トレーダー視点から徹底比較!DMM BitcoinとBITPointを比較する5つのポイント

今回は、DMM BitcoinとBITPointについて、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。

目次

  1. DMM BitcoinとBITPointの特徴
    1-1. 会社概要
    1-2. 口座開設方法や各種手数料
  2. DMM BitcoinとBITPointを比較する5つのポイント
    2−1. 利用できるサービスの種類
    2−2. 販売所
    2−3. 現物取引
    2−4. レバレッジ取引
    2−5. 取引ツール
  3. まとめ

今回は国内の仮想通貨(暗号資産)取引所であるDMM BitcoinとBITPointについて、客観的に比較しながら解説したいと思います。

①DMM BitcoinとBITPointの特徴

まずは2つの取引所の基本情報について抑えておきましょう。

会社概要

取引所 DMM Bitcoin BITPoint
運営会社 株式会社DMM Bitcoin 株式会社ビットポイントジャパン
暗号資産交換業者 関東財務局長 第00010号 関東財務局長 第00009号
設立年度 2012年8月28日 2016年3月3日
資本金 28億7,000万円 71億3,000万円(2020年7月31日現在)
主要株主 株式会社 DMM FX
ホールディングス
株式会社ビットポイント・ホールディングス

DMM BitcoinはFX国内口座開設数ナンバーワンのDMM FXの100%子会社で、大手ECサイトを中核に様々なビジネスを展開するDMM.comのグループ会社です。 資本金額に関してはBITPointの方が大きいですが、DMM Bitcoinも年間売上2340億円のグループ傘下であり、社会的な信用力は高いといえます。

口座開設方法や各種手数料

続いて、取引所の基本的な項目である口座開設や手数料について以下の表にまとめました。

取引所 DMM Bitcoin BITPoint
口座開設方法 スマホ・パソコン スマホ・パソコン
最低入金額 クイック入金:5,000円以上
振込入金:制限なし
取引は500円~
入金方法 銀行振込・クイック入金 銀行振込・コンビニ入金
クイック入金
入金手数料 クイック入金:無料

銀行振込:銀行側振込手数料実費分

クイック入金:無料

銀行振込:銀行側振込手数料実費分

出金方法 銀行振込 銀行振込
出金手数料(日本円) 無料 振込手数料実費分
送金手数料 (仮想通貨) 無料 無料

BITPointの方が最低入金額が低く、初心者の方や仮想通貨取引を試してみたいという方には良いと思います。しかし、トレーダーの視点からするとDMM Bitcoinの最低入金額5000円という金額は気にならない金額です。

入出金に関しては、どちらも振込手数料以外は無料となっており、非常にユーザーフレンドリーなサービスを提供しています。スプレッド等他の手数料とも言える部分を考慮する必要はありますが、仮想通貨を購入した後に他のサービスに送金して使用したい場合に非常に便利です。

②DMM BitcoinとBITPointを比較する5つのポイント

続いて実際の取引やサービスに関する内容の比較をします。

利用できるサービスの種類

まずは、利用できるサービスの種類を以下にまとめて比較します。

取引所 DMM Bitcoin BITPoint
販売所(現物)の取扱通貨数 3種類 7種類
取引所(現物)の取扱通貨数 なし 7種類
レンディングサービスの取扱通貨数 なし 7種類

サービスの種類に関しては、利用用途を分けたくなる結果となりました。レバレッジを使った短期的なトレーディングであればDMM Bitcoin、現物を購入してレンディングサービスを利用しながら、長期間保有する投資戦略であればBITPointを選ぶでしょう。

販売所(現物)

