TAG マイナー

仮想通貨コラム

ビットコインは本当に電力の無駄遣いで環境にも悪いのか?ビットコインのエネルギー問題に関する大きな誤解

「ビットコインは電力を無駄遣いしていて環境に悪い」というのは、ビットコインに対する最も典型的な批判といえます。しかし、一見もっともそうに思えるこの指摘は、実際どこまで説得力があるのでしょうか。本記事では、ビットコインマイニングに関するデータや調査研究を元に、ビットコインのエネルギー消費問題に関する誤解を解いていきます。

仮想通貨

ビットコイン・ハッシュレートの回復。半減期がマイニングの地理的分散性を高めるきっかけに

ビットコインマイナーは5月末の1週間に採掘されたビットコインの総量を11%上回るほどの大量売却を行っている。6月1日付でCointelegraphが報じている。通常、マイナーの採算性悪化はネットワークを脅かすが、専門家によるとビットコインはより強固な基盤を形成しようとしているという。

仮想通貨

ビットコイン・ネットワークの安全神話、51%攻撃のターゲットになりにくい理由とは?

半減期を経たビットコインのネットワーク環境が目まぐるしく変化しており、2つの組織がハッシュレートの51%以上を占める状況も観測された。マイナーの集中化は分散型ネットワークのセキュリティを脅かすとして頻繁にコミュニティの注目を集めるが、専門家はビットコインネットワークに51%攻撃は起こりにくいと楽観的だ。

仮想通貨コラム

海外大手取引所が日本へマスクを支援。ビットコインの採掘難易度がマイナス調整に − 1週間の重要ニュース(5/18~5/24)

先週(5月18日〜5月24日)の暗号資産・ブロックチェーン業界は、2009年に発行されたビットコインが11年ぶりに送金されたことで賑わいました。また、ブロックチェーンの特徴を活かして寄付の透明性向上に取り組む「Binance Charity Foundation」による、日本へのマスク支援も報じられています。

仮想通貨コラム

【仮想通貨初心者向け】イーサリアムの大型アップデート「イスタンブール」を徹底解説!

10月25日Ethereumコア開発者会議が行われ、次期ネットワークアップデート「イスタンブール」を12月4日頃に実施することを決定しました。やっと正式日程が決まったことでイーサリアム保有者は価格が上がることを期待していますが、果たして本当に価格に影響するのかなどを考えてみると共に、そもそもこの大型アップデートが何かについてわかりやすく解説していきたいと思います。

仮想通貨

イーサリアムのアップデート「コンスタンティノープル」、1月14日から18日までに実施予定

イーサリアムでは1月14日から18日、4段階目の大型アップデートとなるConstantinople(以下、コンスタンティノープル)の実施が予定されている。イーサリアムの7,080,000個目のブロックでハードフォークは実施される。

仮想通貨

ビットコインキャッシュのマイナー、開発者のマイニング報酬を協議

ビットコインキャッシュのカンファレンス「Coingeek Conference」が5月19日、香港で開かれた。今後のビットコインキャッシュの開発の方向やどのように資金を維持するのかという議論に加え、ビットコインキャッシュ開発者に対する出資についての協議が行われた。

仮想通貨

マイニングブームの波に乗るアジアの電気街。機材を求め、世界から客が集まる

アジアの電気街に、仮想通貨マイニング用の機材であるリグを求める客が世界から集まってきている。ヨーロッパで購入する場合と比較して、リグの部品であるGPUやマザーボード、ファンなどが半額近くになることもあるのだから、注目を集めないわけがない。

仮想通貨

中国人民銀行、ビットコインマイナーへの電力供給を制限する方針

経済成長が著しい中国の中央銀行(中国人民銀行)は、今月3日に開かれた非公開の会合で、地方当局にビットコインマイニングのための電力供給を規制する指示を出し、マイニングの規模を段階的に縮小する計画を明らかにしたと複数メディアが報じている。