TAG アルトコイン

仮想通貨コラム

複数の暗号資産取引所で行うビットコインのアービトラージ取引について解説

国内の暗号資産取引所の口座開設数は増加傾向にあり、市場参加者の増加により取引所毎のビットコインの価格差が開き、アービトラージ取引の機会も生じました。アービトラージ取引はリスクを低減しながら利ざやを稼ぐ際に利用する手法です。この記事ではビットコインのアービトラージ取引について解説します。

仮想通貨コラム

暗号資産のスイングトレードで利益を狙うのにおすすめの暗号資産取引所

暗号資産はボラティリティが大きいため、ある程度利益の出た銘柄を売却して、ポートフォリオを組み替えるといったアクティブな運用方法を行っている投資家も少なくありません。ここではアクティブな運用方法の一つ「スイングトレード」についてご紹介します。

仮想通貨コラム

アルトコイン投資におすすめの暗号資産取引所とは?現物取引・レバレッジ取引など各社サービスについて解説!

アルトコインに投資する前にはそれぞれの資産の特性やリスクを低減する投資方法などを知っておくことがおすすめです。ここでは暗号資産投資の注意点や、アルトコインの取り扱いのある暗号資産取引所について比較します。

仮想通貨コラム

最短即日で始める暗号資産投資!コインチェックやbitFlyerなど取引所のスマホアプリ4つを紹介

暗号資産取引所のスマートフォン用取引アプリはどんどん進化しています。そうなってくると「結局、どこの取引所のアプリを使えば良いの?」と迷う方も多くいらっしゃいます。ここでは各暗号資産取引所のスマホアプリを詳しく比較していきます。

仮想通貨コラム

ビットコイン投資初心者必見!暗号資産取引所選びの3つのポイント

暗号資産(仮想通貨)の取引をするには暗号資産取引所で口座を開設する必要があります。しかし日本国内だけでも多くの取引所があるので、「どこがいいのか」、「何を基準に選べばいいのか分からない」といった方も多いと思います。取引所によって取引方法や取り扱い銘柄が変わってくるため、まずは自分の目的にあった取引所選びを心がけましょう。

仮想通貨コラム

ビットコインと並んで人気の高い暗号資産投資。コインチェックなどアルトコインの取り扱いが豊富な取引所をご紹介

暗号資産にはビットコイン以外にも、XRPやイーサリアムなどさまざまな種類が存在しており、それらは総じて「アルトコイン」と呼ばれています。ここではコインチェックを始めとする、アルトコインの取引サービスを提供する暗号資産取引所について解説します。

仮想通貨コラム

スマホで始めるビットコイン投資。コインチェックとSBI VCトレードの暗号資産取引アプリを徹底比較

暗号資産(仮想通貨)を売買するのにスマホアプリを使う方も多いと思います。暗号資産アプリでできる事には、日本円の入出金操作や暗号資産の送信、取引所サービスの管理など多岐に渡ります。アプリ上で口座開設も可能なので、誰でもスマホひとつで手軽に暗号資産投資を始められる様になっています。コインチェックとSBI VC トレードのスマホアプリはこれから暗号資産を始める方におすすめです。ここでは両社のスマホアプリを詳しく比較していきます。

仮想通貨コラム

【暗号資産・ビットコイン取引所選び】コインチェックとGMOコインのサービス内容を比較!

ここでは、暗号資産投資をこれから始めようと考えている方に向けて、おすすめの取引所コインチェックとGMOコインについてご紹介します。どちらも、「販売所」と「取引所」の両方を利用でき、スマホアプリも初心者にもわかりやすい設計となっています。しかし、取り扱い銘柄や、注文方法、手数料設計などで違いがあります。これから始めようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

保有中のビットコインが急落したら?含み損を抱えた時の対策と暗号資産投資の心構えとは

2020年3月12日にビットコインは83万円から52万円まで急落しましたが、このような時に慌てて売却したり、積立をストップしてしまったりすると、買い戻しのタイミングがつかみにくくなるものです。そういった際に冷静な判断ができるように、心構えや対策についてご紹介します。

仮想通貨コラム

【社長インタビュー】レバレッジ取引に注力するDMM Bitcoin、その理由と暗号資産のこれからの展望

暗号資産取引所「DMM Bitcoin」は、豊富なレバレッジ取引の取扱銘柄を提供し、2020年10月には新たな注文方式を発表するなど市場の動きに先立って精力的にサービスを展開されています。今回HEDGE GUIDE編集部は、そんなDMM Bitcoin代表取締役である田口 仁 氏に事業設立の背景や事業戦略、そして今後の展望をお伺いしました。

仮想通貨コラム

【暗号資産・ビットコイン取引所選び】コインチェックとSBI VCトレードのサービス内容を比較!

