TAG 不動産売却

投資・マネーコラム

マンション投資の出口戦略を成功させるための5つのポイント

マンション投資を行うにあたっては出口戦略の策定が大切です。出口戦略とは保有しているマンションを売却したり、売却はしなくても一旦運用に区切りをつけて、違った目的で保有したりすることを指します。今回はマンション投資の出口戦略を成功させるためのポイントについて、代表的な手段である「売却」に焦点を絞ってご紹介したいと思います。

投資・マネーコラム

売却額100万円アップも?自宅売却時の査定と売却の7つのポイント・注意点

自宅を売却する際には、まず不動産会社に物件の査定を依頼することになりますが、査定の仕方によって売却額が100万円ほど変わることもあり得ます。ではどのようにすれば自宅を高く売却することができるのでしょうか。今回は自宅を売却する時の価格査定と、売却に関する覚えておきたい7つのポイント・注意点について解説します。

投資・マネーコラム

「やらなきゃ良かった」と後悔しないための不動産投資の出口戦略

不動産投資では、最終的な損益を確定するための出口戦略が重要です。「後で計画すれば良い」と考えると、思っていた以上に早く売却できるチャンスを逃しかねません。今回は「やらなきゃ良かった」と後悔しないためには、どのような出口戦略を立てれば良いかを、区分マンション投資を例にして考えてみたいと思います。

投資・マネーコラム

自宅を売りたい人が知っておくべき不動産売却の流れと注意点

自宅を売りたい場合はまず不動産会社に相談へ行くケースが多いでしょう。しかし、相談をしてもすぐに売却ができるというわけではありません。自宅の価格査定に始まり、いくつかのステップを踏んでから売却まで至ることとなります。今回は、査定から売却までの流れを確認した上で、売却の際に知っておくべき注意点についてご紹介いたします。

投資・マネーコラム

売却はシミュレーションが9割!不動産売却時の手取り額を増やすための試算

不動産を少しでも高く売却するためには、売却にかかる費用を把握し、手取額を増やす方策を検討することが重要です。シミュレーションで方針を決めて進めていくことがポイントになります。今回は、不動産の売却でかかる費用や、売却での手取り額を増やすための方法を紹介するとともに、実際に売却を想定したシミュレーションをご紹介します。

投資・マネーコラム

区分マンションを売却する際に知っておきたいこと5つ

区分マンションは一棟マンションやアパートと比較すると価格帯が低く、比較的売却しやすいという特徴があります。しかし、売却する際には査定の仕方や不動産会社との仲介契約など、注意しなければ長期にわたって買手が付かないという可能性もあります。今回は区分マンションの売却をスムーズに行うために知っておきたいこと5つをご紹介します。

東急リバブルの特徴・評判(不動産売却)

東急リバブルは、年間で24,410件の不動産売買を仲介している(※2017年度実績)という豊富な不動産取引実績、ネット会員約8.5万人超(※2018年6月1日時点)を有するMyリバブルや約220社の東急グループ会社(※2018年6月1日時点)など独自の販売チャネルも含めた膨大な購入希望者データ、売却後の補修費用を最大500万円までサポートしてくれるリバブルあんしん仲介保証(建物保証)、不動産・税務のプロに無料で相談ができるなどの特徴があります。

投資・マネーコラム

不動産を売る際の消費税をわかりやすく解説!2019年10月の消費増税の影響はある?

2019年10月の消費増税が近づき、不動産売却への影響を心配する方が増えています。実際に思った以上の負担増となることもあるため注意が必要です。今回は消費税率アップに伴う不動産売却への影響を取り上げます。消費税の仕組みから増税の影響を受ける課税対象者、不動産の種類や費用のほか、売却・買い替えする場合の影響を解説します。

投資・マネーコラム

住宅ローン借り換えでいくら安くなる?返済総額と金利削減のコツ4つ

住宅ローンの返済が負担になってきた方は「住宅ローンの借り換え」を検討してはいかがでしょうか。現在より低金利のローンに借り換えることで毎月の返済金額や返済総額を減らすことも可能です。今回は住宅ローンの借り換えについて「借り換えで実際いくら安くなるのか」「どうすれば金利を下げることができるのか」などのポイントを説明します。

投資・マネーコラム

今売るべき?不動産売却のタイミングを見極めたい人のための3つの視点

不動産で利益を最大化するには、売却のタイミングの見極めが重要です。ただし、結論から言えば「このタイミングで不動産を売却することがベスト」という鉄則はありません。自分の資金が必要なタイミングによっても、売却タイミングは異なるからです。そこで、資金が必要となるタイミングの判断方法や、見極めのポイントについてお伝えします。

