イオンカードセレクトの評判は?メリット・デメリットや還元率、年会費・特典も

クレジットカードと電子マネーWAON、キャッシュカード機能を搭載しているのがイオンカードセレクトです。イオンカードセレクトは、イオン銀行で利用可能なキャッシュカードも搭載していて、店舗やネットショップでの買い物だけでなく銀行ATMにも利用できます。

そこでこの記事では、イオンカードセレクトの評判や利用メリットとデメリット、特典について分かりやすく紹介します。各種カードをまとめたい方や、イオン銀行を利用している方は参考にしてみてください。

※この記事は2021年6月1日時点の情報に基づき執筆しています。最新情報はご自身にてご確認頂きますようお願い致します。

目次

  1. イオンカードセレクトの特徴
    1-1.3種類の機能を1枚にまとめたカード
    1-2.ときめきポイントやWAON POINTが貯まる
    1-3.貯めたポイントは商品などに交換可能
  2. イオンカードセレクトの特典とサービス
    2-1.入会特典として最大5,500WAON POINTを貰える
    2-2.オートチャージでWAON POINTを貰える
    2-3.公共料金もカード払いにすることでWAON POINTを貰える
    2-4.給与受取口座をイオン銀行にするとWAON POINTを貰える
    2-5.イオン銀行に関する特典も充実
    2-6.イオンマーク共通特典も利用できる
  3. イオンカードセレクトのメリット
    3-1.イオンのサービスを複数利用している方には特に便利
    3-2.WAON POINTが貯まりやすい
    3-3.イオン銀行Myステージのランクを上げやすい
  4. イオンカードセレクトのデメリット
    4-1.国内、海外旅行保険を付帯していない
    4-2.使い方によっては複雑に感じるサービス
    4-3.引き落とし口座はイオン銀行のみ
  5. イオンカードセレクトの評判
  6. まとめ

1.イオンカードセレクトの特徴

イオンカードセレクトは、イオングループが発行しているクレジットカードです。カード表面には、イオンマークとイオンのロゴ、電子マネーWAONのロゴマークなどが記載されています。紺色に近い落ち着いたデザインも特徴の1つです。

それでは、イオンカードセレクトの基本情報と主な特徴を確認します。

1-1.3種類の機能を1枚にまとめたカード

イオンカードセレクトは、電子マネーWAONとクレジットカード、キャッシュカード機能を1枚にまとめたカードです。

提携ブランドは、VISAとMasterCard、JCBの3種類で、イオングループを含む多種多様な店舗とネットショップなどで利用できます。

年会費や発行手数料は、本会員と家族会員どちらも無料です。

そして、本会員と家族会員の申し込み資格は以下の通りです。

本会員 ・高校生を除く18歳以上で電話連絡可能な方
・高校生の場合、卒業年度の1月1日以降であれば申し込み可能
※未成年者の場合は、親権者の同意も必要
家族会員 ・本会員と生計を共にしている高校生を除く18歳以上の家族

キャッシングサービスでの利用可能枠は、1,000円~300万円の間で設定されていて、実質利率7.8%~18.0%、返済回数は最長57ヶ月、最大57回です。

返済方法は、他のイオンカードと同じく1回払いとリボ払いの2種類から選択できます。

1-2.ときめきポイントやWAON POINTが貯まる

イオンカードセレクトは、イオングループで提供している「ときめきポイント」の他、「WAON POINT」や「電子マネーWAONポイント」を貯めることができます。

ときめきポイントは、店舗やネットショップでカード利用しますと通常200円につき1ときめきポイント貯まるサービスです。

WAON POINTは、WAON POINT加盟店でのカード利用や電子マネーWAON独自サービスの利用で貯まります。カード利用では、通常200円につき1WAON POINT貯まるのが特徴です。その他以下のようなサービスでも貯めることができます。

