【18歳からの仮想通貨投資】BITPoint(ビットポイント)の口座開設方法ををご紹介:スマホ版

22年4月から、民法上の成年年齢が20歳から18歳に引き下げられました。これに伴い、クレジットカードや証券口座の開設など、様々なことが18歳からできるようになっています。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨(暗号投資)投資についても同様で、18歳以上からの口座開設の申し込みが可能な企業が出てきています。貯蓄や長期投資はできるだけ早く始めたほうが効果的なので、金融やブロックチェーンに興味のある方は少しずつ投資を始めてみてはいかがでしょう。

今回は、4月1日から18歳と19歳の方による口座開設の受け付けを開始した仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)の口座開設方法についてご説明します。

目次

  1. BITPointの概要
  2. BITPointの3つのポイント
    2−1. 各種手数料が無料で利用可能
    2−2. 他社には無い仮想通貨を揃えている
    2−3. 上級者向きに「BITPointPro」を提供
  3. 口座開設と本人確認
    3-1. STEP 1:メールアドレス&携帯電話番号登録
    3-2. STEP 2:基本情報の入力
    3-3. STEP 3:本人確認
  4. まとめ

①BITPointの概要

仮想通貨取引所・販売所のBITPoint
「BITPoint(ビットポイント)」は、株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨(暗号資産)取引所です。初心者でも直感的に操作しやすい「販売所」と、ユーザー同士の売買注文のマッチングを行う「取引所」を提供しています。同社はエイダやジャスミーなど、国内では取り扱いの少ないアルトコインも積極的に上場しており、注目を集めています。BITPointは日本円の即時入金や現物取引、仮想通貨の入出庫など各種サービスが手数料が無料で利用できるので、これから仮想通貨投資を始めたい方だけでなく、仮想通貨を使いたい方やトレーダーの方にもおすすめです。

②BITPointの3つのポイント

1. 国内ではBITPointでしか買えない銘柄がある

BITPointの販売所は、オンラインショップのような形式でユーザーが購入・売却したい量の仮想通貨を即座に取引できます。購入したい数量を入力するだけで簡単に購入でき、即座にウォレットに反映されるので、初心者の方にも使いやすくなっています。ビットコインやイーサリアム等のメジャーなものから、ジャスミーやディープコインといった日本発の注目のアルトコインまで幅広く取り扱っており、500円相当から購入可能です。BITPointの取扱銘柄は以下の通りです。

  • 販売所の取扱銘柄:

    10銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、トロン、エイダ、IOST、クレイ

  • 取引所の取扱銘柄:

    14銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、トロン、エイダ、チェーンリンク、ポルカドット、ジャスミー、ディープコイン、IOST、クレイ

2.手数料無料の取引所「BITPOINT PRO」

ビットポイントの取引所「BITPOINT PRO」は仮想通貨を手数料無料で売買できます。取引所は「板」と呼ばれる売買注文を表した情報を使って、ユーザー同士で資産を取引する形式です。BITPOINT PROでは初心者でも利用しやすいよう、シンプルな機能・デザインとなっており、TradingViewを使ったさまざまなチャート表示・分析を利用できるので本格的な短期トレードにも適しています。BITPOINT PROはウェブブラウザにのみ対応しています。

3. 日本円の出金、仮想通貨の送付手数料が無料

BITPointは日本円の出金手数料と、仮想通貨の出庫手数料が無料な他、ジャパンネット銀行、イオン銀行、住信SBIネット銀行から手数料無料で即時入金が可能となっている点も便利なポイントです。DeFiでの運用やNFT購入、分散型取引所を利用するために、購入したイーサリアム等を外部ウォレットに移す際にネットワークフィー(ガス代)を気にする必要がない点は、重要なメリットの一つです。

②口座開設と本人確認

BITPoint取引所の特徴を解説したところで、次は口座開設方法を解説していきます。BITPointで口座開設するために、メールアドレス&携帯電話番号登録、受信したメールからお手続き、ご本人情報のご登録と、3つのSTEPが必要になります。

本人確認書類の提出方法は主に2つあり、1つはパソコンから本人確認書類を提出してハガキを受け取る方法です。そしてもう1つはスマホで本人確認をする方法です。ここでは、スマホから本人確認書類を提出する方法についてご説明します。

STEP 1:メールアドレス&携帯電話番号登録

Bp
BITPointは、メールアドレスと携帯番号を登録してアカウントを登録します。メールアドレスと携帯番号を入力後に「登録」をクリックすると、メールアドレスには本登録用のURL、携帯電話にはショートメッセージ(SMS)で6桁の「認証コード」が送られてきます。
B2
メールに記載されたURLをクリックすると、ログインパスワードの設定画面が表示されます。認証コードを入力し、ログインパスワードを設定しましょう。

STEP 2:基本情報の入力

BITPoint3
次に、BITPointの総合口座開設画面に遷移します。まずは約款等の確認を行い、「全て同意」をクリックしましょう。

そして「基本情報・居住情報・職業などの入力」を行います。住所のビル名や部屋番号など、身分証に登録している正式な個人情報を入力し、職業や取引経験などの質問に回答します。入力内容を確認すると、取引目的の登録が完了となります。続けて、本人確認資料を提出することになります。

STEP 3:本人確認

BITPoint4
BITPointは株式会社Liquidが提供する「Liquid eKYC」を利用しています。LIQUID eKYCは、スマートフォンで本人確認書類と容貌(顔)を撮影するだけで本人確認が可能になるものです。上記QRコードをスマホで読み込んだら、ブラウザ上に専用画面が表示されます。運転免許証かマイナンバーカードかを選択し、ガイダンスに沿って写真を撮影しましょう。

Bf10
全てをアップロードすると、口座開設作業は完了です。申し込み時間や審査状況によっては時間がかかる場合があります。また、審査の結果、画像に不備がある場合など再度手続が必要になる場合もあります。

⑤まとめ

本人確認を無事に完了すると、BITPointで仮想通貨取引が可能になります。BITPointのスマホアプリでは初めての人でも簡単に入金・取引ができます。取引時間中のリアルタイム入金が可能なので、取引機会を逃さずに投資を始められるでしょう。なお、利用の際には、必ず二段階認証を設定しておくようにしましょう。万が一メールアドレスやパスワードを誰かに知られても、二段階認証を設定していればログインできなくなります。

BITPointのサービスは、板取引の銘柄が豊富なので比較的手数料を抑えながら仮想通貨の売買が可能です。初めて仮想通貨の世界に足を踏み入れる方にとって、ストレスを感じることなく利用できると思います。慣れてきたら、保有している仮想通貨を貸し出して賃借料を得るレンディングサービス「貸して増やす」の利用もおすすめです。

今すぐ投資するつもりはなくとも、突然購入チャンスが生じることがあります。そうした場合に備えて、アカウントを開設し、仮想通貨取引に必要な本人確認プロセスを終えておきましょう。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。