Gap、Tezos基盤によるフランク・エイプとのコラボNFTコレクションを発表

大手アパレルのGapは1月12日、「Frank Ape」で知られるアーティストBrandon Sines氏とのコラボレーションによるNFTコレクションを発表している。

Gapは同NFTにオープンソースブロックチェーンのTezosを採用した理由について、Tezosがエネルギー効率の高いアプローチで最小限のエネルギー消費と低いカーボンフットプリント運用が可能であることを挙げている。Tezosはマイニングを必要としないLiquid Proof of Stake(LPoS)コンセンサスアルゴリズムによるデータ処理が特徴だ。

Brandon Sines氏は、代表作のオリジナルキャラクター「Frank Ape」が、60周年を迎えたソロモン・R・グッゲンハイム美術館で記念アートとしてフィーチャーされるなどニューヨークを拠点に活動するグラフィックアーティスト。Gapはプレスリリースの中で、コミュニティ、創造性、自己表現といったポジティブで平等な価値観を中核とするSines氏の芸術が、Gapがもつ現代アメリカの楽観主義の概念と一致するとしている。

Gapの限定コラボNFTは、4つのレベルに分かれており、最初に「Commo(コモン)」が2XTZで、日本時間の14日午前2時から16日午前1時59分まで販売される。そのあと段階的に「Rare(レア)」「Epic(エピック)」「One of a Kind(ワンオブアカインド)」が準備されており、「Rare」は6XTZ、「Epic」が100XTZで、「One of a Kind」については、1月24日(現地時間)にオークションで販売されるという。さらに、「Common」と「Rare」を取得すると、Brandon Sines氏による限定デジタルアートと「Gap x Frank Ape by Sines」のパーカーを購入できる企画も用意されている。

Gapは、デジタル主導の世界で顧客の動向を探求するとともに、地球にやさしいブロックチェーン技術が解放する新たな可能性に期待を寄せていると言及。今後も多くのカルチャーシェイパーと呼ばれる文化のトレンドを先導するアーティストらとのコラボを計画しているという。

【関連記事】暗号資産テゾスとは?
【参照記事】Gap Launches Gamified Collectible NFT Experience to Activate Community, Creativity and Self-Expressi | Gap Inc.

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。