ウォーキング 指定の歩数計アプリを利用:8,000歩につき1WAON POINT獲得
アンケート WAON POINTサイトでアンケートに回答でWAON POINT獲得
リサイクル イオングループのリサイクル実施店舗へ指定の品目を持ち込むと、1kgにつき1WAON POINT獲得
ポイント交換 エムアイポイントやときめきポイントをWAON POINTへ交換
・1,000エムアイポイントにつき1,000WAON POINT(1,000ポイント単位で交換可能)
・1,000ときめきポイントにつき1,000WAON POINT(500ポイント単位で交換可能)
キャンペーン 不定期で実施されるキャンペーン参加でWAON POINTを獲得

電子マネーWAONポイントは、WAON POINT加盟店以外でも200円につき1電子マネーWAONポイント貯まります。

1-3.貯めたポイントは商品などに交換可能

各ポイントは商品や商品券、提携ポイントサービス、お買い物に利用できるのも大きな特徴です。ポイントを利用して買い物をしたい方、特産品などが欲しい方は交換先や交換方法も確認しておくのが大切です。

ときめきポイントを商品と交換する際は、イオングループ「暮らしのマネーサイト」へログインしたのち、サイト内で手続きを進めます。

以下にときめきポイントの交換先や概要を紹介します。

商品に交換 イオングループで提供している商品と交換可能
・暮らしのマネーサイトログイン後に商品の確認や選択、手続き可能
電子マネーWAONポイント 暮らしのマネーサイトで電子マネーWAONポイントへ交換し、電子マネーWAONにチャージできる
チャージ後は電子マネーWAON対応店舗での買い物に利用できる
ネットショップ イオングループのネットショップで買い物をする際、ときめきポイントを活用できる
利用方法:決済画面でイオンカードセレクトのカード情報と利用ポイントを入力
・1ときめきポイントにつき1円
対象ショップ(例)
・おうちでイオン ネットショップ:お中元、お歳暮向け商品のショップ
・AEONBIKE:自転車専門ショップ
・イオンデジタルワールド:格安スマホなどを取り扱っているショップ

WAON POINTの場合は、イオングループ「WAON POINT」サイトへログインしたのち、交換手続きを進める流れとなっています。

以下にWAON POINTの活用方法も紹介します。

ポイント払い WAON POINTへの会員登録後、対象店舗やネットショップでポイント払いができる
・1WAON POINTにつき1円
・対象店舗はWAON POINTサイトで確認可能
例:
・イオン
・ダイエー
・マックスバリュ
・イオンモール
・ミニストップなど
商品に交換 WAON POINTサイトで、限定アイテムをはじめさまざまな商品と交換できる
例:
・My Melody×犬印鞄製作所 ポーチ ブルーグレー:3,500WAON POINT
・ハリオ V60セラミックドリッパー02セット:3,000WAON POINT
・新潟産コシヒカリ3kg:2,500WAON POINT
提携ポイントと交換 三越伊勢丹グループの「エムアイポイント」と交換できる
・最低1,000WAON POINTから交換可能
・1,000WAON POINT単位で交換手続き可能
・1,000WAON POINTにつき1,000エムアイポイント

電子マネーWAONポイントの場合は電子マネーWAONにチャージでき、対応店舗での買い物に利用できます。

2.イオンカードセレクトの特典とサービス

イオンカードセレクトでは、イオンマーク共通特典に加えてWAON POINTに関する特典やイオンMyステージなど独自特典も利用できます。

それではイオンカードセレクトの特典とサービスの詳細について確認していきます。

2-1.入会特典として最大5,500WAON POINTを貰える

イオンカードセレクト入会特典
2021年5月11日~7月10日に、webにてイオンカードセレクトを新規申込み、2021年8月10日までにカード発行されたユーザーは、もれなく1,500ポイントが貰えます。

また、発行カードにて2021年8月10日までに合計4万円(税込)以上利用した場合、もれなく4,000ポイントが貰えます。

2-2.オートチャージでWAON POINTを貰える

電子マネーWAONには、オートチャージ(自動入金)機能も搭載しています。オートチャージは、あらかじめ設定しておいた金額を下回ると指定口座から自動入金されるシステムです。

イオンカードセレクトでは、上記のオートチャージを利用した際にチャージ金額200円につき1WAON POINT貯まる特典を提供しています。他のイオンカード(WAON一体型)では、オートチャージでWAON POINTを貰えません。

