TAG セキュリティ

クレジットカードコラム

三井住友カード プライムゴールドの評判は?メリット・デメリットや還元率、年会費・特典も

20代専用の有料カードの一つに、特典満載のゴールドカード「三井住友カード プライムゴールド」があります。そこでこの記事では、クレジットカードを初めて持つ方や上位カードを検討している方向けに、三井住友カード プライムゴールドの特徴、メリット・デメリット、評判、入会方法について詳しくご紹介するので、ご参考ください。

仮想通貨

ビットバンクが国内交換業者初のバグバウンティプログラムを開始

暗号資産取引所ビットバンクが、バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)を2月16日より開始したことを明らかにした。国内の暗号資産交換業者としては初となる試みだといい、ウェブサービスやアプリケーションのセキュリティ強化を目的としている。

仮想通貨コラム

【社長インタビュー】「国内で選択肢を増やしていく」GMOコインが目指す暗号資産のこれから

GMOインターネットグループで仮想通貨交換業を営むGMOコイン株式会社は、2020年5月でサービス開始3周年を迎え、新通貨の取り扱い開始や貸暗号資産といった新サービスの提供など、積極的にサービス展開を行っています。今回HEDGE GUIDE編集部は、そんなGMOコイン代表取締役社長である石村富隆氏に事業戦略や今後の展望をお伺いしてきました。

その他企業

Ginco、改正資金決済法・改正金商法に対応したカストディシステムを開発へ

株式会社Gincoは2月12日、規制に準拠した安全なブロックチェーン技術の社会実装実現のため、2020年6月頃までを目処に施行が予定されている改正金融商品取引法に準拠した電子記録移転有価証券表示権利等(セキュリティトークン)を保管するカストディシステムの開発・提供を開始する。

仮想通貨

bitFlyer、「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内 No.1に

ビットコイン取引量国内No.1(Bitcoin日本語情報サイト調べ。2018年国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む))の仮想通貨取引所を運営する株式会社bitFlyerは12月27日、株式会社マクロミルによる「仮想通貨・暗号通貨取引サービスに関するアンケート(調査期間:201

その他企業

購入経験者の4割が”塩漬け”も、塩漬け層の66.9%は「今後売買予定あり」。博報堂が仮想通貨に関する生活調査結果を公表

株式会社博報堂が発足した「HAKUHODO Blockchain Initiative」(博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ)は3月6日、2回目の実施となる「仮想通貨に関する生活者調査」結果を公表した。分析の結果、仮想通貨の取引頻度は下落傾向にあり、購入経験者の約4割が”塩漬け”状態にあることがわかった。

その他企業

未知のマルウェアにも有効。BITPoint、「AppGuard」を導入

仮想通貨取引所BITPointを運営する株式会社ビットポイントジャパンは11月5日、シグネチャファイルに依存しない未知のウィルスへの対策が可能なサイバーセキュリティソフト「AppGuard」の導入を発表した。同社によると、AppGuard2018年8月から導入が始まっている。

仮想通貨

マネックスグループ、コインチェックの買収を検討か

インターネット証券大手のマネックス証券などを傘下に持つ金融持株会社であるマネックスグループ株式会社は、ホットウォレットによる管理が原因となり発生したNEM流出事件が問題化していた仮想通貨取引サービス「Coincheck」を運営するコインチェック株式会社の買収を検討していることを、日本経済新聞はじめ各紙が3日に報じた。

仮想通貨

SBI VCトレード、仮想通貨取引サービス開始時期を延期

SBI VCトレード株式会社は2月27日、仮想通貨取引サービス開始時期を延期することを発表した。理由についてSBIVCは、仮想通貨交換業者の利用者保全に関して、一層の安全性が求められるなか、セキュリティ対策や預り資産の管理方法、顧客管理態勢のさらなる強化に一定の時間を要するためとしている。

仮想通貨

世界で最もセキュリティが強い仮想通貨取引所はbitFlyer。Sqreenが140取引所を調査

セキュリティソリューションを手がけるフランスのスタートアップSqreenは1月25日、世界にある140の仮想通貨取引所のセキュリティ対策状況に関する調査結果を公表した。調査の結果、日本の仮想通貨取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)が世界で最もセキュリティに優れた取引所に選定された。