賢い人は使い始めている!情報収集や物件選びに役立つ最新のおすすめ不動産投資アプリ5選

新規物件や物件価格などの不動産投資情報はリアルタイムで変化していますので、定期的にチェックすることが望ましいのですが、ブラウザを立ち上げてサイトにいちいちアクセスするのも手間がかかります。そこで役に立つのが不動産投資アプリによる情報収集です。

最近は、アプリのラインナップも充実してきており、不動産投資のニュースやコラムなどの情報収集から、物件の検索、収益・返済シミュレーションまで色々なことがアプリでできるようになってきています。この記事では、不動産投資に役立つ5つのアプリをご紹介したいと思います。

  1. 楽待(らくまち) 不動産投資&収益物件検索アプリ
  2. TATERU
  3. at home(アットホーム)新築マンション検索アプリ
  4. 不動産情報 ~マンション/戸建て/土地をまとめて検索
  5. アパート一棟買いLite

楽待(らくまち) 不動産投資&収益物件検索アプリ

不動産投資ポータル楽待アプリ

一つ目にご紹介するのは、不動産投資ポータルサイト「楽待」のアプリです。アプリでは、サイトと同様に物件検索の機能が充実していることに加えて、「利回り相場」という機能では路線・駅・エリアごとの平均利回りを比較できるため、穴場の投資エリアを見つけることも可能です。

また、コラムやセミナー情報をチェックすることもできますし、希望条件を登録しておくことで、該当する物件があった時に非公開物件の提案を受けることができることもあるため、日々の情報収集ツールとしても利用したいアプリです。

TATERU

不動産投資アプリTATERU

アパート経営を始めたい方におすすめなのが、不動産投資アプリ「TATERU(タテル)」です。運営会社のインベスターズクラウドは東証一部上場企業で信頼性も高く、安心してダウンロードができるアプリです。

アプリ内には、コンシェルジュにチャットで相談できる機能や、アパート経営や不動産投資に関する記事を読むことができる機能、全国主要都市からアパート物件の実例を見ることができる機能、現在売り出し中の土地情報を確認することができる機能などがあります。

アパート経営に関して不明な点を相談したり、プロからのアドバイスを気軽に受けることができるので、アパート経営が初心者の方には非常に役立つアプリと言えるでしょう。

at home(アットホーム)新築マンション検索アプリ

アットホーム 新築マンション検索アプリ
新築マンション投資をお考えの方におすすめなのが、at home(アットホーム)新築マンション検索アプリです。アットホームの情報のなかでも新築マンションの検索だけに特化したアプリで、デザインが洗練されており、動作も早いため、ストレス無く新築マンション情報を確認することが可能です。

「市区郡」や「駅名」から新築マンション情報を検索することができ、気になる物件を保存しておくことができる「マイリスト機能」もあります。また、詳細を知りたい物件があれば資料請求をすることができますし、物件が複数ある場合には一括で資料請求をすることも可能です。

新築マンション投資を検討している方は、ダウンロードして損のないアプリといえるでしょう。

不動産情報 ~マンション/戸建て/土地をまとめて検索

Nifty 不動産情報
マンションや戸建ての検索がしたいという方には、Niftyが提供する不動産検索アプリがおすすめです。SUUMO(スーモ)やLIFULL HOME’S(ライフルホームズ)、athome(アットホーム)などの有名な9の不動産サイトの購入物件を横断的に比較検索ができるため、複数サイトで検索する時間を節約することができます。

検索の絞り込み条件についても、物件タイプ、価格帯、駅やエリア、間取り、面積、築年数、駅からの距離、その他のこだわり条件などから探すことができますので、非常に重宝します。

アパート一棟買い Lite

アパート一棟買いLite

こちらのアプリは、収益不動産やアパートを購入した際のシミュレーションができるアプリとなります。「アパート一棟買い」という名称ですが、マンションなどもシミュレーションすることは可能です。

分析に必要な項目は物件価格、想定家賃(もしくは利回り)、融資を受ける場合は融資額、融資期間、金利のみですので非常に簡単にシミュレーションを行うことができます。購入後の数十年先まで収支や返済の計算をしてくれますので、数字に弱い方や初心者の方でもマンション投資、アパート経営の収支イメージがしやすいかと思います。

アパート一棟買い Lite シミュレーション画面

物件の購入を検討している方や融資条件を検討されている方、これから不動産投資を始めてみたい方などにおすすめのアプリとなります。

まとめ:アプリは不動産投資の味方

以上、5つの不動産投資アプリをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? アプリはモバイルやタブレットから気軽に立ち上げることができ、動作もサイトに比べて早いため、情報収集のストレスや時間を軽減することができるか思います。ぜひ、ご自分の不動産投資にピッタリのアプリを見つけて、情報収集を効率化・習慣化していただければと思います。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部

HEDGE GUIDE編集部は、投資経験や金融知識が豊富なメンバーで構成されています。不動産投資情報サイト「HEDGE GUIDE」では、不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。

Hedge Guide 編集部おすすめの不動産投資会社PICK UP!

Hedge Guide 編集部がおすすめの不動産投資会社を厳選ピックアップしご紹介しています。

ジーイークリエーション

入居率98%以上!都心一等地でのマンション投資を、頭金10万円から始められる不動産投資会社

GA technologies

GA Technologiesの不動産投資築10年以上の中古マンション投資で効率的な賃貸経営、入居率は99.4%!仲介手数料ゼロを実現

アイケンジャパン

入居99%以上の新築デザイナーズアパート経営とは?資料請求でノウハウ集とDVD無料プレゼント