TAG サイドチェーン

暗号資産・ブロックチェーン

仮想通貨交換業者シリーズ「Crypto Garage」ってどんな会社?

「Crypto Garage(クリプトガレージ)」は、仮想通貨交換業者としてだけでなく、その他ブロックチェーン関連の決済サービスや、それに付随するプロダクトを数多く開発・提供しており、今後のクリプト業界を牽引する存在として注目を集めています。今回は、Crypto Garageについて、その概要や事業内容、特徴などを解説します。

仮想通貨

Axie Infinityが1.5億ドルの資金調達、ハッキング被害を補填へ

ブロックチェーンゲームAxie Infinityを開発するSky Mavisは4月6日、暗号資産取引所Binanceが主導する資金調達ラウンドにおいて、1億5,000万ドルを調達したことを明らかにした。今回調達した資金は、Sky MavisとAxie Infinityの既存資金と合わせて、3月に発生したハッキング事件の補填に使用される。

NFT

NFTにおけるレイヤー2とレイヤー1のブリッジ

Play to EarnゲームであるAxie InfinityのサイドチェーンRoninにおいて悪用されて、Roninブリッジから資金が流出するという事件が起きました。この事件でもそうであるように、ブロックチェーンにおけるハッキング被害ではブリッジの部分であることが度々あります。そのため、より安全なセキュリティを備えたブリッジが必要とされています。

NFT

レイヤー2(L2)上で広がるNFTの世界

イーサリアムにおけるガス代高騰の解決策として様々な方法が考案されていますが、その一つが「レイヤー2(L2)」と呼ばれるものです。レイヤー2によって処理能力の向上を目指し、ユーザーの負担を軽減することを見込めることから、イーサリアム上の様々なDAppsにも利用できるのではないかと期待感が高まっています。今回は、レイヤー2上で広がるNFTについてまとめたいと思います。

暗号資産・ブロックチェーン

セカンドレイヤーとサイドチェーンは何が違うの?仮想通貨に関する素朴なギモンに答えます

セカンドレイヤーやサイドチェーンは、どちらも現在ブロックチェーンが抱えているスケーラビリティ問題を解決するソリューションとして語られることの多い技術です。しかし、2つの違いについてはっきりと理解している人は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、セカンドレイヤーとサイドチェーンの違いについて、両者の概要や仕組みを踏まえながら解説します。

その他企業

リップル社、シリーズC資金調達ラウンド株150億ドルの買戻しへ、株式上場への兆しか

ブロックチェーンクロスボーダー決済のリップル社CEOブラッド・ガーリングハウス氏は1月26日、2019年12月に実施したシリーズC資金調達ラウンドの株式、150億ドル(約1兆7,100億円)を買い戻したと自身のツイートで…

NFT

日本発のNFTマーケットプレイス「nanakusa」、世界市場に向けてグローバルリリース

NFT(ノン・ファンジブルトークン)を活用したブロックチェーンプラットサービスを展開する株式会社スマートアプリは4月26日、日本初の個人アーティストがNFTを発行・販売できるNFTマーケットプレイス「nanakusa」を世界市場に向けグローバルリリースした。

その他企業

techtec、Ethereum Layer2ソリューション「SKALE」との協業を開始

”学習するほど資産が貯まる”ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtecは2月18日、EthereumのLayer2ソリューションを提供する「SKALE」との協業を開始した。今回の発表に合わせて、SKALEのCEOを務めるJack氏が来日、ミートアップを開催する。

サイドチェーンとは・意味

サイドチェーンとは、メインのブロックチェーンとは異なるブロックチェーンによってトランザクションを処理する技術です。サイドチェーンは、ビットコインやイーサリアムをはじめとする仮想通貨の機能拡張やスケーラビリティ問題の解決策として開発が進められており、仮想通貨取引所ではウォレット間の資金移動に利用されています。

その他企業

国内初、規制のサンドボックス制度により安全・透明性の高い仮想通貨決済システムの実証実験を開始

日本政府は「規制のサンドボックス制度」の対象として、仮想通貨の新たな決済システムを開発したCrypto Garage(クリプトガレージ)社を認定した。同制度の認定はこれで3度目であり、フィンテック関連事業としては今回が初めてだ。

仮想通貨

Liskのリブランディング。誰でもアクセスしやすいブロックチェーン構成を目指す

日本時間21日朝にドイツ・ベルリンでのリブランディングイベントを終え、新たなロゴのデザインを公開した仮想通貨Lisk。今後はFintechに精通している人はもちろん、仮想通貨初心者など幅広い対象者に向けてブロックチェーンのアクセシビリティを向上させると発表した。