投資・マネーコラム

今の家に住み続ける?住み替える?住み替えの費用やローン控除などを解説

様々な事情から住み替えを考える時、決断を左右する要因の一つが「お金」ではないでしょうか。住み替えにはいくら費用がかかるのか、ローンは組めるのか、今住んでいる家を売った資金でローンを返せない場合はどうするかといった心配事は尽きません。そこで今回は、住み替えに必要な資金や利用できるローン、支払う税金などを詳しく解説します。

投資・マネーコラム

不動産を売却する時にかかる手数料はいくら?相場と注意点を解説

転勤に伴う引越しや相続した土地の処分をする際、不動産売却にかかる手数料や税金などを心配する方も多いのではないでしょうか。売却にかかる費用には様々な種類があるため、現金が足りなくなることがないよう、支払いがいくら発生するのかを把握し、準備しておくことが大切です。今回は不動産の売却で必要となる費用について詳しく解説します。

投資・マネーコラム

知らないと危険?不動産売却の時に注意すべき5つのポイント

不動産は価格帯が高額になりますので、売却においても失敗するとそのぶん大きな損害を被る可能性があります。しかし、中にはルールを知っておけば回避できることもあります。今回は不動産売却の流れを確認した上で、知らないと危険な不動産売却の時に注意すべき5つのポイントをご紹介したいと思います。

投資・マネーコラム

中古物件をより高く売却するためにやっておきたい7つのポイント

中古物件の売却の際には、リフォームや設備の交換などを事前に行うと高く売却できる可能性が上がります。しかし、費用が高額になるほど手元に残るお金は少なくなります。では、あまりお金をかけずに高く売却するにはどうすれば良いのでしょうか。今回は中古物件のメリットとデメリットを踏まえ、より高く売却するためのポイントを紹介します。

投資・マネーコラム

意外とかかるマンション売却時の費用と誰でもできる節約術を紹介!

マンションを売却する際には費用が発生します。不動産会社に支払う仲介手数料や譲渡所得税・印紙税などの税金、住宅診断料・ハウスクリーニングなど様々で、数百万円にのぼることも珍しくありません。売却時の費用を抑えるためには、費用の内訳と節約のコツを知っておく必要があります。この記事を参考に売却活動を有利に進めてください。

投資・マネーコラム

不動産売却時に知っておきたい媒介契約と売買契約の仕方、注意点

不動産売却の仲介を依頼する際には、媒介契約や売買契約など、物件の引き渡しが完了するまでに何種類かの契約が関わってきます。不動産は金額が高い取引になりますので、どの契約の際もミスのないように慎重に行うことが大切です。今回は物件の売却時にあらかじめ知っておきたい、媒介契約と売買契約について手順と注意点を解説いたします。

投資・マネーコラム

ローンが残っている不動産を売却したい!知っておくべき手順と注意点

マイホームも様々な事情から売却せざるを得ないことがあります。しかし住宅ローンの返済途中でまだ債務が残っている場合、不動産はどのように売却すれば良いのでしょうか。そこで今回は、住宅ローンが残っている不動産を売却したい方向けに、不動産売却の流れやローンを完済する手順、そして完済できない場合の対処法をご紹介します。

投資・マネーコラム

消費増税の影響は?不動産売却に関する主要な4つの税金について解説

2019年10月の消費増税前には駆け込み契約の増加も予想される不動産(マイホーム)の売却ですが、不動産取引には税金や仲介手数料など様々な費用が発生します。そこで今回は不動産売却で生じる4つの税金「消費税」「印紙税」「(譲渡)所得税」「(譲渡)住民税」を詳しく解説します。自宅の売却を検討している方などご参考ください。

投資・マネーコラム

「誰にも知られず査定したい」匿名で不動産査定ができるサイトまとめ

家族・知人に知られずに不動産査定を依頼したいというケースは多くあります。「個人的に不動産の価値を知りたいだけ」「周囲からうるさく訊かれたくない」「不動産業者とは接触したくない」など、理由はさまざまです。今回は、不動産の価値を匿名で調べる方法や、匿名で不動産査定ができるサイト、利用する際の注意点をご紹介します。

国内不動産投資

不動産の「売り時感」は76.9%、住宅購入に関する意識調査

株価の乱高下や消費増税など経済の不透明感が強い中、不動産の売りムードが優勢だ。野村不動産アーバンネット株式会社が同社の不動産情報サイト「ノムコム」の会員を対象とした「第16回住宅購入に関する意識調査」では、「売り時だと思う」(22.1%)という回答と「どちらかと言えば売り時だと思う」(54.8%)を合わせ、不動産の売却意向は76.9%に達した。