TAG Opensea

暗号資産・ブロックチェーン

Coincheck NFT(β版)が取り扱いを開始した3D Generativemasksとは

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所「Coincheck(コインチェック)」が運営するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」にて、22年9月26日よりNFTコレクション「3D Generativemasks」の取り扱いが開始されました。今回はCoincheck NFT(β版)で取り扱いを開始した「3D Generativemasks」について、概要や特徴を詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

Coincheck NFT(β版)で取り扱いを開始したEthereum Name Service(ENS)とは

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所「Coincheck(コインチェック)」が運営するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」にて、「Ethereum Name Service(ENS)」の展開を22年9月27日からスタートしました。ここでは新たに取り扱われる「Ethereum Name Service(ENS)」について、概要や特徴を詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

コインチェックが取り扱いを開始した「Moonbirds」とは?【Coincheck NFT(β版)】

暗号資産(仮想通貨)取引所「Coincheck(コインチェック)」は、NFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」において、「Moonbirds(ムーンバーズ)」の取り扱いをスタートすることを明らかにしました。ここではCoincheckが取り扱いを開始するMoonbirdsについて、その概要や特徴、今後の展開などを詳しく解説していきます。

NFT

快適なNFTライフを!「NFTアグリゲーター」とは?

私たちがNFTを取引するときに利用するのはOpenSeaをはじめとするマーケットプレイスですが、複数のNFTを買いたいときは1つずつガス代を支払ってトランザクションを出す必要があったり、欲しいNFTが自分の知らない別のマーケットプレイスに出品されていて気づけなかったりと、不便を感じることも少なくありません。そこで今回は、そうした問題を解決することのできる新しいツール「NFTアグリゲーター」をご紹介します。

NFT

CryptoPunksにBAYC、NFTのヒット商品になるために必要な要素とは?

2021年はNFT市場規模が急拡大した年となりました。2020年前半のNFT市場規模は約360億円でしたが、2021年末までに1兆6000億円〜3兆円に拡大しています。NFT銘柄数も増える一方で、売れ筋となるNFTの傾向も徐々に現れてきています。これらからNFTへの投資を考えている方のために、NFTのヒットコレクションの解説と、人気の出ているNFTの共通点について考察したいと思います。

NFT

元素騎士オンライン -METAWORLD-とNFTプロジェクトのコラボレーション第一弾【Soulz】について解説

メタバースプロジェクトとして発足したばかりの「元素騎士Online -METAWORLD-」が、NFTプロジェクトとのタイアップ第一弾として「SoulZ」との提携を発表しました。SoulZは和風テイストが特徴のイーサリアム上のNFTコレクションであり、世界で注目を集めています。今回は元素騎士Online -METAWORLD-とNFTプロジェクト「SoulZ」のコラボレーションについて解説します。

暗号資産取引所の使い方

GMOコインがNFT投資に適している3つのポイントとは?【仮想通貨(暗号資産)取引所の選び方】

最近、国内外で様々な有名人や企業がNFT産業に進出する中で、自分もNFTを購入してみたいと考えている方も多いと思います。世界的に最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaは、日本人も複雑な登録なしに利用できますが、決済通貨としてイーサリアム(ETH)を用意してウォレットに移す等の手順が必要となります。そうしたプロセスを踏まえて国内の仮想通貨取引所を見ると、GMOコインの利便性が際立ってきます。今回は、GMOコインがNFT投資に適している3つのポイントについて解説します。

暗号資産取引所の使い方

GMOコインで購入したイーサリアムをメタマスクに送付する方法と注意点【仮想通貨ウォレットを使いたい方へ】

購入したイーサリアムをウォレットに移すことを考えると、仮想通貨の出庫手数料が無料なGMOコインは便利な仮想通貨取引所です。そこで、今回はGMOコインで購入したイーサリアムをメタマスクへ送る方法について解説します。

DeFi

メタマスク(MetaMask)ウォレット上の使い方と注意点、盗難被害を防ぐには?

仮想通貨(暗号資産)のウェブウォレットとして有名なメタマスク(Metamask)はDeFiの普及により利用者が急増しており、ダウンロード数は2100万件以上に上ります(2022年現在)。一方でフィッシング詐欺を中心とする盗難被害も多発しており、使用には十分な知識と注意が必要となっています。そこで今回は、メタマスクの概要やハッキング事例について解説します。

暗号資産取引所の使い方

NFT投資に気軽に挑戦できるCoincheck NFT(β版)の魅力とは?【仮想通貨取引所コインチェック】

最近ではNFT(非代替性トークン)が世界的に注目されており、興味を持った方も多いのではないでしょうか。現状、NFTマーケットプレイスを利用する際にはウォレットとイーサリアム(ETH)が必要となるケースが多い状況です。一方で、NFTを取り扱う国内の仮想通貨取引所も増えており、初心者の方にとって気軽にNFTを売買できるようになっています。今回はNFT初心者の方にとっておすすめのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」についてご紹介します。

暗号資産・ブロックチェーン

イーサリアムのスケーリングソリューションの代表的な仮想通貨とは?【セカンドレイヤー・サイドチェーン】

仮想通貨(暗号資産)市場には、ビットコインやイーサリアムなど複数のブロックチェーンがありますが、それぞれ独自の「レイヤー2(セカンドレイヤー)」の研究開発が進んでいます。また、セカンドレイヤーに関連する仮想通貨の注目度も高まっています。そこで、今回は代表的なセカンドレイヤーとその仮想通貨を紹介します。