TAG コンドミニアム

投資・マネーコラム

フィリピン不動産投資、日本人が所有できる物件の種類や特徴は?

近年、経済成長著しい東南アジアが投資先として注目されています。フィリピンの不動産市場は東南アジアの中でも平均年齢が若いことや人口増加率が高く、特に期待値が高いエリアと言えるでしょう。フィリピン不動産に関する規制の内容や、フィリピンのコンドミニアムが持っている特徴などについて解説します。

投資・マネーコラム

海外コンドミニアム投資のメリット・デメリットは?おすすめの投資対象国も

日本の人口減少や経済の低迷が続く現在、日本国内の不動産市場に変わる投資先として海外のコンドミニアム投資が注目されています。この記事では、海外コンドミニアム投資のメリット・デメリットや、おすすめの投資対象国について解説します。

投資・マネーコラム

海外コンドミニアム投資のポイントは?国内不動産投資との違いや比較も

海外のコンドミニアム投資で失敗しないためには、利回りや物件の状態などのほか、リスクの要因となる政権の安定性や通貨などについても比較が必要です。同じ集合住宅といえども、日本でのマンション投資とは大きく異なります。この記事では、海外のコンドミニアム投資で成功するための比較ポイントについて解説します。

投資・マネーコラム

海外不動産投資の特徴は?物件の選び方や注意点について解説

海外不動産に関する情報は国内不動産のように豊富に出回っているわけではありません。まずは海外不動産投資の特徴やリスクを把握してから、具体的な投資対象国・エリア選びをするのが良いでしょう。この記事では、海外不動産投資を検討中の方向けに、海外不動産投資の特徴と物件の探し方について詳しくご紹介します。

投資・マネーコラム

海外不動産投資のキャピタルゲインとインカムゲイン、どう狙えばいい?

これまで海外不動産投資では節税面がクローズアップされてきましたが、実際にはインカムゲインを狙える国や、新興国なら値上がり益であるキャピタルゲインを狙える国もあるなど、利益の出し方も様々あります。そこでこの記事では、海外不動産のキャピタルゲインとインカムゲインの特徴・魅力のほか、利益の出し方・狙い方を詳しく解説します。

投資・マネーコラム

海外不動産投資の節税対策規制、今後はどの国でどう投資すべき?

海外不動産を利用した節税スキームが、2019年12月に発表された税制大綱で規制される方針だとわかりました。政府は、海外不動産の運用で生み出した赤字を国内所得と合算できないよう法改正する予定です。この記事では、2021年(令和3年)から適用予定の規制内容や、今後の海外不動産の運用方法、おすすめの投資先をご紹介します。

投資・マネーコラム

2020年、タイ不動産に固定資産税(土地家屋税)が発生。投資への影響は?

好調な経済成長を背景に「アジアのデトロイト」と言われるタイでは、2020年1月1日から新たに「土地家屋税」が施行される予定です。新しい土地家屋税は内容が変わり、日本の固定資産税に近い内容となりました。そこで、この記事では新しい土地家屋税の内容や、施行後のタイ不動産投資に与える影響について詳しく説明します。

投資・マネーコラム

海外不動産投資で発生する税金と節税対策、確定申告情報まとめ

海外不動産投資による所得に対しては現地と日本の両国で課税されるため、原則として確定申告をする必要があります。税金は所得額によっては大きな負担となるため、節税対策などを含めて事前に知識を知っておくことが大切です。そこで、この記事では、海外不動産投資で発生する税金の種類や節税方法、確定申告の手順について詳しくご説明します。

投資・マネーコラム

海外不動産を利用した国際分散投資、気をつけるべきポイントは?

海外不動産投資は投資先が様々ありますが、国によって経済状況や不動産市場の動きが異なります。そこで投資リスクを軽減する方法である「分散投資」が重要になります。今回は分散投資の内容やメリット、複数の国に投資する上で気をつけたい注意点などをご紹介します。

投資・マネーコラム

カンボジアでコンドミニアムを購入するには?リスクや失敗例も解説

経済成長が続くカンボジアはコンドミニアムの価格上昇が続くなど不動産市場が好調です。2018年7月に総選挙で圧勝したフン・セン首相はさらなる投資を呼び込もうと、カンボジアを「アジアの工場」とする目標を掲げています。今回はカンボジアのコンドミニアムを購入する際のポイントや注意点、リスクなどをご紹介していきます。

マレーシアの不動産投資投資・マネーコラム

マレーシアでコンドミニアムを購入するには?リスクや失敗例も解説

チャイナマネーの流入が続くマレーシアでは不動産価格が上昇し、好調な経済成長を維持しています。今後もさらなる投資マネーの呼び込みが期待できることから不動産投資先として日本人にも人気があります。しかし、外国人がマレーシアの物件を購入する際は、州によって条件が異なるなど事前の情報収集がとても大切です。

投資・マネーコラム

インドネシアで不動産投資を始めるための10ステップ

毎年3%を超えるインフレ率により不動産価格の上昇が見込めるインドネシアは、世界の投資家から今注目されています。しかし土地所有権はインドネシア国民に限られるなど海外投資家にとって不動産投資参入の障壁が高いことでも知られています。
そこで今回はインドネシアで不動産投資を始めるため方法・手順をご紹介していきます。

投資・マネーコラム

フィリピンでコンドミニアムを購入するには?リスクや失敗例も解説

経済成長を背景に不動産投資で注目される新興国の中でも、フィリピンは多くの投資マネーを呼び込んでいます。キャピタルゲイン・インカムゲインともに大きく、米USニューズ&ワールド・レポート誌による「2018年 投資するのに最も適した国」の第1位に選ばれるなど、今最も魅力的な市場として注目を集めています。

投資・マネーコラム

タイ・バンコクでコンドミニアムを購入するには?リスクや失敗例も解説

税金対策や資産形成のために海外不動産を検討する方は多くいますが、なかでも経済成長が見込める東南アジアの物件は根強い人気があります。特にタイは2018年第1四半期における住宅価格の上昇率が6.1%と好調です(Global Property Guideより)。そこで今回は、タイ・バンコクでのコンドミニアム購入に関する規制やリスク、注意点などについて情報をご紹介していきます。

投資・マネーコラム

本当に信頼できる海外不動産投資会社の選び方【物件購入編】

海外の不動産を購入する主な方法は、「不動産会社に仲介してもらう」「開発デベロッパーから直接購入する」の2つがあります。不動産会社に仲介してもらう場合は、信頼できる不動産会社選びが重要になります。また、デベロッパーから直接購入する場合は現地での詳細な情報収集が必要です。そこで今回は日本の会社、あるいは日本語によるサービスを受けられる日系企業を中心に、信頼できる優良な海外不動産会社とその選び方をご紹介します。