仮想通貨取引所GMOコインとbitbank(ビットバンク)の特徴や機能を徹底比較!

国内でも多くの仮想通貨(暗号資産)交換業者が設立される中、ユーザーにとってますます便利なサービスが出てきています。アプリの使用感や提供しているサービスについて多種多様になってきており、複数の企業で口座を開いておいて目的に合わせて使い分けている人も少なくありません。ここでは、GMOコインとbitbank(ビットバンク)について機能や手数料、取引通貨などサービス内容を比較することで、どのようなことができるのか分析していきたいと思います。

目次

  1. GMOコインの特徴・機能まとめ
    1-1. 初心者でも使いやすい販売所と長期投資向けサービス
    1-2. 取引所で現物取引とレバレッジ取引を利用できる
    1-3. 快適な取引をサポートするスマホアプリ
  2. bitbankの特徴・機能まとめ
    2-1. 現物取引量として国内No. 1の実績
    2-2. メイカー手数料が-0.02%、リベートがもらえる
    2-3. 最大年率3%の「仮想通貨を貸して増やす」
  3. GMOコインとbitbankの取扱通貨・手数料を徹底比較
    3-1. 取扱仮想通貨
    3-2. 各種手数料
  4. まとめ

①GMOコインの特徴・機能まとめ


GMOコインは、東証プライム上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。GMO証券など金融サービスの運営ノウハウは、GMOコインにも活かされています。初心者からトレーダーまで幅広いユーザーが利用するGMOコインの口座数は37.4万件を越えています(GMOフィナンシャルHD、2021年12月期第1四半期決算資料より)。

1-1. 初心者でも使いやすい販売所と長期投資向けサービス

GMOコインの販売所では、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、XRPをはじめとする18種類を取り扱っています。金額指定か、数量指定をして現物取引が可能で初心者でも分かりやすくなっています。また外部の取引所・ウォレットに仮想通貨を端数まで送付できる(全額送付の場合のみ)可能です。

さらにGMOコインは長期投資をサポートする資産運用サービスを提供しており、現物取引で保有した資産をGMOコインに貸し出して金利を稼ぐ「貸暗号資産」サービスや、毎月決まった日に、決まった金額の仮想通貨を販売所で自動で購入できる「つみたて暗号資産」サービスなどを備えています。

1-2. 取引所で現物取引とレバレッジ取引を利用できる

オーダーブック(板取引)ができるGMOコインの取引所では、ビットコイン、イーサリアム、XRPをはじめとする11種類の仮想通貨を取り扱っており、現物取引だけでなくレバレッジ取引サービスも提供しております。現物取引のメイカーではマイナス手数料(-0.01%)を採用しているので、頻繁にトレーディングしたい方には適しています。また、現物取引では「買い」から入るしかないところを、「売り(ショート)」から入ることもできます。そのため、価格の下落相場であっても利益を狙うことが可能です。

対応しているレバレッジ取引は、証拠金に対して数倍のポジションを持てることが特徴です。GMOコインの取引所のレバレッジ取引では10銘柄を取り扱っておりでは10銘柄を取り扱っています。いずれもWebサイトではもちろん、スマホアプリにも対応しておます。

1-3. 快適な取引をサポートするスマホアプリ

スマホアプリ「GMOコイン 暗号資産ウォレット」では販売所、暗号資産FX、取引所(現物取引)、取引所(レバレッジ取引)の4種類の取引サービスが利用可能です。描画機能付きでテクニカル指標が利用できる「高機能チャート」を備えており、トレンドラインやフィボナッチ・リトレースメントなどのラインを描いて相場分析が可能です。特に、暗号資産FXでは、ワンタップで新規・決済・ドテン注文が可能な「スピード注文」が利用でき、価格変動時のプッシュ通知と組み合わせることで、相場変動時に対応しやすくなっています。

②bitbankの特徴・機能まとめ

仮想通貨取引所・販売所のbitbankbitbank(ビットバンク)はビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所です。ビットバンクは初心者にとって使いやすい「販売所」だけでなく、板取引が可能な「取引所」サービスも提供しており、全部で14種類の仮想通貨を取り扱っています。TradingViewやメイカー取引のマイナス手数料の採用などトレーディングに便利な仕組みを導入しており、取引量は国内No.1※を誇っています。※2021年2月14日 CoinMarketCap調べ

2-1. 現物取引量として国内No. 1の実績

ビットバンクの現物取引量としては国内No.1の実績があり(2021年2月14日 CoinMarketCap調べ)、ビットコインなどの仮想通貨を「売りたいときに売りやすく、買いたいときに買いやすい」サービスとなっています。取引画面は使いやすさを追求したデザインとなっており、初心者の方でも簡単に仮想通貨の売買ができるでしょう。さらに70以上のテクニカル分析が使えるチャート「TradingView」を搭載しており、本格的なトレードも可能です。

2-2. メイカー手数料が-0.02%、リベートがもらえる

ビットバンクの取引所では、メイカー(注文が取引板に並ぶことにより、市場の流動性を作る取引のこと)の手数料が-0.02%、テイカー(注文が取引板に並んだ既存の注文と約定することにより、市場から流動性を取り除く取引のこと)の手数料が0.12%に設定されています。メイカー取引をするほど手数料のリベートを受取れる仕組みになっています。

2-3. 最大年率3%の「仮想通貨を貸して増やす」サービス

ビットバンクの「仮想通貨を貸して増やす」サービスは、ユーザーが保有する仮想通貨をビットバンクに貸し出し、利用料を受取れるものです。貸出期間は1年間、最大年率は3%となっており、長期保有を決めている投資家にとってお得なサービスです。「仮想通貨を貸して増やす」はビットバンクの取扱い全通貨の貸出に対応しています。

③GMOコインとbitbankの取引通貨・手数料を徹底比較!

