TAG ポルカドット

暗号資産取引所の使い方

楽天ウォレットで証拠金取引所サービス提供開始!使い方と特徴

22年11月23日、楽天グループにおいて暗号資産(仮想通貨)交換業を手がける楽天ウォレット株式会社が、「証拠金取引所サービス」の提供をスタートしました。ここでは楽天ウォレットの「証拠金取引所サービス」について、その概要や特徴、具体的な取扱通貨のほか、実際の使い方までを詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

今後コスモスが覇権を握るのか?イーサリアムに対抗する新たな勢力とその背景

今後の暗号資産(仮想通貨)業界の分岐点として注目されているのが、モノリシックとマルチチェーンである。モノリシック化が一つのチェーンを基盤とする構造であるのに対し、マルチチェーン化された世界では多数のチェーンを基盤にプロジ…

暗号資産取引所の使い方

コインチェックとコイントレードがポルカドット取り扱い開始へ!ポルカドットの特徴と対応サービスについて解説

国内の仮想通貨取引所コインチェックとコイントレードがポルカドット(DOT)の取り扱いを開始することを発表しました。コインチェックでは9月1日から取り扱いを開始予定、コイントレードでは8月17日に取り扱いを開始しました。

暗号資産・ブロックチェーン

コインチェック上場のポルカドット(DOT)のアップデートについて解説

22年8月23日、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所Coincheck(コインチェック)が「ポルカドット(DOT)」の取り扱いをスタートする方針を明らかにしました。今回は、Coincheckに新たに上場した「ポルカドット(DOT)」について、そのアップデート状況などを詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

Stake Technologies(ステイクテクノロジーズ)の概要と目指す未来とは?

世界中でブロックチェーン関連の事業を展開する企業が年々増加していますが、日本発のパブリックブロックチェーンである「Astar Network(アスターネットワーク)」の開発を行っている「Stake Technologies Pte Ltd」をご存知でしょうか。今回はStake Technologiesの会社概要や、今後目指す未来について解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨取引所CoinTrade(コイントレード)のステーキングサービスについて解説

「CoinTrade(コイントレード)」はプライム市場上場グループが運営しているという安心感や、取引経験が少ない方でも利用しやすいサービス設計から、ユーザー数を着実に伸ばしています。22年7月14日にはステーキングサービス「CoinTrade Stake」の提供を新たにスタートしました。今回はCoinTrade Stakeについて、その概要や特徴、利用方法などを解説していきます。

Web3コラム

仮想通貨は長期的な投資に向いてる?仮想通貨初心者が長期投資する方法

仮想通貨をこれから投資ポートフォリオに組み込もうと検討している方は、長期的な目線で投資計画を立ててみてはいかがでしょうか。日本の仮想通貨取引所では長期投資に便利な自動積立サービスを設けています。ここでは仮想通貨積立サービスを提供している取引所と、そのサービス内容についてご紹介します。

Web3コラム

長期的にビットコインや他の仮想通貨を保有する場合に行うべきこと

仮想通貨の長期保有は、数ヶ月から数年といった単位で長く保有することによって利益を狙う投資方法となっています。特にビットコインについては過去のデータから見て、長期保有することこそが最強のパフォーマンスとされています。今回は、仮想通貨の長期保有に焦点を当てて、そのメリットやデメリットを紹介しながら、長期保有した場合に行うべきことについて解説していきます。

Web3

博報堂、⽇本発ブロックチェーンのAstar Networkを活用して、企業のWEB3.0市場参入支援へ

株式会社博報堂の広告事業を超えた新規事業開発を目指すミライの事業室は7月21日、⽇本発のパブリックブロックチェーンであるAstar Networkの開発をリードするStake Technologies Pte Ltdと共にクライアント企業のWEB3.0市場への参入支援を開始した。第一弾として、カルビー株式会社が、CryptoGames株式会社の提供する農業体験ゲーム「Astar Farm」上で実施するNFTゲーム施策を開発したという。

暗号資産取引所の使い方

日本向けサービスを開始したFTX Japanの特徴【注目度の高い仮想通貨取引所】

世界規模の暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するFTX Trading Ltdlは22年6月2日、日本向けサービスFTX Japanのローンチを発表しました。日本のユーザーに対する本格的なサービス提供をスタートしています。今回は、日本への本格的な進出を果たした「FTX Japan」について、その特徴を中心に解説していきます。

トークン

「CoinTrade」がステーキングサービス開始、期間限定で3,000円相当の暗号資産プレゼントキャンペーンも

東証プライム市場上場企業グループである株式会社マーキュリーは7月4日、同社アプリ「CoinTrade」アプリにおいて、新たなサービスである「CoinTradeStake」7月14日より開始することを発表している。ステーキングの対応予定となっているのはパレットトークン、IOST、エイダ、ポルカドットの4種類。

Web3コラム

スポーツ×トークンとは?GMOコインでIEOを実施したFC琉球のFCRコインについて解説

暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーン、NFT(非代替性トークン)の市場が盛り上がるのと同時に、グローバルな大手企業が市場に参入している事例が出てきています。最近では、国内初めてのスポーツクラブ独自のトークンが発行される例も登場しました。この記事では沖縄県のサッカークラブFC琉球が行ったトークン発行の事例をご紹介します。

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨投資を行う場合のプロジェクトの選別方法【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

仮想通貨(暗号資産)投資を行う場合、時価総額が業界トップ規模のビットコインやイーサリアムから、ドージやモナコインといったコミュニティ人気の高い銘柄まで、日本の仮想通貨取引所でも購入可能なものが数多くあります。ここでは投資家の視点からプロジェクトのどのような内容をチェックして、投資可否を判断していくべきか、解説したいと思います。

暗号資産取引所の使い方

アルトコイン投資に便利な仮想通貨取引所を3つご紹介!【コインチェック、GMOコイン、ビットバンク】

アルトコインはビットコインよりもボラティリティが高いこともあり、仮想通貨投資家にとって人気のある投資先となっています。この記事ではアルトコイン投資に便利な仮想通貨取引所についてご紹介します。