シーサイド特化型不動産ベンチャーが株式投資型クラウドファンディングで資金調達へ

株式会社日本クラウドキャピタルの株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で、マリーナやヨットハーバーなど海辺の施設、不動産、船舶などの資産を再生・有効活用するベンチャー企業が募集による投資申込みの受付を開始する。募集株式の発行者はbiid international株式会社で、募集期間は5月10日から5月12日、目標募集額1千万円、上限募集額 4千万円、1口10万円、1人5口まで。

同社は2017年11月設立、マリーナを中心とした海際・水辺の施設の再生、有効活用を手掛ける。マリーナ施設のほとんどは「船の管理」のためのもので、利用は富裕層に限られ、有効利用されていない。同社はこのような施設に特化、スポーツイベントや海洋教育事業などを遊休スペースや海際のロケーションに合わせて誘致し、年中楽しめるコンテンツを提供することで、マリーナを新たに収益を生み出す施設へと創り変えるビジネスモデルで実績を持つ。

2014年4月から手掛けた大阪市営の公共マリーナ 「大阪北港ヨットハーバー」の民営化に伴う再生事業では、日本で初めて民営化、再生、イグジットにまで導き、注目を集めた。現在は主要4件の施設とそれに関連する数件の施設を再生、運用する。各施設は1法人として分社化されており、1施設に関する動産、不動産の権利を運営会社に帰属させることで、施設の運用効率のアップや、売却における資産の流動性を高めている。

強みは、海を活用したコンテンツの開発力とその事業化、さらに売却利益と運営利益の獲得を可能にすることで、安定収益を得ることができる点だ。また、施設の再生・有効活用と同時に、ウェブを活用した効率的な集客やオペレーションをシステムで行うことで、運営のコスト削減と収益力の強化を図っている。今後はファミリー層、インバウンド層の獲得による地域経済への貢献と、地域を巻き込んだ集客母数の大きなマリーナ事業展開の相乗効果を発揮させ、企業の成長を目指す。

コンテンツは全て自社で開発・ライセンス化を行っており、マリーナの「都市型」「超高級」「競技者向け」「リゾート」などといった特徴に合わせ、様々なコンテンツを誘致することができる。「従来は船を買いたい人だけをターゲットとしていた市場を、海を楽しみたい人にまで拡大することができる」(同社)と構想。「シーサイド特化型収益不動産事業」を標ぼうし、2025年に売上高16億円、IPOを目指す。

今回、biid international社が資金調達を行う「ファンディーノ」は国内初の株式投資型クラウドファンディングサービスで、累計成約額は国内取引量1位の30億5469万円(2020年5月現在)。運営会社は、株式会社日本クラウドキャピタル(JCC)。

投資家は、ファンディーノ上で一口10万円の小口からIPOやバイアウトを目指す企業の株式に投資することができ、投資後も投資先企業からのIR情報を定期的に確認することができる。

応募企業については、投資家保護の観点から詳細な調査とリスクの洗い出しを行うなど厳正な審査を行い、その審査方針は「将来的にスケールする可能性のある会社かどうか?」「革新性はあるか?」「独自性はあるか?」といったような明確な基準に基づいている。

審査は公認会計士等専門知識を有する者を中心とした専門家チームが行い、その後の審査会議においては多数決ではなく、会議メンバー全員一致で決定するという厳しい基準で審査を行っており、実際に審査を通過する企業は5%未満となっている。

現在、ファンディーノでは、2020年4月1日~2020年5月31日まで「ベンチャー投資が日本をもっと明るくする 投資家登録でAmazonギフト券 1,000円分プレゼントキャンペーン」を実施中。期間中にファンディーノで投資家登録を行い、アクティベートまで完了した場合にAmazonギフト券(コードタイプ)1000円分をプレゼントする。アカウントのアクティベート期限は2020年6月30日(火) 23:59まで。ギフト券は7月中旬以降、当選者宛に登録メールアドレスへ送付される。

キャンペーンの実施にあたり、JCCの代表取締役CEO 柴原氏と代表取締役COO 大浦氏の連名で、「厳しい市場環境ではあるが、将来の日本を支える起業家様をサポートするためにも通常通り案件の開示を続けていきたい。起業家様が資金調達の時期を遅らせることは、変革の未来がそれだけ停滞してしまうことであり、またエンジェル投資においては長期的な視点に基づいた投資タイミングが重要。あらゆる場面においても戦い続けることができる起業家の皆様と共に、JCCとして、これまでと同様に変わりないサポートをして参りたい」と投資家に向けたメッセージを発信している。

ベンチャー投資が日本をもっと明るくする 投資家登録でAmazonギフト券 1,000円分プレゼントキャンペーン

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」