TAG サイドチェーン

仮想通貨

Axie Infinityが1.5億ドルの資金調達、ハッキング被害を補填へ

ブロックチェーンゲームAxie Infinityを開発するSky Mavisは4月6日、暗号資産取引所Binanceが主導する資金調達ラウンドにおいて、1億5,000万ドルを調達したことを明らかにした。今回調達した資金は、Sky MavisとAxie Infinityの既存資金と合わせて、3月に発生したハッキング事件の補填に使用される。

NFT

NFTにおけるレイヤー2とレイヤー1のブリッジ

Play to EarnゲームであるAxie InfinityのサイドチェーンRoninにおいて悪用されて、Roninブリッジから資金が流出するという事件が起きました。この事件でもそうであるように、ブロックチェーンにおけるハッキング被害ではブリッジの部分であることが度々あります。そのため、より安全なセキュリティを備えたブリッジが必要とされています。

仮想通貨コラム

【重要ニュースまとめ(3/26~4/1)】Axie InfinityのRoninブリッジがハッキング被害で巨額流出、a16zがエアドロップの匿名化ツールを発表

今週は、Roninブリッジからの資金流出やLayerZeroの資金調達が話題になりました。特にRoninブリッジのハッキング事件は、過去最大規模の資金流出であったことと、Axie Infinityという知名度の高いプロジェクトによるものだったことから、世間を大きく騒がせています。

NFT

【重要ニュースまとめ(3/12~3/18)】人気NFTコレクションのIPが統合、所有者の商用利用が許可される一方で集権化を危惧する声も。イーサリアムThe MergeがテストネットKilnで実行

今週は、Yuga LabsによるCryptoPunksとMeebitsのIP取得や、Polygonネットワークの遅延などが話題になりました。その他にも、ドバイや韓国、タイといった各国で動きが見られています。日本でも、ロシアに対する経済制裁の影響が暗号資産業界にも派生するなどしました。引き続きロシアによるウクライナ侵攻が話題になっており、業界への影響は続きそうです。

NFT

レイヤー2(L2)上で広がるNFTの世界

イーサリアムにおけるガス代高騰の解決策として様々な方法が考案されていますが、その一つが「レイヤー2(L2)」と呼ばれるものです。レイヤー2によって処理能力の向上を目指し、ユーザーの負担を軽減することを見込めることから、イーサリアム上の様々なDAppsにも利用できるのではないかと期待感が高まっています。今回は、レイヤー2上で広がるNFTについてまとめたいと思います。

暗号資産・ブロックチェーン

セカンドレイヤーとサイドチェーンは何が違うの?仮想通貨に関する素朴なギモンに答えます

セカンドレイヤーやサイドチェーンは、どちらも現在ブロックチェーンが抱えているスケーラビリティ問題を解決するソリューションとして語られることの多い技術です。しかし、2つの違いについてはっきりと理解している人は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、セカンドレイヤーとサイドチェーンの違いについて、両者の概要や仕組みを踏まえながら解説します。

その他企業

リップル社、シリーズC資金調達ラウンド株150億ドルの買戻しへ、株式上場への兆しか

ブロックチェーンクロスボーダー決済のリップル社CEOブラッド・ガーリングハウス氏は1月26日、2019年12月に実施したシリーズC資金調達ラウンドの株式、150億ドル(約1兆7,100億円)を買い戻したと自身のツイートで…

NFT

【重要ニュースまとめ(1/8~1/14)】PolygonがPlonky2を公開、サイドチェーンのネットワーク性能を向上へ。イーサリアムのL2ソリューションArbitrumは一時ネットワークがダウン

今週は、米銀行によるステーブルコインの発行やDapper Labsのロビー活動登録などが注目を集めました。より技術的には、PolygonによるPlonky2やAribitrumのネットワークダウンが話題となっています。

暗号資産・ブロックチェーン

【重要ニュースまとめ(12/18~12/24)】ジャックドーシー氏が現状のWeb3.0の中心にいるVCを批判、UniswapがPolygonへの対応を完了

今週は、ジャックドーシー氏のツイートやKrakenによるStakedの買収などが話題になりました。ドーシー氏の指摘するように、現在の暗号資産・ブロックチェーン市場における投資熱は過熱気味であり、それを牽引しているのがVCです。VC側の主張としては、ベンチャー投資を行うことで新たな雇用が創出され経済に還元されているといった内容であり、投資が盛り上がること自体は決してネガティブなことではないと考えています。

NFT

【重要ニュースまとめ(12/11~12/18)】ビットコイン全体の9割が発行完了、イーサリアムのサイドチェーンPolygonがZk-Rollup研究のMirを買収

今週はビットコインの発行量が9割を突破したことや、PolygonによるMirの買収などが話題になりました。特に、ビットコインの9割が発行済みであることは意外と知られていない事実であり、残りの1割を100年以上かけて発行することに驚いたことも少なくないでしょう。

NFT

【重要ニュースまとめ(11/6~11/12)】国内市場の活性化へ向けスクエニとミクシィがNFT事業を本格化、米国ではインフラ法案が可決

今週は、国内でもスクエニやミクシィによるNFT市場への本格参入が話題となりました。これから年末に向けて一層のブロックチェーン市場の盛り上がりが期待できそうです。国外では引き続き規制強化の様相がみられています。米国のインフラ法案可決は大きなトピックであり、米国内では冬の時代が訪れるとの声が多くあがっています。

NFT

日本発のNFTマーケットプレイス「nanakusa」、世界市場に向けてグローバルリリース

NFT(ノン・ファンジブルトークン)を活用したブロックチェーンプラットサービスを展開する株式会社スマートアプリは4月26日、日本初の個人アーティストがNFTを発行・販売できるNFTマーケットプレイス「nanakusa」を世界市場に向けグローバルリリースした。

その他企業

techtec、Ethereum Layer2ソリューション「SKALE」との協業を開始

”学習するほど資産が貯まる”ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtecは2月18日、EthereumのLayer2ソリューションを提供する「SKALE」との協業を開始した。今回の発表に合わせて、SKALEのCEOを務めるJack氏が来日、ミートアップを開催する。