Suica一体型クレジットカードのおすすめは?特典、年会費も【2022年10月】

Suicaは利用者の多い交通系電子マネーの1つです。スーパーやコンビニを筆頭にさまざまな場所で使うことができます。中でもSuica一体型クレジットカードは、1枚にクレジット機能とSuicaがまとめられていて、Suicaを利用しながらクレジット払いを行いたい方に愛用しやすいサービスです。

そこで今回は、Suicaの機能と一体となったクレジットカード5つを厳選しご紹介します。Suica一体型カードの種類に迷っている方やSuicaとクレジットカードどちらも利用していきたい方などは、参考にしてみてください。

※この記事は2022年10月14日時点の情報に基づき執筆しています。最新情報はご自身にてご確認頂きますようお願い致します。
※本記事は情報提供を目的としており、特定サービスの利用を勧誘するものではございません。申込に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

目次

  1. Suica一体型クレジットカード5選
    1-1.ビックカメラSuicaカード
    1-2.イオンSuicaカード
    1-3.JALカードSuica
    1-4.ANA VISA Suicaカード
    1-5.JRE CARD
  2. まとめ

1.Suica一体型クレジットカード5選

Suica一体型クレジットカードには、マイルを貯めるために適したカードや日常生活で幅広く利用できるカードなどがあります。

ここでは、以下5つのカードを取り上げます。

  • ビックカメラSuicaカード
  • イオンSuicaカード
  • JALカードSuica
  • ANA VISA Suicaカード
  • JRE CARD

それでは、各Suica一体型クレジットカードの特徴やメリット、特典について1つずつ確認していきましょう。

1-1.ビックカメラSuicaカード

本会員の年会費 初年度無料、2年目以降は524円(税込)(年間1回以上カード利用すれば翌年度の年会費無料)
家族会員の年会費 発行不可
国際ブランド Visa、JCB
ETCカードの有無 発行可能、年会費524円(税込)
ポイントプログラム JRE POINT:基本還元率0.5%(1,000円につき5ポイント)
ポイント特典 Suicaのモバイルチャージ、オートチャージ:1,000円につき15ポイント進呈(還元率1.5%)
モバイルSuicaで定期券の購入:1,000円につき30ポイント進呈(還元率3.0%)
ビックカメラSuicaカードできっぷ購入:ポイント還元率最大5.0%
JRE POINT加盟店でカード利用:1.0%のポイント還元
JRE MALLでカード利用:最大3.5%のポイント還元
ビックカメラ、コジマ、ソフマップ以外のカード利用でビックポイントも進呈(還元率0.5%)
主な特典や機能 貯まったJRE POINTをSuicaへ1,000ポイントにつき1,000円のレートでチャージ可能
JRE POINTを商品や新幹線eチケットサービスなどと交換可能
付帯保険 不正利用補償、国内と海外旅行傷害保険

ビックカメラSuicaカードは、ビックカードにSuicaの機能が付帯されたクレジットカードです。初年度の年会費は無料となっています。2年目以降は、年1回以上のカード利用で、翌年度の年会費を無料にしてもらえます。

日常的にビックカメラで商品を購入している方の中でSuicaを利用している方、もしくは通勤のためにSuicaを利用したい方には、使いやすい1枚といえます。

ビックカメラSuicaカードの主なメリットは、JRE POINTの還元率アップに関する特典を受けられる点やSuica機能を活用できる点です。

店舗やネットショップでの支払いにビックカメラSuicaカードを利用した場合は、JRE POINT とビックポイントを1,000円につき5ポイント貯めることが可能です。2種類のポイントを貯められるのは、ビックカメラSuicaカードの強みといえます。

さらにビックカメラSuicaカードでえきねっと、もしくはモバイルSuicaからきっぷを購入すると、1,000円につき50ポイント進呈されます。えきねっとやモバイルSuicaできっぷを購入する方は、特に効率よくポイントを貯められるようになっています。

ポイント以外にはSuica機能を活用できるのが、特長の1つです。

ビックカメラSuicaカードのSuicaへチャージした場合は、Suica対応店舗や自動改札機でタッチ決済を行えます。オートチャージ機能を活用すれば、自動改札機で不足分を自動でチャージしてもらえます。