ここでは、暗号資産投資をこれから始めようと考えている方に向けて、おすすめの取引所コインチェックとSBI VCトレードについてご紹介します。どちらも、「販売所」と「取引所」の両方を利用でき、スマホアプリも初心者にもわかりやすい設計となっています。しかし、取り扱い銘柄や、注文方法、手数料設計などで違いがあります。これから始めようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

アルトコインを豊富に取り扱っている取引所はどこ?アルトコイン投資におすすめの暗号資産取引所4選

仮想通貨(暗号資産)というと、ビットコインを思い浮かべる人は多いと思います。市場にはXRPやイーサリアムなどさまざまな種類が存在しており、それらは総じて「アルトコイン」と呼ばれています。仮想通貨取引所によって取扱いのあるアルトコインは異なり、各社サービスの差別化要因の一つとなっています。

仮想通貨コラム

【仮想通貨初心者向け】コインチェックで仮想通貨投資を始める方法:スマホで口座開設編

ビットコインやXRP(エックスアールピー)、イーサリアムなど、仮想通貨投資に挑戦したい方にとって、最初のステップが仮想通貨取引所でアカウントを開くことです。国内大手の仮想通貨取引所コインチェックの口座開設作業は、スマホで完結できるので便利です。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが解説】暗号資産投資家が押さえておきたいステーブルコインの重要性

暗号通貨市場の多くの参加者にとって、ステーブルコインは切っても切り離せないものとなっています。わかりやすい例では、テザー(USDT)の新規発行を報せるツイッターアカウントは、トレーダーの間で一種の「強気」シグナルと認識されています。ステーブルコインは近年、暗号資産市場におけるユースケースが拡大し、ますます重要性が高まっています。

仮想通貨コラム

スプレッドは「悪」?暗号資産取引で販売所を利用する際のポイントとは

国内の暗号資産取引所の新規口座開設数は増加傾向にあり、投資初心者だけでなく、FX(外国為替取引)や株式投資の経験者が暗号資産市場に参入するケースもある様です。ここでは、中長期的に暗号資産を保有したいという方に向けて、暗号資産取引所3社の「販売所方式(現物取引)」のスプレッドに焦点を当てて、どこが割安か?という点を解説したいと思います。

仮想通貨コラム

【暗号資産投資を始めるなら】GMOコインとSBI VC トレードではどっちがおすすめ?取扱銘柄や機能、手数料などを徹底比較!

GMOコインとSBI VC トレードは国内でも知名度の高い暗号資産取引所です。どちらも金融機関のグループ会社であり、信頼性の高いセキュリティ体制や高品質なサービス提供を行っています。ここではGMOコインとSBI VC トレードのサービスや機能などを比較・分析します。

仮想通貨コラム

bitFlyerとDMM Bitcoinはどっちがおすすめ?機能や手数料、取扱通貨を徹底比較!

bitFlyerとDMM Bitcoinはどちらも知名度の高い日本国内の大手仮想通貨取引所です。bitFlyerは国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けている信頼度の高い取引所です。DMM Bitcoinもまた、国内大手のインターネット企業のグループであり、FXサービスを提供してきた実績があります。

仮想通貨コラム

DMM Bitcoinの評判は?メリット・デメリット・注意点を徹底解説

DMM BitcoinはDMMグループの子会社として設立されています。DMMグループは未上場の企業でありがら売上高はグループ全体で2,000億円を超えるほどの大企業です。グループでは電子書籍から、FX事業まで幅広いジャンルで事業展開しており、その中に仮想通貨事業を展開するDMM Bitcoinがあります。

仮想通貨コラム

2020年上半期アプリダウンロード数No. 1!Coincheck(コインチェック)の新着・更新情報まとめ!

暗号資産取引所のコインチェック(Coincheck)は若年層のユーザーベースが大きいことで知られています。コインチェックのサービス内容はもとより、取引ツールやアプリのデザイン性で高い評価を得ており、「アプリダウンロード数」、「デイリーアクティブユーザー数(DAU)」で国内No.1となっています(2020年1月~6月 データ協力:App Annie)。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが解説!】投資額に応じた暗号資産の投資戦略の組み立て方

暗号資産のマーケットが盛り上がりも見せる中、改めて関心を寄せている人も多いでしょう。これまで法定通貨のFXや株等の投資を行ってきた方の中には、暗号資産のボラティリティは少し怖いと思う人もれば、ポートフォリオに含めることを合理的と判断する人もいます。ここでは投資額に基づいて、どのように暗号資産に投資を行うべきかを考えていきたいと思います。