電子マネーWAONで日々の買い物を行う方は、オートチャージを利用する機会も多くWAON POINTも貯めやすいといえます。

2-3.公共料金もカード払いにすることでWAON POINTを貰える

公共料金の口座振替先をイオン銀行にした場合は、口座振替1件あたり5WAON POINTを受け取ることができます。WAON POINTの付与は、公共料金支払い月の翌月17日中に行われます。

ポイント付与対象の公共料金は、以下の通りです。

  • 電気代
  • ガス代
  • 固定電話料金
  • 携帯電話料金
  • NHK料金

一括で支払う場合は、支払い月に5WAON POINTを貰える仕組みです。そのため、月払いの方が効率的に貯まります。

2-4.給与受取口座をイオン銀行にするとWAON POINTを貰える

イオンカードセレクトの発行後、イオン銀行を給与受取口座に設定し、「給与」という入金が発生すると10WAON POINT獲得できます。なお「給与」の入金に関する判断は、取引明細書の摘要欄やATM残高履歴発行サービス「残高履歴明細票」への記述を基準としています。

給与受取口座の変更も検討している方には、利用しやすい特典です。

2-5.イオン銀行に関する特典も充実

イオンカードセレクトは、キャッシュカード機能に加えてイオン銀行や提携ATMに関する特典やサービスも利用できるのが特徴的です。

イオン銀行で取引額が増え、一定条件を満たすとイオン銀行スコアの得点も貯まります。また、イオン銀行スコアの得点に応じて、預金金利率アップやATM入金手数料無料などといった「イオン銀行Myステージ」特典を利用できるようになります。

特典 ブロンズステージ シルバーステージ ゴールドステージ プラチナステージ
預金金利率アップ(年率) 0.01%
(税引後年0.007%)
0.03%
(税引後年0.023%)
0.05%
(税引後年0.039%)
0.10%
(税引後年0.079%)
ATM入金手数料無料回数(1ヶ月の回数) 1回 2回 3回 5回
他行宛振込手数料無料回数(1ヶ月の回数) 0回 1回 3回 5回
必要スコア数 20点以上 50点以上 100点以上 150点以上

イオン銀行Myステージは、ブロンズステージからシルバーステージ、ゴールドステージ、プラチナステージの順に上がります。

たとえばイオンカードセレクトの契約やオートチャージの利用では、合計20点獲得可能なのでブロンズステージへ切り替わります。その他にはカードローンの契約や金融商品の利用など10種類以上の加点条件があります。

