TAG 電子マネー

仮想通貨コラム

DeCurret(ディカレット)とTAOTAOはどっちがおすすめ?機能や手数料・取扱通貨を徹底比較

最近は仮想通貨交換業者が増えてきており、数多くある取引所の中からどの取引所を選べばよいか迷うこともあると思います。2019年には大手企業が出資している仮想通貨取引所が2つ営業を開始しました。4月に開業したDeCurret(ディカレット)は複数の東証一部上場企業から出資を受けており、国内仮想通貨交換業者では最大の資本金86.28億円を集めています。5月にスタートしたTAOTAOはインターネット大手Zホールディングス(旧ヤフー)の投資会社Zコーポレーションが出資する仮想通貨取引所です。どちらも日本の上場企業が出資している点で信頼度が高い取引所です。ここでは2つの取引所の機能や手数料、取扱通貨などを比較しながら、特徴を解説していきます。

仮想通貨コラム

DeCurret(ディーカレット)の5つの特徴をご紹介!初心者からトレーダーまで幅広く使える「デジタル通貨のメインバンク」

DeCurretは2019年4月に仮想通貨の現物取引をスタートし、同年8月にレバレッジ取引をスタートした比較的新しい仮想通貨取引所です。資本金86.28億円は国内仮想通貨交換業者では最大であり、「デジタル通貨のメインバンク」を目指しており、デジタル通貨活用を促進する独創的な商品開発に取り組んでいます。もちろん、基盤となる仮想通貨取引サービスも利用者にとって使いやすく、安心できるセキュリティ体制も整っています。ここではDeCurretのサービスや機能、特徴について詳しく解説します。

仮想通貨コラム

【仮想通貨投資初心者必見!】DeCurretとbitFlyerはどっちがおすすめ?機能や手数料・取扱通貨を徹底比較

日本国内の仮想通貨取引所が増加する中、既存の決済ツールなどで仮想通貨を利用できるサービスを提供する企業が増えています。仮想通貨を取引するだけでなく実際に決済利用できる環境が整いつつあります。DeCurret (ディーカレット)とbitFlyer(ビットフライヤー)はどちらも、東証一部上場企業やメガバンクから出資を受けており、大手企業と連携して仮想通貨を「使える」サービスを提供している取引所です。

仮想通貨コラム

CoincheckとDeCurret(ディーカレット)はどっちがおすすめ?機能や手数料・取扱通貨を徹底比較!

2014年8月に仮想通貨取引サービスを開始したCoincheckは多くのユーザーに支持されており、2018年4月にマネックスグループ株式会社の子会社となって以来、運営体制をさらに強化しています。2019年3月にオープンしたDeCurretは、大手企業や国内のメガバンクなどから出資を受けており、企業と連携したサービスも構築しています。