TAG テゾス

仮想通貨コラム

仮想通貨は長期的な投資に向いてる?仮想通貨初心者が長期投資する方法

仮想通貨をこれから投資ポートフォリオに組み込もうと検討している方は、長期的な目線で投資計画を立ててみてはいかがでしょうか。日本の仮想通貨取引所では長期投資に便利な自動積立サービスを設けています。ここでは仮想通貨積立サービスを提供している取引所と、そのサービス内容についてご紹介します。

仮想通貨

SBI VCトレード、ソラナやドージコインなど新規5銘柄の取り扱いを開始へ

SBIグループにて暗号資産交換業を運営するSBI VCトレード株式会社は、8月17日から新たにカルダノ(ADA)、ドージコイン(DOGE)、ステラルーメン(XLM)、テゾス(XTZ)、ソラナ(SOL)の5銘柄の取り扱いを追加することを発表している。これにより、同取引所での取り扱い暗号資産は全12銘柄となる。

仮想通貨コラム

長期的にビットコインや他の仮想通貨を保有する場合に行うべきこと

仮想通貨の長期保有は、数ヶ月から数年といった単位で長く保有することによって利益を狙う投資方法となっています。特にビットコインについては過去のデータから見て、長期保有することこそが最強のパフォーマンスとされています。今回は、仮想通貨の長期保有に焦点を当てて、そのメリットやデメリットを紹介しながら、長期保有した場合に行うべきことについて解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

コインチェックとGMOコインどっちが良い?取扱い暗号資産や手数料、サービスを徹底比較

将来の資産形成手段として、ビットコインや暗号資産(仮想通貨)投資を検討する方や、実際に利用し始めている方が増えています。この記事では大手が提供する暗号資産取引所のコインチェックとGMOコインのどちらを選べば良いかについて、「取扱銘柄」「コスト」「取引方法」「アプリ」など、さまざまな視点から比較します。取引所選びの参考としてぜひご活用ください。

仮想通貨コラム

スポーツ×トークンとは?GMOコインでIEOを実施したFC琉球のFCRコインについて解説

暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーン、NFT(非代替性トークン)の市場が盛り上がるのと同時に、グローバルな大手企業が市場に参入している事例が出てきています。最近では、国内初めてのスポーツクラブ独自のトークンが発行される例も登場しました。この記事では沖縄県のサッカークラブFC琉球が行ったトークン発行の事例をご紹介します。

仮想通貨コラム

仮想通貨取引所GMOコインとbitbank(ビットバンク)の特徴や機能を徹底比較!

国内でも多くの仮想通貨(暗号資産)交換業者が設立される中、ユーザーにとってますます便利なサービスが出てきています。アプリの使用感や提供しているサービスについて多種多様になってきており、複数の企業で口座を開いておいて目的に合わせて使い分けている人も少なくありません。ここでは、GMOコインとビットバンクについて機能や手数料、取引通貨などサービス内容を比較することで、どのようなことができるのか分析していきたいと思います。

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨の積立投資サービスを利用できる、仮想通貨取引所を徹底解説!

仮想通貨(暗号資産)取引所が増える中、積立投資サービスを提供する取引所も増えてきました。初めて仮想通貨投資をする場合、どこの取引所で口座開設するべきか迷ってしまうケースもあると思います。長期投資を考えるのであれば積立投資サービスがある企業を選択肢に入れておくと良いでしょう。ここでは、2022年2月時点で積立投資サービスを提供している仮想通貨取引所について詳しく解説していきます。

GMOコインの口コミ・評判・口座開設

GMOコインはGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所・販売所です。グループ会社にGMO証券をもつGMOコインは、ユーザーから預かった資産のセキュアな管理やFX特化アプリ、アルトコインのレバレッジ取引予定など、ユーザビリティに注力したサービス展開をしていることが特徴です。

暗号資産取引所の使い方

GMOコイン、ビットバンク、BITPointの特徴や機能を徹底比較

ビットコインを始めとする仮想通貨(暗号資産)市場が盛り上がる中で、仮想通貨取引所も増えています。ユーザーにとって便利なサービスが整ってくる中、複数の企業で口座を開いておいて目的別に使い分けている方も少なくありません。ここでは、GMOコインとBITPoint、そしてbitbankについて機能や手数料、取引通貨などサービス内容を比較することで、どのようなことができるのか分析していきたいと思います。

暗号資産・ブロックチェーン

Ubisoftと提携したへデラ・ハッシュグラフ(HBAR)とは?

22年2月、フランスの大手ゲーム開発企業Ubisoft(ユービーアイソフト)が、分散型パブリックネットワークHedera Hashgraph(ヘデラハッシュグラフ)を設立したHBAR財団とパートナーシップを締結しました。Ubisoftは次世代ゲームの開発などをHedera上で促進していくということです。今回はUbisoftと提携したHedera Hashgraphについて解説します。

暗号資産取引所の使い方

最もかんたんに利用できる仮想通貨投資アプリを探したい!初心者にやさしい仮想通貨取引所4選

仮想通貨(暗号資産)投資と聞くと難しそうなイメージがあり、なかなか始めることができない方も多いと思います。しかし、日本の仮想通貨取引所の中には、初心者でも簡単に仮想通貨を購入できるサービスを提供している企業も多くあります。新規に口座開設する際には、操作性の高い仮想通貨取引所を選ぶことも重要なポイントとなります。ここでは初心者でもビットコインやイーサリアムを簡単に購入できるように設計されている仮想通貨取引所をご紹介します。

暗号資産取引所の使い方

コインチェック、GMOコイン、ビットバンクの魅力とは?多くのユーザーが利用する仮想通貨取引所3社を徹底比較!

一概に仮想通貨投資取引所といっても、企業によってそれぞれ取り扱っている仮想通貨の種類や、利用可能な投資ツールが異なります。投資家の中には複数の仮想通貨取引所で口座開設をして使い分けている方もいます。中でもコインチェック、GMOコイン、ビットバンクは口座開設者数や預かり資金が大きいことで知られる国内大手の仮想通貨取引所です。今回は仮想通貨投資を始めるに当たってこれら3社をどのように使い分けることができるのか、それぞれの特徴と共に詳しく解説します。

暗号資産取引所の使い方

様々な仮想通貨を購入でき、レンディングもできる仮想通貨取引所は?コインチェック、GMOコイン、ビットポイントを徹底比較

近年、仮想通貨(暗号資産)市場の注目度が高まる中で、仮想通貨取引所のサービスも充実してきています。多種類の仮想通貨を取り扱っていることはもちろん、取引手数料がなるべく安い所を選びたいところです。今回は総合的な投資サービスが整っている仮想通貨取引所として、コインチェック、GMOコイン、ビットポイントについて解説します。

暗号資産・ブロックチェーン

ESGの観点から見たイーサリアムのPoSへの移行について【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

ブロックチェーンの電力消費量の課題解決を目指して、イーサリアムはコンセンサスメカニズムのアップグレードを計画しています。イーサリアムは現行のPoW(プルーフ・オブ・ワーク)」から「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」に移行することで、環境に配慮したシステムへの移行を目指しています。今回は、ESGの概要とイーサリアムのESGに対する取り組みについて解説します。