TAG コインベース

仮想通貨コラム

テーパリングとビットコイン価格の関係性【仮想通貨取引所の元トレーダーが考察】

「アメリカのテーパリングがいつから始まり、政策金利の上昇がいつから始まるか」は、2021年の金融市場最大のテーマと言っても過言ではありません。株式市場・債権市場・外国為替取引市場において、テーパリングに関する情報が出るたびに大きな値動きにつながっています。今回は、テーパリングについて理解し、ビットコインの価格にどのような影響を与えるのかという点について考察します。

仮想通貨コラム

Coinbase(コインベース)とは一体どんな仮想通貨取引所なのか?事業展開、日本市場への影響について解説

米国最大の仮想通貨取引所であるCoinbase(コインベース)が8月19日に日本に上陸しました。Coinbaseは今年4月に米NASDAQに上場し、株式評価額が一時1000億ドルに達したことでも話題となった企業です。今回はCoinbaseとはどのような仮想通貨取引所なのか?また、日本の仮想通貨市場にどのような影響を及ぼすのか?という点について考察します。

仮想通貨コラム

Coinbase Earnで無料でステラルーメン(XLM)を獲得する方法【仮想通貨取引所コインベースの使い方】

米国で最大の仮想通貨取引所である「Coinbase(コインベース)」が8月19日、ついに日本でサービスを開始しました。同社は取引サービスはもちろんのこと、仮想通貨について学習しながら報酬として仮想通貨を獲得できる「Coinbase Earn」(コインベース・アーン)」というユニークなサービスを提供しています。新しい技術の知見を深めながら稼ぐことができるので、仮想通貨について関心がある方にとって一石二鳥なサービスです。今回はCoinbaseとCoinbase Earnについて解説します。

Coinbase(コインベース)の口コミ・評判・口座開設

Coinbase株式会社は、世界的な暗号資産取引量を誇る取引所「Coinbase(コインベース)」を運営するCoinbase Global, Inc.(コインベース・グローバル)の日本法人です。Coinbase Globalは、世界中の個人、企業、及び機関などに簡単かつ安全な暗号資産へのアクセスを提供しています。Coinbaseは2021年6月18日に暗号資産交換業者としての登録が完了し、近日中に日本国内で暗号資産交換サービス提供を開始します。

仮想通貨コラム

グレースケールプレミアムのトレードへの活かし方【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

トレーダーが注目しているプレミアム指標と言えば、アメリカの大手投資機関であるグレースケールが発行するビットコイン投資信託「GBTC」があります。近年、大手メディアでも注目されることが多くなっており、多くのトレーダーの間で分析されています。そこで今回は、グレースケールのGBTCプレミアムとトレードへの活かし方について解説します。

仮想通貨コラム

仮想通貨の実用性は?決済利用の動向について解説【ビットコインからNFTまで】

仮想通貨(暗号資産)は投機性が高く、まだまだ実用的には使えないと言う印象が強いと思います。実際に仮想通貨を決済手段として使用した事がある方はどれくらいいるでしょうか?仮想通貨が今後、市民権を得て現金の代替手段として実用化されるかどうかは、仮想通貨の将来性を占うファンダメンタルズの1つです。そこで今回は仮想通貨の決済利用の現状について解説します。

仮想通貨コラム

【重要ニュースまとめ(6/26~7/2)】各国の規制当局がBinanceへ警告、Coinbaseは規制に準拠して事業を拡大。DeFi大手Compoundからは新サービスも

今週は、各国の規制当局によるBinanceへの警告や、Compoundによる新サービスの発表が話題となりました。Binanceは日本居住者にも多くサービスを提供しているとみられ、今後の動向には注意が必要です。一方で、各国の規制に準拠した上で事業を拡大しているCoinbaseは、時間がかかれど着実に各国でのライセンスを取得しています。日本やドイツなど経済大国における事業も正式に開始することができており、さらなる拡大が予想できそうです。

仮想通貨コラム

【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】ビットコインのプレミアム指標のトレードへの活かし方

ビットコイン市場では、ブロックチェーン上の情報を活用する「オンチェーン分析」や取引所毎の価格差を利用したアービトラージといった、仮想通貨市場ならではの情報源があります。今回は海外の取引所とのビットコインの価格差「プレミアム」について、代表的な「Coinbaseプレミアム」を例にトレード方法を解説します。

仮想通貨

米Coinbaseビットコイン取引の出来高水増しでCFTCより罰金、株式公開への影響は

ナスダックへの直接上場を間近に控える米大手暗号資産取引所Coinbaseが、出来高を水増しするために過去に不正な自動取引を行なっていたことが3月19日に明らかとなった。再発防止のために、米商品先物取引委員会(CFTC)より650万ドルの罰金が科されている。