Zaif、「自動売買おてがるトレード」の対象暗号資産にポルカドット(DOT)を追加

株式会社カイカエクスチェンジが運営する暗号資産交換所Zaifは9月1日、「自動売買おてがるトレード」の対象暗号資産にポルカドット(DOT)を追加した。

自動売買おてがるトレードは事前に設定した値(パーセント)を基に、基準価格より設定したパーセント以下に価格が下落したら購入し、購入価格より設定したパーセント以上に価格が上昇したら売却を自動で繰り返し行うサービス。

ポルカドットは、スイスにある「web3財団」によって開発された、異なるブロックチェーン同士を繋ぐ「インターオペラビリティ」の実現を目的としているプロジェクト。ポルカドットのブロックチェーンで使われるネイティブトークンはDOT(ドット)と呼ばれており、複数の国内暗号資産交換所にて取引することができる。web3財団は、創設メンバーにイーサリアムの共同開発者の一人である、ギャビン・ウッド氏がいることでも知られている。

【参照記事】Zaif、「自動売買おてがるトレード」の対象暗号資産にポルカドット(DOT)追加のお知らせ

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。