取引で利益を得たいと考えている方もいるかと思います。しかし空売りは通常の取引とは異なる仕組みのため、やみくもに始めても損失を被る可能性があります。空売りを始める場合は仕組みやリスクを理解した上で慎重に検討するのが大切です。そこで今回は、株式投資初心者に向けて空売りの仕組みや特徴、メリット・デメリットを解説します。

投資信託コラム

ブル型・ベア型のETF・投資信託のメリット・デメリットは?注意点も

景気の下降局面に強い投資信託やETF(上場投資信託)選びが注目されています。なかでも信用取引のようなレバレッジ取引で高いリターンを狙える「ブル型」や、相場の下落時でも利益を狙える「ベア型」のファンドが話題となっています。この記事では、ブル型・ベア型のファンドの特徴やメリット・デメリット、利用上の注意点をご紹介します。

投資信託コラム

プラチナ投資信託・ETFのメリット、デメリットは?主な商品も

投資といえば株式投資や為替取引などがメジャーですが、貴金属への投資も無視できません。特にプラチナは、歴史的な安値から反発が期待できるなど、貴金属マーケットの中でも注目されています。今回はプラチナ投資信託・ETFの特徴やメリット、デメリット、そして主な商品について詳しく見ていきます。

株式投資コラム

株式投資、初心者にはおすすめできないハイリスクな投資手法5つ

株式投資の手法や考え方は多種多様で、投資家によってスタンスも変わります。自分なりの手法を作り上げることも大切ですが、初心者のうちは、損失に繋がる考え方・投資手法を独自に行ってしまわないよう注意することが肝心です。そこで今回は、株式投資初心者がなるべく避けておきたい、リスクの高い投資手法を、5つに分けて紹介していきます。

投資ニュース

マネックス証券が国内株式取引手数料引き下げ。一日定額手数料と取引毎手数料(信用取引)が低コストに

マネックス証券株式会社は、11月2日の約定分から一日定額手数料(現物取引・信用取引の合算)と取引毎手数料(信用取引)を引き下げる。一日定額手数料では、日計り取引の片道分の手数料相当額を「マネックスポイント」で翌日に変換することで片道分の取引は実質無料とする。

株式投資コラム

株価指数先物取引のメリット・デメリットは?投資のプロが解説

個人投資家が取引できる先物取引には、主に株価指数先物取引と商品先物取引があります。株価指数先物取引は、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などの指数を取引し、商品先物取引はガソリンや金、とうもろこしなどの商品を取引するものです。この記事では株価指数先物取引の種類とメリット・デメリットについて解説します。

株式投資コラム

PTS取引ができる証券会社、どこがおすすめ?5社を徹底比較

フルタイムで働いている方にも便利なPTS取引は、証券取引所の営業時間外でも株式取引を行える上、手数料も安く、有利な価格で約定しやすいのが特徴です。この記事では、PTS取引についての基本的な知識、PTS取引を行える証券会社をご紹介します。夜間取引を行える証券会社を探している方、証券会社選びで悩んでいる方はご参考ください。

投資信託コラム

分配金の多いETFのメリット・デメリットは?主な10ファンドも【2020年9月】

日本では長らく低金利が続き、多くの方が投資に注目をするようになりました。そこで本記事では、数ある投資商品の中でも、証券会社で手軽に購入できるETFのうち高分配金額のファンド10個を比較します。ETFの分配金や基本的な知識にも触れるので、高分配のETFをお探しの方は読み進めてみてください。

投資信託コラム

銀の投資信託・ETFのメリット、デメリットは?主な商品も

金や銀といった貴金属は古くから投資の対象となっていました。株式などとの性質の違いから、分散投資の対象や有事の際の資金避難先の有望な選択肢とされています。そこで今回は銀を対象とした投資信託・ETFについて、銀相場の概要や投資信託、ETFのメリットデメリットを説明した上で、主な商品にも触れて行きます。