TAG 地方

投資・マネーコラム

アパート経営、都心と地方のどちらで始めるべき?メリット・デメリットの比較

アパート経営を始めるに当たって、悩みのひとつとなるのが「都心と地方のどちらで始めるべきか」ではないでしょうか。そこで今回の記事では、都心と地方のアパート経営にはどのようなメリットとデメリットがあるのか、紹介していきます。アパート経営は「立地が成功の鍵を握る」とも言われます。慎重に比較して検討してください。

投資・マネーコラム

アパート経営を地方や郊外で始めるメリット・デメリットは?注意点も

リモートワークの浸透で地方暮らしが注目される中、地方でのアパート経営を検討している方もいます。そこで今回のコラムでは、地方都市や郊外でアパート経営を始めるとした場合、東京と比べるとどのようなメリットとデメリットがあるのかに焦点を当てました。アパート経営を地方で始める際の注意点も合わせて紹介します。

ESG投資

SIIF、地域で小規模事業の承継問題に取り組むココホレジャパンに出資。J-KISS型新株予約権を活用

一般財団法人社会変革推進財団(SIIF)は3月25日、地域の後継者問題を解決する自治体・金融機関向け継業支援プラットフォーム「ニホン継業バンク」を運営する岡山県のベンチャー企業ココホレジャパン株式会社に出資したと発表した。J-KISS型新株予約権を活用した。

投資・マネーコラム

地方や田舎でのアパート経営、メリット・デメリットは?注意点も

アパート経営を地方や田舎で始める場合、土地の価格が安く高利回りを期待できる一方、人口の少ないエリアでは空室対策や出口戦略が課題になります。この記事では、アパート経営を地方(田舎)で始めるメリット・デメリットについて詳しく解説するので、参考にしてみてください。

マンション投資

「マンション投資 vs アパート投資」どちらに投資すべき?両者を徹底比較!

「ワンルームマンション投資にするべきか、アパート投資にするべきか…」、不動産投資を検討する方であれば一度は通る道ではないでしょうか? この記事では、それぞれの特徴やメリット・デメリットを比較した上で、投資目的に応じてどちらを選ぶべきかを解説していきます。

海外不動産投資

日本へのインバウンド投資額、前年比6割減の49億ドルに。日米金利差や米中貿易摩擦など影響

不動産サービス大手のCBRE(日本本社:東京都千代田区)が5月10日発表した「日本のインバウンド&アウトバウンド投資2018年」で、18年の日本へのインバウンド不動産投資額は前年比61%減の48.8億USドル、日本発アウトバウンド不動産投資額は前年比29%減の19.3億USドルだった。

投資・マネーコラム

どの物件に投資する?不動産投資の成功のカギは「マトリクス思考」にあり

不動産投資を始めるにあたっては、エリア(都心か地方か)、立地(駅徒歩分数は何分がいいか)、物件の種類(マンションかアパートか)、築年数(新築・築浅・築古はどれが良いか)など購入前に検討しなければいけないポイントが数多く存在します。投資用不動産を初めて検討するという方の中には、何を基準にどう選べば良いのかが分からないと感じている方も多いのではないでしょうか?

失敗事例から学ぶ不動産投資の極意

3つの失敗事例から学ぶ不動産投資の極意

不動産投資における成功事例を眺めていると、人それぞれの特性やタイミングによるところなども大きく、今すぐに真似をしたくてもできないということも多いのですが、不動産投資の失敗には必ず共通点があります。過去の失敗事例から、不動産投資でやってはいけないことやよく考えるべきポイントを学んでいきましょう。

新築・中古、区分・一棟、どれが正解?物件選びの4つのポイントを徹底比較

物件を購入する際には、新築か中古か、区分か一棟か、都心か郊外かといったようにどちらを選べばよいのか迷うポイントが数多くあります。ここでは、以下のように不動産投資の際によく比較されるポイントのメリット・デメリットを整理して行きたいと思います。

メガバンク続々撤退?住宅ローン融資縮小の動きが鮮明に~今後の不動産投資への影響は?投資・マネーコラム

メガバンク続々撤退?住宅ローン融資縮小の動きが鮮明に~今後の不動産投資への影響は?

2017年11月1日、みずほフィナンシャルグループが、東北など地方の一部で住宅ローンの融資新規実行を取り止める検討をしているとの報道がありました。10月30日にも三菱UFJ信託銀行が住宅ローン業務の停止を検討しているとの…

エリアの選び方とおすすめの物件条件について

エリアの選び方とおすすめの物件条件について

不動産投資において、物件選びが戦術(どう戦うか)とすると、エリア選びは戦略(どこで戦うか)にあたります。いくら良い物件でもエリアに成長性や需要がなければ良い評価はつきません。逆に物件条件が多少悪かったとしてもエリアが良ければ収益をカバーできることもあります。