取扱仮想通貨

GMOコイン bitbank
販売所

19種類:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、ネム、クアンタム、オーエムジー、チェーンリンク、ポルカドット、エンジンコイン、テゾス、コスモス、エイダ/カルダノ、メイカー、ダイ、ドージコイン

18銘柄:ビットコイン、イーサリアム、エックスアールピー、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、モナコイン、クアンタム、オーエムジー、チェーンリンク、シンボル、メイカー、ボバ、エンジンコイン、ポリゴン、ポルカドット、ドージコイン

取引所

21種類:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、モナコイン、ネム、クアンタム、オーエムジー、チェーンリンク、ポルカドット、エンジンコイン、シンボル、テゾス、コスモス、エイダ/カルダノ、メイカー、DAI、FCRコイン

19銘柄:ビットコイン、イーサリアム、エックスアールピー、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、モナコイン、クアンタム、オーエムジー、チェーンリンク、シンボル、メイカー、ボバ、エンジンコイン、ポリゴン、ポルカドット、ドージコイン、アスター

レバレッジ取引

10銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、ネム、オーエムジー、テゾス

各種手数料など

GMOコイン bitbank
取引手数料 販売所:無料(スプレッドに実質手数料を含む)
取引所:メイカー:-0.01%、テイカー:0.05%
販売所:無料 (スプレッドに実質手数料を含む)
取引所:メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%(一部銘柄を除く)
最小注文数量(BTC) 販売所:0.00001 BTC
取引所:0.0001BTC
販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001BTC
日本円入金方法 ・即時入金
GMOあおぞらネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行:手数料無料(最低1,000円/回、最大1,000万円/回)

その他の金融機関:振込者負担・ペイジー入金
手数料無料(最低1,000円/回、最大999,999円/回)

GMOあおぞら銀行・住信SBIネット銀行への銀行振込
金融機関の営業日に従って入金反映・振込手数料はユーザー負担
日本円出金手数料 手数料無料(最低金額1万円/回、最大2,000万円/日) 550円/770円(3万円以上)
仮想通貨出庫手数料 BTC:無料(1日あたり0.02〜10BTCの出金制限あり)
ETH:無料(1日あたり0.1〜150ETHの出金制限あり)
XRP:無料(1日あたり50〜100,000XRPの出金制限あり)
LTC:無料(1日あたり0.1〜500LTCの出金制限あり)
BCH:無料(1日あたり0.02〜100LTCの出金制限あり)
XEM:無料(1日あたり100〜50,000XEMの出金制限あり)
XLM:無料(1日あたり60〜40,000XLMの出金制限あり)
BAT:無料(1日あたり40〜10,000BATの出金制限あり)
OMG:無料(1日あたり10〜2,000 OMGの出金制限あり)
XTZ:無料(1日あたり5〜1,000 XTZの出金制限あり)
BTC:0.0006BTC
イーサリアム:0.005ETH
XRP:0.15XRP
ビットコインキャッシュ:0.001BCH
ライトコイン:0.001LTC
モナコイン:0.001MONA
ビットコインキャッシュ:0.001BCH
ステラルーメン:0.01XLM
クアンタム:0.01QTUM
ベーシックアテンショントークン:21BAT
オーエムジー:2 OMG
シンボル:2XYM

*こちらは2022年4月時点の情報です。最新情報は各社ホームページをご覧ください。

④まとめ

GMOコインとbitbankはどちらも販売所と取引所を提供しており、どちらか使いやすい方を選んで取引することができます。またどちらも複数の仮想通貨を取り扱っているので、さまざまな方法で投資に取り組むことができます。両方ともに取引所のメイカー注文にマイナス手数料を採用しており、トレーディングビューを使ったチャート分析も可能なので、トレードを頻繁に行う方にも活用しやすいでしょう。

どちらも口座開設はスマホアプリから無料でできるので、気になる方はこれを機に2つの仮想通貨取引所をチェックしてみてください。ご自身の好みに合ったツールでまずは仮想通貨投資を始めてみましょう。慣れてきた時にそれぞれ独自のサービスを使い分けても良いでしょう。複数の取引所に資産を分散させることで、また緊急メンテナンスや取引制限、ハッキングなどのリスク分散にもなります。口座開設は無料でできるので、気になっている方はこれを機に各社のサービスをチェックしてみましょう。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。