TAG アルトコイン

仮想通貨コラム

bitFlyerとDMM Bitcoinはどっちがおすすめ?機能や手数料、取扱通貨を徹底比較!

bitFlyerとDMM Bitcoinはどちらも知名度の高い日本国内の大手仮想通貨取引所です。bitFlyerは国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けている信頼度の高い取引所です。DMM Bitcoinもまた、国内大手のインターネット企業のグループであり、FXサービスを提供してきた実績があります。

仮想通貨コラム

【仮想通貨初心者向け】コインチェックで仮想通貨投資を始める方法:口座開設編

ビットコインやXRP(エックスアールピー)、イーサリアムなど、仮想通貨投資に挑戦したい方にとって、最初のステップが仮想通貨取引所でアカウントを開くことです。初心者にとっても使いやすいと評判のサービスが「コインチェック」です。

仮想通貨コラム

DMM Bitcoinの評判は?メリット・デメリット・注意点を徹底解説

DMM BitcoinはDMMグループの子会社として設立されています。DMMグループは未上場の企業でありがら売上高はグループ全体で2,000億円を超えるほどの大企業です。グループでは電子書籍から、FX事業まで幅広いジャンルで事業展開しており、その中に仮想通貨事業を展開するDMM Bitcoinがあります。

Altcoins仮想通貨コラム

アルトコインのトレードにテクニカルは考えない。ビットコインと異なる3つのポイント

投資を行う上で基本知識の学習は大切です。その上で日々のニュースをチェックし、各ニュースがどのように相場に影響するか、ファンダメンタルズ分析の勉強も並行して行うことが、勝率を上げる上で重要となってきます。
ビットコインの時価総額は日本のトヨタの規模感まで拡大しており、流動性も高まっていることから、マーケットとして着実に成長してきています。しかし、注意すべきはアルトコインの取引です。ここではアルトコイン市場の注意点について解説したいと思います。

仮想通貨コラム

アルトコインを購入するならCoincheckをおすすめする4つの理由

アルトコインの多くは、ビットコインのスケーラビリティや送金速度などの課題を補うために開発されています。今年30%上昇しているビットコインキャッシュは、ビットコインよりも送金手数料が安価で、決済利用を想定した機能が搭載されています。アルトコイン投資は一定の人気を得ており、国内の仮想通貨取引所ではCoincheckが最も多くの通貨を取り扱っています。ここではアルトコインを購入するに当たってCoincheckの取り扱い銘柄や、取引サービスについて解説していきます。

仮想通貨コラム

少額投資をするならどの仮想通貨取引所がおすすめ?厳選3社の取扱通貨や購入数量を比較

仮想通貨取引ビジネスに大手企業が参入する流れの中でLINEや楽天銀行との連携など便利なサービスが登場しており、仮想通貨投資への参加の敷居はますます下がってきています。しかし、仮想通貨市場の相場は株式や金などに比べると値動きが激しいため、リスクを抑えるために「まずは少額から投資を始めたい」と考える方も多くいらっしゃいます。ここでは、HEDGE GUIDE編集部が厳選した3社の仮想通貨取引所の少額投資条件、取扱通貨、各種手数料などを徹底比較します。少額投資に適した取引所の中に、自分にあった入金方法やサービスを提供している企業が見つかるかもしれません。この機会にチェックしてみてください。

仮想通貨コラム

BITMAXとbitFlyerはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較!

最近では、スマホアプリから簡単に利用できる仮想通貨取引サービスが増えています。bitFlyerはスマホアプリ「bitFlyer ウォレット」で、「初めて利用した仮想通貨アプリ」、「現在利用しているアプリ」でNo.1*に選ばれるなど、アプリの評価の高い代表的な仮想通貨取引所です。2019年9月よりサービスを開始したBITMAXは、月間8,200万人以上が利用するメッセージングサービス「LINE」を介してアクセスできる仮想通貨取引所です。LINEアプリに専用ウォレットが搭載されており、使い慣れたLINEのインターフェイスから仮想通貨取引ができる点で注目されています。ここでは、bitFlyerとBITMAXについて、それぞれが提供している機能や手数料、取扱通貨など様々な部分を客観的に比較・分析したいと思います。両社それぞれの特徴のなかに、自分にあったサービスが見つかるかもしれません。是非参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

【仮想通貨投資初心者必見!】DeCurretとbitFlyerはどっちがおすすめ?機能や手数料・取扱通貨を徹底比較

日本国内の仮想通貨取引所が増加する中、既存の決済ツールなどで仮想通貨を利用できるサービスを提供する企業が増えています。仮想通貨を取引するだけでなく実際に決済利用できる環境が整いつつあります。DeCurret (ディーカレット)とbitFlyer(ビットフライヤー)はどちらも、東証一部上場企業やメガバンクから出資を受けており、大手企業と連携して仮想通貨を「使える」サービスを提供している取引所です。

仮想通貨コラム

ずばり投資初心者が仮想通貨を始めるならbitFlyerがおすすめ!その理由とは?

ビットコインへの投資が注目される中、投資未経験の方の場合は仮想通貨取引所選びにあたって何を参考にすれば良いのか悩む方も多いでしょう。ここでは、なぜ投資初心者が販売所方式から始めるのが良いのか、仮想通貨を始めるにあたってbitFlyerをおすすめする理由について、HEDGE GUIDE編集部がご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

仮想通貨投資を始めるならCoincheckがおすすめの5つの理由

Coincheckは、複雑になりがちな仮想通貨取引アプリの中でも、初心者でも見やすく直感的に使いやすいインターフェースを提供していることで人気を博しました。しかし、Coincheckの魅力はそれだけにとどまらず、長期投資を目的とする投資家におすすめな機能や仮想通貨で利子を得られるサービスなど特徴的なサービスも提供しているといった特徴もあります。

仮想通貨

最大5万円相当のビットコインが当たる!「仮想通貨を買いそろえてお年玉がもらえるキャンペーン」をbitFlyerが開始

ビットコイン取引量国内No.1(Bitcoin日本語情報サイト調べ)の仮想通貨取引所を運営する株式会社bitFlyerは12月20日、「仮想通貨を買いそろえてお年玉がもらえるキャンペーン」を開始した。キャンペーン期間は2019年12月20日13時から2020年1月29日11時59分までとなる。

仮想通貨コラム

XRPのマーケット動向を元仮想通貨トレーダーが解説!11月イベントの振り返りと相場への影響は?

現在、仮想通貨の通貨数は把握できないほどの量となっておりどの通貨に投資するかすら悩んでしまうほどですが、実際に世界の経済圏にインパクトを与える技術や機能を備えたものというのはほとんどありません。本日は、そんな中でも流動性が高く日本人にも人気の高いXRPについて、マーケットの動向を解説していきます。

仮想通貨コラム

Coincheck(コインチェック)の評判は?メリット・デメリット・注意点を徹底解説

最初にコインチェックの歴史から簡単に説明します。コインチェック株式会社はレジュプレス株式会社(2012年設立)から会社名が変更となり、2014年8月に運営をスタートさせた仮想通貨取引所サービスです。コインチェックの強みはUI/UXで、インターフェイスは初心者向けを徹底的に追求して開発されたサイト構成となっており、現在でもUI/UXには定評があります。