イオン銀行スコア点数の加点条件や獲得点数は、イオン銀行のネットバンキングで確認できます。

イオン銀行をメインに使用している方、イオンカードセレクト発行後にイオン銀行を利用する方は、イオン銀行Myステージの内容や条件確認も大切です。

2-6.イオンマーク共通特典も利用できる

イオンカードセレクトは、ときめきポイント還元率アップや買い物代金割引、その優待特典などといった「イオンマーク共通特典」も利用できるようになっています。

日常の買い物に役立つ特典だけでなく、旅行やレジャー関連の優待特典も利用できるのが主な特徴です。

以下に各特典の概要を紹介します。

特典 内容
ときめきポイントの還元率アップ 対象日や対象店舗などでのカード利用で、ときめきポイントの還元率(倍率)がアップ
※通常:200円につき「1ときめきポイント」(還元率0.5%)
※2倍の場合、200円につき2ときめきポイント
・イオングループの対象店舗でカード利用:通常の2倍
・毎月10日のときめきWデーにカード利用:通常の2倍
・ときめきポイントクラブ優待加盟店でカード利用:通常の2倍~5倍
・毎月10日、20日、30日にイオンモール専門店でカード利用:通常の5倍
・イオンカードポイントモールを経由したネットショッピング:最大10%の還元率
イオングループのキャンペーン イオングループが実施しているキャンペーンに参加できる
・お客さま感謝デー:毎月20日、30日にイオングループでカード利用した時は買い物代金5%引き
・G.G感謝デー:55歳以上を対象、イオンカードもしくは電子マネーWAONを利用した時は買い物代金5%引き
・お客さまわくわくデー:毎月5日の付く日にイオングループでカード利用するとWAON POINT2倍
映画料金割引 イオンシネマの会員サービス「ワタシアター」に登録後、イオンカードでチケットを購入した際は、映画チケット300円引き
イオンゴールドカードへの切り替え イオンカードセレクトは、ステータスカード「イオンゴールドカード」へ切り替え可能
※切り替えには所定の条件を満たした上で、イオングループから切明に関する案内を貰う必要がある
・イオンゴールドカードの切り替えや発行手数料無料
イオンワールドデスク 旅行中のトラブルをサポートしてくれる専用窓口
・16ヶ国24ヶ所に拠点を置いている
・利用方法:各拠点へ電話で問い合わせ
・一部有料サービスあり
【サポートサービス】
・インフォメーションサービス:各都市や施設情報に関する案内
・リザベーションサービス:交通機関や施設利用に関する予約手配
・ビジネスサポートサービス:法務相談などビジネスに関するサービス
・トラブル、緊急時、アシスタンスサービス:パスポート紛失などといったトラブル対応
イオンマークのカードの旅行特典 「イオンマークのカードの旅行特典」で旅行、ツアーに関する優待特典や割引特典を利用できる
例:
・イオントラベルモール:パッケージツアー割引
・HIS:国内、海外ツアー3,000円引き
イオンマークのカードの優待特典 「イオンマークのカードの優待特典」経由での予約などで各種優待特典や割引特典を利用できる
また、同サイトの優待情報を確認し、該当店舗でカードを提示することで割引や優待特典を受けることができる
例:
・湯布院 神楽:利用料金から10%引き
・町の洋食屋さん アイリス:デザートアイスプレゼント
ETCカード ETCカードを発行手数料無料で発行できる

さらにクレジットカードの紛失やカードで購入した商品を原因とした事故などに備えた、ショッピング保険や補償も付帯しています。

ショッピングセーフティ保険は、イオンカードセレクトで購入した商品が原因による破損事故、火災事故、盗難事故などといった被害を受けた際に補償してくれます。補償額は年間限度額50万円までとなっており、1つ5,000円以上の商品が補償対象です。また、補償期間は、商品の購入日から180日以内です。

イオンカードを盗難や紛失し不正使用された場合は、クレジットカード盗難保障サービスで補償されます。具体的には、紛失届けを受理した日を含め、61日前にさかのぼった後に発生した被害を全額補てんしてくれます。

3.イオンカードセレクトのメリット

イオンカードセレクトは、日常的にイオングループで買い物を行っている方、電子マネーをよく利用している方などにメリットのあるカードです。

イオンカードセレクトのメリットを紹介します。

3-1.イオンのサービスを複数利用している方には特に便利

イオンカードセレクトは、イオングループの店舗やサービス、イオン銀行を複数利用する方にメリットがあります。

たとえばイオングループで買い物していてイオン銀行で口座を開設している方は、ときめきポイントやWAON POINTを貯めやすい状況です。ときめきポイントは、イオングループのキャンペーンや優待加盟店での利用などで還元率1%~10%まで引き上がります。

他にはイオンシネマの映画料金割引、優待特典を活用した割引や提携店でのカード提示によるオリジナル商品プレゼントなど、さまざまな特典を受けることができます。

イオンカードセレクトは「キャッシュカード」機能および関連特典もあるので、イオン銀行の口座やATMを利用する方にもメリットの多いカードです。

イオングループの各種サービスを利用している方は、多数のポイント特典や割引サービス、優待特典を利用しやすい状況といえます。

3-2.WAON POINTが貯まりやすい

イオンカードセレクトは、WAON POINT関連の特典も多いので効率的に貯めることも可能です。

たとえば、電子マネーWAONを利用した買い物やときめきポイントとの交換をはじめ、イオン銀行の口座振替、給与受取口座の指定などでも貯まります。

イオンカード(普通)などは、イオン銀行の口座振替やオートチャージによるポイント特典はありません。イオンカードセレクトで得られる独自特典なので、使い方によっては他のイオンカードよりも効率的に貯めることも可能です。

