TAG シノケン

シノケンプロデュースは、投資用アパート・マンション販売戸数No.1(全国賃貸新聞・不動産経済研究所・2015年調べ)を誇るジャスダック上場企業「シノケングループ」の企業です。日本で初めて100%融資でのアパート経営を可能にしたローン融資に強い会社でもあります。グループ会社のシノケンファシリティーズでは30,000戸を超える管理実績と入居率99%の入居実績があり、初回の入居が成約になるまで家賃を100%保証する「100%初回満室保証」や、入居者からの家賃の支払いが遅れた場合の家賃滞納保証などオーナーが安定した収益を生むための保証制度も充実しています。既存アパートオーナーの40%以上がリピート購入となっており、購入者からの評判も高い企業です。

【関連記事】シノケンプロデュースの評判・口コミ・資料請求

アパート経営の土地選び、見るべきポイントは?”好立地”の条件や土地なしアパート経営の始め方も

アパート経営を順調に進めるうえで、土地選びは重要な要素です。土地選びの着眼点は大きく分けて、土地がある場所である「立地」と土地自体の特性に分けられます。今回の記事では、アパートにおける土地選びと土地なしからアパート経営を始める方法を解説します。

投資・マネーコラム

シノケンのアパート経営の評判は?営業、融資、物件、入居率の評判・口コミ

シノケンは創業約30年の不動産投資会社で、販売実績5,000棟以上、2017年12月期の売上は1,000億円を超える大企業です。業歴の長さや開発棟数・販売数の多さからネット上にも色々な評判や情報が出回っており、どの情報を信じれば良いのか分からないという方も多いかと思います。

アパート経営

アパート経営のリスク一覧とリスクヘッジ方法は?リスク対策に取り組むアパート経営会社も

アパート経営にはさまざまなリスクが伴います。健全なアパート経営を行うためには、あらかじめリスク要因を整理したうえで、対策を施すことが重要です。今回は、アパートのリスクそれぞれの対策についてまとめました。また、後半ではリスク対策に有効なアパート経営会社を紹介します。

投資・マネーコラム

24年4月からの改正障害者差別解消法施行でアパート経営はどう変わる?注意点や取り組むべきポイントも

2024年に障害者差別解消法が改正されます。これまで「努力義務」とされていた、事業者による合理的配慮が義務化させるのが主な変化のひとつです。不動産業においても、接客の場面などでは一層の配慮が求められます。不動産業において同法が適切に機能すると、ハンディキャップを持つ方の内見や入居検討が促進される可能性も。アパート経営者としても、そのような方に配慮した経営を考えてみましょう。今回の記事では改正障害者差別解消法について、不動産業の側面からまとめました。

国内不動産投資

「想定外だらけ⁉」普通のサラリーマンが1棟アパート経営したらどうなった?シノケンの現役オーナー登壇セミナー9/3開催

株式会社シノケングループは、アパート経営に関心がある人を対象としたセミナーを9月3日、グループ企業の株式会社シノケンプロデュース(東京都港区浜松町2-3-1 日本生命浜松町クレアタワー20階)のセミナールームで開催する。

国内不動産投資

シノケンの来場型不動産投資セミナー「【年収600万でフルローン】東京23区で資産1億を作る!AFPが語る出口戦略セミナー」8/5開催

投資用不動産販売を手掛ける株式会社シノケングループは8月5日、アパート経営を検討している人を対象とした無料セミナー「東京23区で資産1億を作る!AFPが語る出口戦略」を、グループ企業の株式会社シノケンプロデュースのセミナールーム(東京都港区浜松町2-3-1 日本生命浜松町クレアタワー20階)で開催する。

国内不動産投資

シノケン、来場型セミナー第3弾「1棟目の物件選びがカギ!新築vs中古 アパート投資戦略」7/8開催。会場限定特典も

投資用不動産事業の株式会社シノケングループは5月20日午前11時から、不動産投資に興味がある会社員・公務員を対象にしたセミナーを、株式会社シノケンプロデュースのセミナールーム(東京都港区浜松町2-3-1日本生命浜松町クレアタワー20階)で開催する。

国内不動産投資

副業年商1000万円の現役サラリーマン投資家に聞く、資産運用術の極意。シノケンが来場型セミナー第2弾を5/20開催

投資用不動産事業の株式会社シノケングループは5月20日午前11時から、不動産投資に興味がある会社員・公務員を対象にしたセミナーを、株式会社シノケンプロデュースのセミナールーム(東京都港区浜松町2-3-1日本生命浜松町クレアタワー20階)で開催する。

国内不動産投資

現役アパートオーナーがリアル体験談、シノケングループが3年ぶりの来場型セミナーを4/23開催

株式会社シノケングループは、アパートオーナーに興味がある人向けのセミナーを4月23日午前11時、株式会社シノケンプロデュースのセミナールーム(東京都港区浜松町2-3-1 日本生命浜松町クレアタワー 20階)で開催する。

アパート経営

アパート経営で注目される「住宅性能評価」とは?導入しているアパート経営会社も

アパート経営においては、物件の立地や入居率、利回りなどの収益に直結しやすい指標に注目している方も多いでしょう。一方で、長期間にわたる運用が必須となるため建物としての性能も注目されるようになっています。経年劣化や災害などによる建物性能の損失に対する強さの評価基準が「住宅性能表示制度」で、導入しているアパート経営会社も増えています。今回のコラムでは、「住宅性能表示制度」について詳しく解説していきます。

アパート経営

不動産投資で外国人入居者の受け入れのメリット・注意点は?不動産会社の対応事例も

日本で暮らす外国人は増加傾向にあり、そのうちのほぼ半数の世帯が賃貸住宅に住んでいます。しかし生活様式の異なる外国人を受け入れることは、オーナーにとって不安も多いでしょう。そこで今回のコラムでは、外国人の入居者を受け入れるメリットと注意点を解説していきます。また管理業務などを担う不動産会社の対応事例も紹介していきます。

国内不動産投資

シノケングループ、経産省「DX 認定事業者」認定。不動産サービスのDXを推進

株式会社シノケングループが経済産業省の「DX 認定事業者」の認定を取得した。DX認定制度は2020 年5月 15 日に施行された「情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律」に基づく認定制度で、同省が策定した「情報処理システムの運用及び管理に関する指針」を踏まえ、優良な取組を行う事業者を申請に基づいて認定する。期間は2年。

国内不動産投資

シノケングループ「不動産のトラストDXプラットフォーム」をリリース。マイナンバーカードと連携したデジタルIDによる公的個人認証サービスを導入

式会社シノケングループは7月20日、電子契約プラットフォーム「不動産のトラストDXプラットフォーム」をリリースした。同社が顧客に提供するサービスの各種契約をオンラインで実施するための電子契約プラットフォームで、最大の特徴は、マイナンバーカードを活用したデジタルIDソリューション「xID」との連携で、不動産売買の電子契約において、マイナンバーカードと連携したデジタルID(xID)アプリを使用により個人認証を完了させる機能は業界初。

国内不動産投資

公認会計士から学ぶ「年収850万円以上の給与所得者が考えるべきお金の対策」オンラインセミナー開催

シノケングループの株式会社シノケンプロデュースは2月、アパート経営に関するオンライン不動産投資セミナーを開催する。テーマはアパート経営のメリットやリスク、最新の不動産市場と融資環境についてなど「初心者から経験者まで。現場を知る不動産投資コンサルタントの本音が知れる」プログラムだ。