TAG 賃貸管理

国内不動産投資

全室IoT標準装備「インテリジェントアパート」新規の投資用不動産すべてに導入、シノケングループ

シノケングループの株式会社シノケンハーモニーは17日、7月から受注する全物件を、建物全体・全部屋に各種IoTセンサーが標準装備された「インテリジェントアパート」仕様で販売すると発表した。初年度は新規物件3000戸への導入を目指すほか、既存の賃貸管理物件約3万5000戸への導入も順次予定する。

マンション投資

不動産投資成功の鍵を握る?管理会社の選び方と気を付けるポイント

不動産投資では物件管理を管理会社に委託できるため、働きながらできる資産運用として注目されています。しかし、管理会社の管理業務が疎かであると賃貸経営に大きな影響を与えるため、管理会社選びが不動産投資成功の鍵を握っていると言えます。そこで今回は、管理会社の選び方と気を付けるべきポイントを解説します。

マンション投資

投資用マンションについて初心者が知っておきたい10のポイント

不動産投資に関してさまざまな情報が飛び交い、マンション経営などでは「自動的に収入が発生する」かのような誤った話も見受けられます。しかし、不動産投資は、物件を購入すれば収入が勝手に入る「金のなる木」などではなく、立派な「事業経営」である点に注意する必要があります。

国内不動産投資

不動産会社の顧客満足度ランキング、首都圏新築マンション購入者が選んだ1位は?

株式会社リクルート住まいカンパニー(東京都港区)は21日、首都圏の新築マンション購入者が選んだデベロッパーと管理会社の顧客満足度ランキングを「SUUMO AWARD(スーモアワード)」でデベロッパーの部の上位5社と管理会社の部の上位3社を発表した。

投資ニュース

GAテクノロジーズ、AI審査による家賃債務保証サービス開発開始

株式会社GA technologies(以下ジーエーテクノロジーズ)は21日、AI(人工知能)審査による家賃債務保証サービス「Renosy Forrent Insure(リノシー・フォレント・インシュア)」の開発を開始した。AIによる入居者審査や保証をリアルタイムに、かつ個人の信用力と連動した次世代型の賃貸債務保証システムの実現を目指す。

投資・マネーコラム

「自分が住みたい物件に投資しろ」はウソ?本当に負けない投資用不動産を選ぶ7つのポイント

不動産投資は大きな金額かつ長期の投資となりますので、「自分が住みたい物件」のメリットだけではなくデメリットについても慎重に考える必要があります。果たして「自分が住みたい」という基準で投資を決めてしまっても良いものなのでしょうか。ここでは、「自分が住みたい」物件に投資をする際に懸念される問題を考察し、投資物件の負けない選び方を7つご紹介します。

投資・マネーコラム

赤字大家に共通する5つのポイントと失敗を回避するアパート経営戦略

不動産投資は、当初のシミュレーション通りに運用できるのであれば毎月の家賃収入が期待できるため、他の投資と比較しても安定した投資となります。しかし、実際には長い期間で赤字が続いたり、ローンの返済ができなくなったりした結果、物件を手放さなければならなくなった人もいます。今回は、赤字に陥ってしまった大家達に共通する5つのポイントから、アパート経営の戦略を考えてみたいと思います。

投資・マネーコラム

本当に信頼できる海外不動産投資会社の選び方【管理会社編】

不動産投資で重要なのが物件管理ですが、海外不動産の場合には国内とは違った問題があります。何かトラブルが起きてもオーナー自身がすぐに様子を見に行くことができなかったり、国によって異なる商習慣の違いに悩まされたりなど、実に様々です。そこで今回は、信頼して任せることができる不動産管理会社の選び方をご紹介します。管理会社の探し方のポイントから注意点まで、わかりやすく解説しています。

投資・マネーコラム

儲かるアパート経営にするための賃貸需要の見極め方と支出改善のポイント

アパート経営には、長期にわたって安定収入を得られるメリットや節税メリットなどがあり、魅力のある投資分野の一つです。しかし、実際の賃貸経営では、安定した収益をあげている物件とそうでない物件があります。そこで、これからアパート経営を始める方のために、安定した収益をあげているアパートの特徴や、賃貸経営の健全化を図るポイントについて考えていきます。

投資・マネーコラム

【5分で分かる】サラリーマン大家になるための不動産投資の基礎知識

マイナス金利導入や住宅ローン金利低下により空前の超低金利時代といえる昨今。銀行に預金するよりも将来に向けた資産形成の一つとして不動産投資が注目を集めています。不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンの投資方法として知られ、株式投資やFXなどのように値動きを常にチェックする必要がないことから、仕事で忙しいサラリーマンでも挑戦しやすい投資分野となっています。