取引所 DMM Bitcoin BITPoint
取扱通貨数 3種類 7種類
取扱通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
トロン(TRX)
スプレッド (変動) ビットコイン 約0.9% 等 ビットコイン 約0.04% 等
最低取引数量 ビットコイン(BTC)
0.001BTC
イーサリアム(ETH)
0.01ETH
リップル(XRP)
10XRP 
ビットコイン(BTC)
0.00000001BTC
ビットコインキャッシュ(BCH)
0.00000001BCH
イーサリアム(ETH)
0.00000001ETH
ライトコイン(LTC)
0.00000001LTC
リップル(XRP)
0.000001XRP
ベーシックアテンショントークン(BAT)
0.00000001BAT
トロン(TRX)
0.000001TRX

販売所取引に関しては、DMMビットコインのスプレッドの高さが気になります。

DMMビットコインで現物を購入する場合は、販売所取引よりも「BitMatch注文」というDMMビットコインが提示する仲値で取引することができるシステムで、ユーザー同士の注文をマッチングする機能で手数料が1BTCあたり数百円と販売所取引に比べて圧倒的に安くなります。

販売所取引の使い勝手としてはBITPOINTに軍配が上がりますが、ビットコイン、イーサリアム、リップルを購入希望の際はDMMビットコインのBitMatchも一考すべきだと思います。

取引所(現物)

取引所 DMM Bitcoin BITPoint
取扱通貨数 なし 7種類
取扱通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
トロン(TRX)
最低取引数量 ビットコイン(BTC)
0.00000001BTC
ビットコインキャッシュ(BCH)
0.00000001BCH
イーサリアム(ETH)
0.00000001ETH
ライトコイン(LTC)
0.00000001LTC
リップル(XRP)
0.000001XRP
ベーシックアテンショントークン(BAT)
0.00000001BAT
トロン(TRX)
0.000001TRX

レバレッジ取引

DMM Bitcoin BITPoint
取扱通貨数 12種類 1種類
取扱通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ネム(XEM)
イーサリアムクラシック(ETC)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
ビットコイン(BTC)
レバレッジ 2倍 2倍
レバレッジ手数料 0.04% 0.035%
注文単位 0.001BTC 0.0001BTC
最低取引数量 0.01BTC 0.0001BTC
1注文あたりの上限数量 5BTC 100BTC
最大保有数量 250BTC 500BTC
必要証拠金維持率 証拠金維持率100% 証拠金維持率100%
追証制度 あり あり
ロスカットレベル 証拠金維持率が50%を下回った場合 証拠金維持率が50%を下回った場合

DMM Bitcoinは、販売所形式のレバレッジ取引を提供しています。取扱銘柄が豊富でBitMatch注文にも対応しているため、レバレッジ取引であれば、DMM Bitcoinの方がおすすめです。BITPointはWEB取引ツール(BITPOINT PRO)で板を使ったレバレッジ取引があります。しかし、現在は レバレッジ取引口座の申込受付を停止している状況です。

取引ツール

取引所 DMMビットコイン BITPoint
PCツール PC版取引ツール BITPOINT・BITPOINT PRO
ツール機能 チャート・注文 Tradingview・板情報・注文
スマホツール スマホ版取引アプリ BITPOINT アプリ

DMM Bitcoinには板情報がない点がありません。しかし、板情報を必要としないトレーダーの方には、問題はなさそうです。スマホアプリに関してはDMM Bitcoinの方が使い勝手が良さそうです。また、DMM BitcoinにはLINEのサポートがあり、初心者の方にとっては使いやすいサポート機能だと思います。

③まとめ

今回はDMM BitcoinとBITPointを比較しました。レバレッジをフル活用してアクティブな仮想通貨トレードをする場合はDMM Bitcoin、長期的な目線でトレードをする場合や仮想通貨に交換してレンディングサービスなどで運用する場合はBITPointを使用するという使い方もできます。どちらも口座開設費用や口座維持手数料はかからないため、用途に合わせて使い分けるのが良いのではないでしょうか。

DMM Bitcoinの口コミ・評判・口座開設

BITPoint(ビットポイント)の口コミ・評判・口座開設

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12