TAG リスクヘッジ

投資コラム

忙しい会社員ほどソーシャルレンディングをはじめるべき3つの理由

「投資に興味がある」「将来の蓄えが不安」と考えても、投資の勉強や運用をする暇がないぐらい、忙しい会社員は多いと思います。そんな方には、ソーシャルレンディングがオススメです。この記事では、会社員の方にソーシャルレンディングがおすすめの3つの理由をご紹介します。

投資コラム

ソーシャルレンディング投資の初心者にありがちな5つの失敗とは?

ソーシャルレンディングは預金や債券などの運用に比べ、利回りが高い一方で失敗のリスクも大きい投資です。そのため、できるだけ損失が発生しないように事前に入念なリスクヘッジをしていかなくてはいけません。そこで今回はリスク管理の方法として、投資初心者が失敗しがちなポイントを5つ挙げて解説をしていきたいと思います。

投資コラム

ソーシャルレンディングは危険?貸し倒れリスクを回避する7つのポイント

ソーシャルレンディングのリスクの中で、最も避けたいのが「貸し倒れリスク」です。貸倒れが起こってしまうと、投資資金が全額回収できない恐れがあります。日本国内でソーシャルレンディング案件を運用している会社では、これまでの貸し倒れが0件であることを謳っている会社もありますが、過去に問題がなかったからといって、今後も問題が起きないと考えるのは早計です。

投資コラム

ソーシャルレンディングで大事な「3つの分散投資」とは?

2017年から2018年にかけて急激に市場が成長しているソーシャルレンディング投資。その一方で、いくつかの会社には行政処分が入り、案件の返済遅延なども発生しています。そもそも投資である以上、100%利益が出ることはあり得ませんし、「これまで貸し倒れがないから安全」と言った投資家の思い込みがあったのも確かです。

投資コラム

赤字大家に共通する5つのポイントと失敗を回避するアパート経営戦略

不動産投資は、当初のシミュレーション通りに運用できるのであれば毎月の家賃収入が期待できるため、他の投資と比較しても安定した投資となります。しかし、実際には長い期間で赤字が続いたり、ローンの返済ができなくなったりした結果、物件を手放さなければならなくなった人もいます。今回は、赤字に陥ってしまった大家達に共通する5つのポイントから、アパート経営の戦略を考えてみたいと思います。