TAG マイナー

暗号資産・ブロックチェーン

OKCoinJapanに上場するZIL(ジリカ)とは?

22年11月10日、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所「OKCoinJapan」は、販売所サービスで新たに「ジリカ(ZIL)」の取り扱いをスタートしました。ZILの国内における上場はこれが初の事例です。今回はOKCoinJapanで上場した仮想通貨ZILについての概要や特徴、今後の展開などを詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

再生可能エネルギーを利用したFUELHASHのビットコインマイニングとは?

22年9月21日、再⽣可能エネルギーを利用したビットコインのマイニング事業を手がける株式会社FUELHASH(フエルハッシュ)が、カナダのオンタリオ州において、水力発電を利用した100%再生可能エネルギーによるビットコイン(BTC)のマイニングファーム運用をスタートすることを明らかにしました。

そこで今回は、現在注目を集めている、FUELHASHが展開する再生可能エネルギーを利用したマイニングについて、詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

セカンドレイヤーとサイドチェーンは何が違うの?仮想通貨に関する素朴なギモンに答えます

セカンドレイヤーやサイドチェーンは、どちらも現在ブロックチェーンが抱えているスケーラビリティ問題を解決するソリューションとして語られることの多い技術です。しかし、2つの違いについてはっきりと理解している人は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、セカンドレイヤーとサイドチェーンの違いについて、両者の概要や仕組みを踏まえながら解説します。

暗号資産・ブロックチェーン

ESGの観点から見たイーサリアムのPoSへの移行について【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

ブロックチェーンの電力消費量の課題解決を目指して、イーサリアムはコンセンサスメカニズムのアップグレードを計画しています。イーサリアムは現行のPoW(プルーフ・オブ・ワーク)」から「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」に移行することで、環境に配慮したシステムへの移行を目指しています。今回は、ESGの概要とイーサリアムのESGに対する取り組みについて解説します。

仮想通貨

イーサリアム創設者Vitalik氏、分散性とスケーラビリティの両立を解説

イーサリアムの共同創設者Vitalik Buterin氏は12月6日、自身のウェブサイト上で「Endgame」というタイトルの記事を公開した。イーサリアムのような「大きなブロックチェーン」がどのように十分な分散性とスケーラビリティの両立を維持するのかについて説明している。

その他企業

ビットコインマイニングの収益性が向上、中国の支配が弱まりハッシュレートは世界へ分散

ビットコインのブロックチェーンに使われた計算能力の合計であるハッシュレートが史上最高値付近まで上昇しており、中国以外のマイナーが新たな優位性を築きはじめている。暗号資産メディアCoinDeskが10月12日、報じている。

仮想通貨コラム

【イベントレポート】「イーサリアム2.0」をテーマにしたEth2 AMA。開発進むイーサリアムの今

8/2〜8/4にredditにて「イーサリアム2.0」をテーマにしたEth2 AMAが実施されました。同イベントは仮想通貨・ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」のグローバルローンチを記念し、イーサリアム財団のAlex氏を招いて実施されたもので、AMAは現在開発が進むPoS(Proof of Stake:プルーフ・オブ・ステーク)やイーサリアム財団の解散などに関する質問が投稿され、盛況のうちに同イベントは終了しました。