3-3.イオン銀行Myステージのランクを上げやすい

イオンスコアの中には、「イオンカードセレクトの契約」もあります。そのため、カード発行のみでも10点獲得できます。ブロンズステージは、イオンスコア20点以上なのでWAONやオートチャージの利用もあれば達成可能です。

イオンスコアの中には投資や外貨預金といった金融商品に関する条件もあるので、イオンカードセレクトの契約のみで10点獲得できるのは、スコアの獲得しやすさという点でメリットといえます。

4.イオンカードセレクトのデメリット

続いてイオンカードセレクトのデメリットも紹介します。

4-1.国内、海外旅行保険を付帯していない

イオンカードセレクトでは、国内旅行傷害保険や海外旅行保険を付帯していません。

旅行中の事故によるケガや偶発的な病気などを治療するためにかかった諸費用を補償してくれるのが、旅行保険の主な特徴です。旅行好きな方には重要な保険なので、イオンカードセレクトを検討している方は、別途旅行保険を探すのも大切です。

4-2.使い方によっては複雑に感じるサービス

ときめきポイントとWAON POINT、電子マネーWAONポイントの3種類が貯まるので、使い方によって複雑に感じる可能性もあります。

たとえばWAON POINT加盟店で電子マネーWAONを利用した際は、WAON POINTと電子マネーWAONポイントが貯まります。しかし、WAON POINT加盟店以外で電子マネーWAONを利用しますと、WAON POINTは貯まりません。

さらにときめきポイントは、電子マネーWAONではなくクレジット決済で貯まる仕組みです。

ポイントが貯まる仕組みは、上記のように少々複雑といえます。多機能ゆえのデメリットですが、メリットもあるのでまずは1種類のサービスや特典を覚えてみてはいかがでしょうか。

4-3.引き落とし口座はイオン銀行のみ

イオンカードセレクトの引き落とし口座は、イオン銀行のみとなっています。他の銀行で引き落とし口座を検討している方、イオン銀行の口座開設を行っていない方は注意が必要です。

どうしても他行から引き落とし口座を設定したい場合は、イオンカードセレクト以外のイオンカードで検討してみるのも大切です。

5.イオンカードセレクトの評判

イオンカードセレクトは、イオンやイオン銀行の利用頻度、ときめきポイント、WAON POINTなど何を重視しているかによって評価の変わるカードです。それぞれの評判を参考にする時は、利用用途や頻度、何を評価したのか判断してみるのも大切です。

それでは、以下の主な評判や口コミの傾向を整理します。

  • 日常的にイオンを利用しているので使いやすく便利
  • ポイント還元率アップ特典も多く効率的に貯められる
  • イオン銀行を利用しているので紐づけやすく使いやすい
  • 金利を上げやすい
  • アプリやサイトは見やすく問題無い
  • 会員専用サイトが分かりにくい
  • ポイントや機能、特典が多すぎて分かりにくい

※上記は個人の感想をまとめたものです。ご自身でもお調べの上、利用に関して検討・判断ください。

生活圏内にイオンがあり日常的に利用している方やイオン銀行をよく利用している方には、良い評判が多い傾向です。特にポイント還元率アップやボーナス付与特典の種類が多い点は、評価されている部分です。

一方、シンプルなサービスを好む方や通常利用時でも還元率が高いカードを利用したい方は、他のクレジットカードを検討した方がいい場合もあります。

イオンカードセレクトを使いやすいと感じるかどうかは人によって異なるため、評判を含め使い方や管理方法をよく確認しておくのも大切です。

まとめ

イオンカードセレクトは、イオングループが発行しているクレジットカードで、電子マネーWAONとキャッシュカード機能を1枚にまとめているのが主な特徴です。さらにオートチャージやイオン銀行の口座振替、給与受取口座の設定などでもWAON POINTが貯まります。

複数のイオン系サービスを1つにまとめたい方や日常的にイオンで買い物を行っている方にはメリットが多いカードなので、関心を持っている方は検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
菊地 祥

菊地 祥

FP3級技能士、投資信託4年目、株式投資8年目。2018年からフリーランスとしてwebライティングやメディア運営を行っています。また、webライターとしては株式投資や投資信託などをやさしく解説。