1-2.イオンSuicaカード

本会員の年会費 永年無料
家族会員の年会費
国際ブランド Mastercard、Visa、JCB
ETCカードの有無 発行可能、年会費永年無料
ポイントプログラム WAON POINT:基本還元率0.5%
ポイント特典 イオングループの対象店舗でカード利用:ポイント2倍(ポイント還元率1.0%)
AEONCARD ポイントクラブの優待加盟店のカード利用でポイント還元率最大1.5%
毎月10日、20日、30日はイオンモール専門店のカード利用:200円につき5ポイント進呈(ポイント還元率2.5%)
毎月10日のAEON CARD Wポイントデーにカード利用:ポイント還元率1.0%
イオンカードポイントモール経由で提携ショップの商品をカードで購入:ポイント還元率アップ
毎月5の付く日はオリジン対象店舗のカード利用時にポイント還元率2.5%
主な特典や機能 貯まったWAON POINTをSuicaへ1,000ポイントにつき1,000円のレートでチャージ可能
WAON POINTはチャージの他、ポイント払いや商品との交換などに利用可能
モバイルSuicaへ登録可能
Suicaのオートチャージ機能を活用できる
毎月20日、30日のお客さま感謝デーはイオンなどの対象店舗で5.0%割引
イオンマークのカードならイオンシネマの映画料金300円引き
付帯保険 不正利用補償、国内と海外旅行傷害保険、ショッピングセーフティ保険

イオンSuicaカードは、イオンカードにSuicaの機能が付帯されたカードです。年会費は永年無料で、イオンシネマの映画料金300円引きをはじめ、お客さま感謝デーの5.0%割引、WAON POINTのポイント還元率アップ特典などを受けられるのが特長です。

他のイオンカードと異なり、国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険も付帯されています。

イオングループ店舗で日用品や食品を購入している方やWAON POINT特典に関心を持っているSuicaユーザーは、愛用しやすい1枚です。

毎月10日、20日、30日にイオンモール専門店でカード利用すると、WAON POINTのポイント還元率が2.5%へアップされます。他には、イオングループの対象店舗でカード利用した際、ポイント2倍(還元率1.0%)特典を受けられます。

貯まったWAON POINTは、ポイント払いや商品との交換だけでなく、Suicaへ1,000ポイントにつき1,000円のレートでチャージすることが可能です。

Suicaを利用していてかつイオングループ店舗で買い物を行っている場合は、メリットの多いサービスです。

なお、Suicaへのチャージは、JR東日本の駅構内に設置されているATMのVIEW ALTTEで進められます。

1-3.JALカードSuica

本会員の年会費 普通カード:初年度無料、2年目以降は2,200円(税込)
CLUB-Aカード:11,000円(税込)
CLUB-Aゴールドカード:20,900円(税込)
家族会員の年会費 普通カード:1,100円(税込)
CLUB-Aカード:3,850円(税込)
CLUB-Aゴールドカード:8,800円(税込)
国際ブランド JCB
ETCカードの有無 発行可能、年会費524円(税込)
ポイントプログラム JALマイル:基本還元率:0.5%(ショッピングマイル・プレミアム入会時は1.0%)
JRE POINT:基本還元率0.5%
ポイント特典 新規入会後にJALグループ航空会社搭乗:普通カードのみ1,000マイル進呈、他2種類は5,000マイル進呈
毎年初回搭乗ボーナスマイル:普通カードのみ1,000マイル進呈、他2種類は2,000マイル進呈
フライトマイルボーナス:普通カードのみ最大10.0%加算、他2種類は最大25.0%加算
ショッピングマイル・プレミアム年会費3,300円(税込)入会でショッピングマイルの還元率1.0%(CLUB-Aゴールドカードは年会費無料かつ自動入会)
主な特典や機能 JALカードのサービスに加えてSuicaとビューカードの特典やサービス付帯
Suica機能搭載(チャージ後に電子マネー決済可能)
自動改札機で利用する際、オートチャージの設定を行っておくと不足分を自動で入金
モバイルSuicaへ登録可能
JR東日本のえきねっとやモバイルSuica、Suicaへのチャージなど指定のサービス利用時にJRE POINT進呈
付帯保険 不正利用補償、国内と海外旅行傷害保険

JALカードSuicaは、JALカードにSuicaやビューカードの特典および機能が加わったクレジットカードです。普通カードとCLUB-Aカード、CLUB-AゴールドカードにSuica機能を搭載してもらえます。年会費はカードによって異なるので、予算や特典などを比較しながら検討するのが大切です。

JALグループの航空便だけでなくだけでなく、電車やバスなどに乗る方にも相性の良い1枚です。

通常の支払いではJALマイルが付与され、SuicaへのチャージやIC乗車券、モバイルSuica、切符や定期券の購入の際にJRE POINTを進呈してもらえます。

ショッピングマイルの還元率は通常0.5%ですが、年会費3,300円(税込)のショッピングマイル・プレミアムへ入会すると1.0%になります。なお、CLUB-Aゴールドカード会員は年会費無料で自動入会されるため、すぐに1.0%の還元率でマイルを貯められる仕組みです。

その他、JALカードSuicaのマイル還元率に関する主な特典を以下に紹介します。

  • JALカード特約店ではマイル還元率2倍の1.0%へアップ
  • 新規入会後および毎年初回搭乗時にボーナスマイル付与
  • フライトマイルのボーナスマイル特典

マイル以外には、JALカード付帯の機内販売10.0%割引や国内空港店舗および空港免税店割引特典といった割引優待特典を受けられるようになっています。

さらにSuica機能を活用することで、チャージおよび電子マネー決済やIC乗車券を活用した鉄道やバスへの乗車といったメリットを得られます。

貯まったJALマイルは、10,000マイルにつきJRE POINT10,000ポイントへ交換できます。JRE POINTを活用する際は、1,500ポイントにつきJALマイル1,500マイルへ交換することが可能です。

1-4.ANA VISA Suicaカード

本会員の年会費 初年度無料、2年目以降は2,200円(税込)
家族会員の年会費 発行不可
国際ブランド Visa
ETCカードの有無 発行可能、年会費550円(税込)(1年に1回以上利用すれば翌年度の年会費無料)
ポイントプログラム Vポイント:基本還元率:0.5%
ポイント特典 貯まったVポイントをANAマイルへ移行可能
継続利用特典:ANAマイル1,000マイル進呈
フライトマイルのボーナスマイル特典
不定期のVポイントやANAマイルキャンペーンでボーナスポイントおよびマイルを獲得できる場合あり
主な特典や機能 ANAスカイホリデー、ANAハローツアー、ANA SKY WEB TOURの料金5.0%割引
国内線、国際線機内販売10.0%割引
Suica機能搭載
付帯保険 不正利用補償、ショッピング補償、国内と海外旅行傷害保険

ANA VISA Suicaカードは、ANAカードにANAマイルとSuicaの機能が付帯されたカードです。年会費は初年度無料で、翌年から2,200円(税込)かかるものの、「マイ・ペイすリボ」の申し込みと利用で翌年度の年会費を割引してもらえます。

旅行や出張の際にANAの利用頻度が高い方の中で、Suicaとクレジットカードの利用を検討している方には、使いやすいサービス内容といえます。

ANA VISA Suicaカードに付帯しているポイントプログラムはVポイントです。店舗やネットショップでクレジット決済を行うと、200円につき1ポイントが貯まります。さらにポイントUPモール経由でカード利用した場合は、最大で10.0%のポイント優遇を受けることが可能です。

Vポイントをマイルに交換する方法は2つあります。

  • 1ポイント=1マイルの通常コース。移行手数料無料となる
  • 1ポイント=2マイルの2倍コース。移行手数料6,600円(税込)となる

2倍コースは移行手数料が6,600円(税込)かかるものの、Vポイント1ポイントにつき2マイル貯められるのが強みです。

マイルの移行方法については、応募方式と自動以降方式の2種類に分かれています。応募方式は好きな時にポイントを自分で移行でき、自動移行方式は毎月自動でマイルに移行してくれます。

移行手数料を節約したい方に好まれている移行方法は、応募方式です。有効期限2年間のVポイントを期間の限界まで貯め、まとめてマイルに移行するという方法です。この方法をとることで、移行手数料が2年に1度で済みます。

マイルの有効期限は3年あるため、Vポイントの2年とあわせて計算すると、最大5年間ポイントを貯めることが可能となります。

Suicaに関しては、IC乗車券やオートチャージ、事前チャージによる電子マネー決済といったサービスが用意されています。モバイルSuicaへの登録と利用、Suicaでの決済を行う際は、Vポイントを貯めることが可能です。

1-5.JRE CARD

本会員の年会費 初年度無料、2年目以降は524円(税込)(JR東日本スポーツ(株)が運営する「ジェクサー・フィットネスクラブ」の月会費をカードで支払うと翌年度の年会費無料)
家族会員の年会費 発行不可
国際ブランド Mastercard、Visa、JCB
ETCカードの有無 発行可能、年会費524円(税込)
ポイントプログラム JRE POINT:基本還元率:0.5%(クレジットカードの利用月から翌月中旬頃に利用額×0.5%分のポイント付与)
ポイント特典 駅ビル、エキナカのJRE CARD優待店、JRE MALLでカード利用:ポイント還元率3.0%(100円につき3ポイント)
ルミネ、ニュウマン各店でカード利用:ポイント還元率3.5%(1,000円につき35ポイント)
Suicaへのオートチャージ、モバイルSuicaへのチャージ:ポイント還元率1.5%(1,000円につき15ポイント)
モバイルSuica定期券を購入:ポイント還元率3.0%(1,000円につき30ポイント)
Suicaのオートチャージ:ポイント還元率1.5%
えきねっとでのきっぷ購入、モバイルSuicaでのグリーン券や定期券購入:ポイント還元率5.0%
主な特典や機能 Suica機能搭載
Suica定期券として活用可能
貯まったJRE POINTはJRE POINT加盟店の支払いに利用可能(1ポイントにつき1円のレート)
JRE POINTをSuicaへチャージ可能(1ポイントにつき1円のレート)
JRE POINT WEB サイトやJRE MALLでポイント払い可能
付帯保険 不正利用補償、国内と海外旅行傷害保険

JRE CARDはSuica機能と定期券の一体型カードです。特にJRE POINTに関する優待特典が充実しています。

Suica機能とJRE POINT重視で他の特典や機能を利用しない方には、メリットの多いカードですし、使いやすいサービス内容といえます。

年会費は初年度無料で、2年目以降は524円(税込)です。JRE POINTは、カードの利用金額1,000円(税込)につき5ポイント付与されます。

基本還元率は0.5%であるものの、以下のポイント還元率に引き上げられる点が特長です。

  • えきねっとのきっぷ購入時にカードを利用するとポイント還元率5.0%
  • JRE CARD優待店やJRE MALLのカード利用で還元率は3.0%
  • ルミネ、ニュウマン各店のカード利用でポイント還元率3.5%

他にもJRE CARD優待店やJRE MALLのカード利用時は、利用月の翌月中旬頃に1,000円につき5ポイントのポイント特典を受けられます。

JRE POINTの有効期限は、ポイントを貯めた日や利用した日を起点に、自動的に2年後の月末まで延長される仕組みとなっています。貯まったJRE POINTは1ポイントで1円分としてSuicaにチャージしたりJRE POINTでポイント払いに利用したりすることも可能です。

まとめ

Suica一体型クレジットカードには、さまざまなタイプがあります。JRE CARDのようにSuica機能とポイントに特化したタイプをはじめ、JALカードSuicaのような複数のサービスやマイルもしくはポイント特典を受けられるタイプも発行されています。

一方、オートチャージやチャージ、IC乗車券機能などといったSuica機能全般に関しては、各Suica一体型クレジットカードの間で大きな違いはありません。

通勤の際にSuicaでスムーズに電車やバスへ乗りたい方やクレジットとSuica機能を使い分けながら生活したい方は、今回紹介したクレジットカードを参考にSuica付帯のクレジットカードや交通系ICと連動したカードなどを比較してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
菊地 祥

菊地 祥

FP3級技能士、投資信託4年目、株式投資8年目。2018年からフリーランスとしてwebライティングやメディア運営を行っています。また、webライターとしては株式投資や投資信託などをやさしく解説。